目の疲れに有効なケアは?頭痛や肩こりの原因になったり眠い場合も!

目の疲れによる頭痛肩こり眠い症状に
悩まされている人が増えています。

どのようなケアをすると効果的なのでしょう。
また、目の疲れに効くツボもあるのだとか。

 

Sponsored Link

 

目の疲れに効果的なケアとは?

パソコンを使ってのデスクワークやスマートフォンの普及により、
目の疲れがとれないと悩んでいる人が増えています。

 

仕事でパソコンを使い、その後プライベートでスマホを使うと
なるとかなりの長時間目を酷使している事になりますね。

 

そんな時に目の疲れを少しでも軽減できるケアをご紹介しましょう。

目の疲れに有効なケアは?頭痛や肩こりの原因になったり眠い場合も!

 

 

・眼球の運動で目の筋肉をほぐす

ちょっと目の疲れを自覚した時にすぐできる気軽な運動です。
軽く目をつぶり、上下左右、時計回りと
反時計回りにゆっくり眼球を動かします。
これだけで目の筋肉がほぐれて目の疲れをケアできますよ。

 

・アイパックをする

一日の目の疲れをとるにはこのアイパックはオススメです!
「蒸気でホットアイマスク」というキャッチフレーズで人気の
アイパックが薬局などで気軽に購入できます。
じわ〜っと目の奥から疲れをとってくれて、
リラクゼーション効果もあります。

 

・蒸しタオルで目を温める

アイパックがない時に目の疲れをとりたい時は、タオルに水を
多めに含ませて電子レンジで約1分チンすれば蒸しタオルが完成!
蒸しタオル美容という言葉もあるくらい、お肌の休息にも良いので
目だけでなく顔全体に使えば一石二鳥ですね!

 

以上、少しのケアで目の疲れを軽減できます。

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

頭痛や肩こりも目の疲れが原因!?

眼精疲労という言葉を聞いた事があると思います。

目の疲れ 頭痛 肩こり

 

目の疲れが進行しそのまま放っておいて蓄積されると
あらゆる目の異常を感じるようになります。

 

目の渇き、目がゴロゴロする、目がかすむなどその症状は
様々です。そして、ひどくなると頭痛肩こりなどの
目以外にも症状がおよびます。

 

目の疲れ・目の異常→肩こり頭痛というように、目の疲れを
放置しておくとどんどん悪化してしまうのですね。

そして、さらに悪化すると自律神経の乱れによるだるさや便秘、
胃痛なども引き起こします。

 

Sponsored Link

 

目の疲れを軽く見てはいけないですね!

 

 

 

目の疲れで眠い症状が続く!?

夜しっかりと睡眠をとっているのに、
パソコンで作業していると眠くなってしまう…そんな症状は
やはり目の疲れが原因であると考えられます。

 

眠い時は無理せずに少し休息してから
作業を再開した方が良いでしょう。

目の疲れ ケア

 

目が疲れた状態だと脳の血流不足にもなり、
そのため眠い症状になります。

「目を休ませましょう」と脳が信号を送っているのですね。

 

ここで目を酷使すると眼精疲労になるので要注意です!

 

 

 

目の疲れに効くツボがある!?

目の疲れを感じた時におすすめのツボをいくつかご紹介しましょう。

 

・攅竹(さんちく)清明(せいめい)太陽(たいよう)

これは目の周りにあるツボで、攅竹は目頭側のまゆ毛、清明は目頭と
鼻の付け根辺り、太陽は目尻とまゆ毛の延長線にあるツボです。
それぞれのツボをゆっくり押してあげましょう。
エステのマッサージでも使われるツボ押しで、目の下のクマを防ぎ、
血流が良くなります。

 

・風池(ふうち)

これは首筋の髪の生え際の盛り上がっている部分にあるツボです。
私は頭痛や肩こりの時に自然とこのツボを押していました。
恐らく目の疲れからきていた症状だったのでしょう。

目の疲れ 眠い ツボ

 

・合谷(ごうこく)

これは手にあるツボで、親指と人差し指の間の
くぼみがある場所です。
目の疲れだけでなく、歯痛や喉の痛み、便秘や花粉症にも効
く万能のツボとして知られています。
このツボはぜひ覚えておきたいですね!

 

パソコンやスマートフォンなど目を酷使する日常生活の中で、
このような目の疲れを少しでも軽減する方法を身につけて
大事な目をいたわっていきたいですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ