秋の花粉症の症状は?咳やのど・鼻の不調に注意!

秋の花粉症に悩まされている人が最近増えてきたそうです。

風邪との見分けが難しいとされているのどそれぞれの
症状の特徴や対策を知っておきましょう。

 

Sponsored Link

 

秋にも花粉症があるの?

花粉症って春になるイメージですよね。

 

ですが、実は秋にも花粉は飛んでいるんです!

一般的に花粉といえばよく知られているのが、
スギ花粉やヒノキ花粉です。

秋の花粉症の症状は?咳やのど・鼻の不調に注意!

 

この花粉は春先に飛ぶもので、花粉症に苦しめられて
マスクをつけた人たちをよく見かけますよね。

そして、秋の花粉症の原因となるのが
ヨモギ、ブタクサ、カナムグラと言われています。

 

これらはどれも8月〜10月に飛散され、全国的に生えている
草であり、わりと道端にも生えているようなので
秋の花粉症にも注意が必要ですね。

 

 

 

秋の花粉症の症状って?

さて、秋の花粉症は一体どんな症状があらわれるのでしょうか。

 

一般的に多いとされている症状は、目のかゆみ、目の充血、
くしゃみが出る、鼻水が出る、がムズムズする、などですね。

秋の花粉症 症状 咳

 

ひどい花粉症の人だと、が出たりのどのかゆみや痛み、
発熱などの症状も出るそうです。

 

春先にこの症状が出ると、花粉症だなと判断しやすいですが、
秋の花粉症だと風邪なのか花粉症なのか、わかりづらいので
困っている人も多いと思います。

 

 

 

風邪と勘違いしやすい咳やのどの痛み

私のように花粉症ではない人間からすると、が出たり
のどが痛くなるとまず風邪を疑ってしまいますし、
まさかこんな時期に花粉症になるの!?と思ってしまいます。

 

しかも、なぜのどの痛みなどの症状が出るのでしょう?

 

Sponsored Link

 

花粉症になるとの通りが悪くなるので、口で呼吸する事が
多くなります。

 

秋は涼しくなって空気が乾燥しているので、口呼吸によって
その乾燥した空気を吸うと炎症を起こしてしまうのです。

後鼻漏とも呼ばれるそうで、風邪をひいた時の咳に比べると
喘息に近いような息苦しさが特徴です。

秋の花粉症 のど

 

喘息のようなひどい状態になるのは稀ですが、花粉症を甘く
みていると大変な事になってしまうのですね。

 

早目にマスクをする、部屋を加湿して乾燥からのどを守る
などの対策をとることが大事です。

 

 

 

秋の花粉症は鼻水で判断できる!?

咳やのどの痛みの前に、まず一番症状として出やすい部分がです。

 

鼻水や鼻づまりはつらい症状ですよね。

 

このの状態によって、風邪なのか花粉症なのかを
判断することができます。

まず、風邪の場合は黄色っぽくどろっとした感じの
多少粘り気のある鼻水が出ます。

 

対して花粉症の場合は無色の水っぽくさらっとした
鼻水が出ます。

 

これだけでもかなりの違いがわかりますね!

秋の花粉症 鼻

 

それから、症状が出ている期間でも判断できます。

風邪なら一週間もすれば症状が緩和してくるでしょう。

 

一方花粉症の場合、2週間以上経過しても症状がおさまらず、
のどにどんどん負担がかかっていきます。

 

このように、秋の花粉症にとってがとても重要な
判断材料になります。

 

鼻水がなかなかおさまらず、なおかつこのような水っぽい
鼻水が出るようなら、秋の花粉症である可能性が高いですね。

 

いずれにせよ、秋の花粉症は風邪との違いがよくわからず
判断に困ります。

一番良いのは、自己判断せずに病院に行き、
医師に診察してもらう事ですね。

 

そして、もし鼻水などの症状が出始めたら悪化しないように
のどの乾燥や咳を防ぐなどの対策をとりましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ