寝れないのはスマホが原因!妊娠初期や風邪・咳でも不眠に?

寝れない症状に悩まされていませんか?

その原因はスマホだったり妊娠初期の症状などさまざまです。
また、風邪がひどい時はどう対処したら良いでしょう?

 

Sponsored Link

 

スマホが原因で寝れない人が急増中!?

スマホの普及により、いつでもどこでも好きな場所で好きな時に
インターネットやSNSが楽しめるようになりました。

 

本当に便利な世の中になりましたよね。

一日終わってさあゆっくり布団の中でスマホでも…と
眠くなるまでの少しの間と思いながらも、
いざスマホをいじりだすとなかなか寝れない
なんて経験のある人は多いでしょう。

 

これが大きな落とし穴!

スマホ寝れない原因を作り、あなたの快眠を妨げているのです。

寝れないのはスマホが原因!妊娠初期や風邪・咳でも不眠に?

 

なぜスマホ寝れないのかというと、スマホに使われている
ブルーライトが原因です。

 

このブルーライトは脳を目覚めさせてしまう働きがあります。

寝る前にスマホを使っているとリラックスしているつもりが、
逆に脳だけ活動的になってしまうのですね。

 

寝る前のスマホいじりが習慣になっている人は要注意!

 

スマホの利用は寝る1時間前まで、などと自分でルールを決めて、
快眠できる環境を作りましょう。

 

 

 

妊娠初期に寝れないのはなぜ?

よく妊娠初期の症状として一日中眠い、体がだるいなどの症状が
出ると聞きますが、逆に寝れない事もあるのだとか。

寝れない スマホ 妊娠初期

 

これは、妊娠したことによってホルモンバランスが
変化する事が関係しています。

プロゲステロンと呼ばれるホルモンは
妊娠初期に感じるあらゆる症状を生み出します。

 

よくあるのがつわりやだるさ、イライラを感じるなどですね。

 

それから、頻尿で夜中に何度もトイレに起きる、
自律神経が乱れて寝たいのになかなか寝れない
という事から夜寝れない状態になってしまいます。

 

妊娠初期は人によって症状が違いますが、今の時期だけだ!と
あまり気にし過ぎないのが一番だと思います。

 

Sponsored Link

 

ただでさえ不安な時期、寝れない事を気にすると
余計に体に負担がかかります。

好きな音楽を聴いたり、お風呂に入るなど自分に合った
リラックス法で辛い時期を乗り越えてくださいね。

 

 

 

風邪の症状が重くて寝れない時は?

風邪をひいた時は薬を飲んで早目に寝よう、と思っていても
意外と寝れない時、ありませんか?

 

高熱で症状があまりに重くなるとじっとしているのが辛くなったり、
鼻づまりなどで呼吸がうまくできなくなったり…。

寝れない 風邪

 

風邪の時は消化の良い物を食べて水分を摂り、
できればお風呂に入ると眠りやすくなります。

 

あとは、市販の薬ではなく病院で診察してもらい、
処方してもらった薬を飲みましょう。

風邪が長引かずに寝れない状況を早く改善できますよ!

 

 

 

咳がひどくて寝れない時の対処法

昼間は大丈夫なのに、夜布団に入って横になると
がひどくなる事ってありますよね。

 

これは、副交感神経が関係していて、夜間になると優位になり
気管支が収縮しやすくなるためです。

気道が狭くなった結果が出てしまうのです。

 

それから、口を開けて寝る癖のある人は
のどが乾燥して咳が出る事もあります。

寝れない 咳

 

どちらにしろ、一回が出ると寝れない状況になり困りますね。

 

対処法としては

・加湿器を使って部屋の乾燥を防ぐ
・温かい飲み物でのどを潤す
・枕を高くする、または体を少し起こした状態で寝る

 

などがあります。

 

気道を少しでも広げてあげる事、ある程度の湿度を保つ事で
改善されるでしょう。

 

寝れないといってもその原因は様々ですね。

 

どれも共通して言えるのは、リラックスして寝れる環境作りを
自分で作ってあげるのが大切だと思います!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ