斎藤佑樹の生え際画像が戦力外クラスで炎上?引退はいつ?

斎藤佑樹選手の生え際がヤバすぎる画像がネット上で
話題になってます。戦力外解雇を払拭する成績をやっと
残したかと思えば、月末にはまたも大炎上

斎藤佑樹選手の活躍には、ファンだけでなく
監督も困り顔なようです。

 

Sponsored Link

 

斎藤佑樹(さいとうゆうき)プロフィール

斎藤佑樹の生え際画像が戦力外クラスで炎上?引退はいつ?

本名:斎藤佑樹
生年月日:1988年6月6日(26歳)
身長:176cm
体重:76kg
出身地:群馬県太田市
2006年夏の甲子園では、優勝投手となった。
北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。

 

甲子園での活躍から

甲子園で一躍有名となり、
大きな期待を背負わされてきた斎藤佑樹選手。

 

しかしプロ野球という世界では、
甲子園の頃に見せたヒーローぷりはどこへやら、
成績は徐々に下降を辿り、いつの間にか「使えない選手」
というレッテルを貼られるようになりました。

斎藤佑樹 炎上

成績不振にもかかわらず、とても実現しそうにないことを
目標に掲げるビッグマウスぶりには、ファンも痛々しくて
見てられなくなったのか、今では斎藤佑樹選手に対する
批判の方がよく目にするようになりました。

 

過去の栄光に縋っているようにしか見えないビッグマウスぶりは、
斎藤佑樹選手の精一杯の強がりなのかもしれません。

 

生え際がその若さで・・

その証拠に、斎藤佑樹選手の生え際がヤバい!と、
ネット上では話題になっていました。

斎藤佑樹 生え際画像

風によって吹かれる斎藤佑樹選手の髪。
よく見なくても、生え際が後退し、
頭皮が完全に見えている状態です。

まるでコラージュ画像のようなハゲっぷりに、
驚きを隠せない声が続々と集まっていました。

 

ハゲの原因の多くは遺伝ですが、
ストレスが関係していることも多いにありえます。

これだけバッシングを浴びせ続けられ、
自分でも思った成績が残せていないことへのストレスか、
斎藤佑樹選手の生え際はいつの間にか悲惨な状態に
なってしまいました。

 

Sponsored Link

 

斎藤選手なりにがんばっているはずですが、
ストレスは溜まっていく一方なのでしょう。
このハゲ画像には流石に同情してしまいます。

 

戦力外から

そんな斎藤佑樹選手が、戦力外解雇を払拭する復活を遂げました。
2014年7月12日、ソフトバンク戦で先発登板した斎藤佑樹選手は、
5回で78球を投げ、4安打1失点の好投を見せました。

 

勝利投手の権利を得るピッチングに、それまで斎藤佑樹選手を
見放していた多くのファンが湧き上がりました。

この成績を受けてか、7月31日にはロッテ戦で、
一軍復帰登板が内定し、彼の復活に
喜びの声が止みませんでした。

 

が、また炎上

しかし、7月23日のイースタン・DeNA戦でのことです。

二軍戦で先発を務めた斎藤佑樹選手が、
またもや大炎上したのです。
4回2/3を11安打8失点という成績には、
首脳陣も呆れるしかありません。

 

ファンだって、やっと復活か!と思った矢先のこの炎上に、
失望の色を隠せないでしょう。
やはり斎藤佑樹選手はもう終わった選手なのか。

斎藤佑樹 戦力外

そんな声も聞こえてきますし、もっと過激な意見で言えば、
今すぐにでも斎藤選手の引退を勧める声もあります。

全然だめだった斎藤佑樹選手にフォローを入れるつもりなのか、
自分の見込み違いを慰めるためか、不調を猛暑のせいにし、
気にするのはやめようと語ったそうです。

 

そして迎えた7月31日のロッテ戦です。

先発の内定は白紙に戻ったのかと思いきや、内定通り、
先発として一軍復帰登板した斎藤佑樹選手の成績は、
6回で6安打1失点。

 

見事、チームの白星に貢献し、
勝利投手となりました。

 

斎藤佑樹選手にとっては、2年ぶりの白星です。
長らく待ち続けたファンにとっては、
やっとか!という安心と、やったぞ!という喜びが
溢れていることでしょう。

ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手の奮起に期待です。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ