実印と認印・銀行印の違いとは?同じ印鑑やシャチハタの使用時に注意!

実印認印は、何が違うのか疑問に思っている人は多いはず。

そして、銀行印実印同じ印鑑を使用してもいいのでしょうか。
また、シャチハタとの違いや用途を紹介しましょう。

 

Sponsored Link

 

実印と認印の違いとは?

まず、実印認印とはそれぞれどんな意味なのでしょう?

 

違いをまとめてみました。

実印とは、あなたが住民登録をしている市区町村の役所で
登録した印鑑の事であり、満15歳以上であれば誰でも登録し
持てる印鑑です。

実印と認印・銀行印の違いとは?同じ印鑑やシャチハタの使用時に注意!

 

この実印は1人1つしか持てない、非常に重要な印鑑です。

 

あまり目にする機会がないかもしれませんが、使われる場面としては
会社登記、家やマンション購入の際の契約、車の購入などで
印鑑証明が必要な時、一生のうちで数回経験するかしないか
くらいの大事な時に使われる印鑑なのです。

 

認印とは、違いをざっくりわかりやすく言うと実印以外の印鑑です。

 

実印が1人1つしか持てないのに対し、
認印は何個でも持つ事が可能です。

 実印 銀行印 違い

 

会社で書類に押す時、宅配便を受け取る際に押す時、その他
クレジットカードなどの個人的な契約の際に使う人もいるでしょう。

 

とにかく色んな場面で使う事ができます。

 

 

 

銀行印と実印は同じでもいいの?

銀行印とは、その名の通り銀行で使う印鑑です。

 

新しく口座を開設した時に銀行に登録されるもので、
振り込みや引き出し、窓口での様々な取引の際に
使用されます。

 

さて、ここで疑問に思ったのが実印銀行印として
使用してもいいの?ということ。

実印 認印 同じ

 

調べてみたところ、実印銀行印として同じ印鑑を
使用するのは可能です。

実際、実印銀行印として使っている人もいると思います。

 

しかし、それはあまり望ましくないようです。

万が一悪用された時のことを考え、同じ印鑑は避けましょう。

 

実印銀行印として使うのはちょっと怖いですね。

また、認印として使用している印鑑で
銀行印にする事ができます。

 

基本的に、シャチハタ以外ならOKです。

 

Sponsored Link

 

私は常に通帳と銀行印用の印鑑をセットで保管しているので、
よく使う認印とはまた違う印鑑にしています。

 

銀行印も大切な印鑑なので、できるなら普段使いの印鑑と
分けておくと良いと思いますよ!

 

 

シャチハタは使える場面が限られる!?

ところで、シャチハタって印鑑とどう違うのでしょう?

 

朱肉を使わなくて済むので、シャチハタは便利ですし、
持っている人も多いと思います。

シャチハタは浸透印と言い、内部のインクが
少しずつ出てくる仕組みになっています。

 実印 シャチハタ

 

よく見ないとわからないですが、使っていくうちにゴムが
変形して同じ印影にならないのだそうです。

 

なので、先ほどの銀行印やその他書類に使う場面では、
シャチハタではなく朱肉を使って
印鑑を押すようになっています。

 

宅配便の受け取りやちょっとしたサイン代わりなら、
シャチハタでじゅうぶんですね。

 

いかがでしたか? 

それぞれの印鑑は用途によって様々なんですね。

 

実印は使う場面は少ないものの、最も重要な印鑑です。 

認印銀行印との使い分けをしておけば安心ですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ