秋の夜長の意味とは?習字や音楽で過ごす夜も!

の夜長という言葉、よく使われますよね。
でも、秋の夜長とは一体どんな意味なんでしょうか。
音楽習字で芸術の秋を感じる方が多いって本当?

 

Sponsored Link

 

秋の夜長とは、どういう意味?

暑さが和らいで過ごしやすくなってきましたね。

 

だんだんと日暮れの時間も早くなってきて、
秋の夜長もすぐそこまで来ていると
感じられる今日この頃です。

秋の夜長 習字

ところで、私たちがよく使っている秋の夜長とは
一体どんな意味なんでしょうか。

 

大辞泉によると、秋の夜長とは夜の長いこと。

 

特に9月・10月ごろの夜が非常に長く
感じられること。と記されています。

 

つまり、日の出から日の入りまでの時間が
一年を通して一番短くなる季節という事ですね。

 

なので、夜の時間が長くなる=秋の夜長という言葉が
使われるようになったようです。

秋の夜長の意味とは?習字や音楽で過ごす夜も!

 

ではこの秋の夜長というのは、
いつからいつまでの期間を指すのでしょう。

 

暦のうえでは立秋が秋の始まりとされていて、
冬至にあたる12月21日が夜が一番長い日とされています。

 

なので、立秋からだんだんと日暮れが早くなり、
冬至を境にまた日暮れが遅くなっていく
ということですね。

 

Sponsored Link

 

ですが、暦のうえでは秋でも
まだまだ残暑が厳しかったりしますし、
9月にはいっても猛暑日が続くなんて事もあります。

 

生活しているうえで朝晩の涼しさを感じ始めたり、
夜になると鈴虫の音が聞こえるなどの変化を
感じられる時期になったらそれが秋の始まりであり、
秋の夜長を過ごしているという事になるのではないかと思います。

 

 

秋の夜長には習字がおすすめ?

習字なんて、小学校以来すっかりご無沙汰だという方、
多いと思います。

 

毎日忙しく過ごしていると、なかなかゆっくり習字を
しようという機会がないですもんね〜。

秋の夜長 とは 意味

 

ですが、秋の夜長はまさに習字にうってつけの季節なんです。

 

夜が長い分、心が落ち着き集中できるという事でしょうか。

 

秋の書道会などのイベントもこの時期多いようですし、
なにか新しく習い事を始めようと思っている方は、
ぜひ習字にチャレンジしてみてはどうでしょう?

 

 

秋の夜長の過ごし方といえば音楽観賞

秋の夜長の過ごし方、みなさんどんなふうに
過ごされているのでしょう。

 

・自宅でゆっくり音楽鑑賞
・寝る前に読書にふける
・マッサージや温泉につかる
・DVDで映画鑑賞
・自宅で半身浴をしながら音楽を聴く

秋の夜長 音楽

などなど、秋の夜長の楽しみ方は様々ですね。

私も音楽を聴きながらゆったりとお家で過ごす事が多いです。

 

しかも、自然と落ち着いた癒し系の音楽を選んでいます。

音楽も季節によって聴きたくなる曲が変わりますよね。

 

 

夏の明るくて元気なイメージとは一転、
ゆったりとした音楽に身をゆだねて
気持ちをリセットするような感覚になる方も
多いのではないでしょうか。

 

夏の疲れがたまってきているこの時期、
これからの秋の夜長の過ごし方として
音楽をお供にリラックスして疲れをとったり、
新しく習い事を始めたりして
有意義な時間を過ごしたいですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ