お疲れ様とご苦労様の違いは?目上の人へ挨拶する時の使い分けに注意!

お疲れ様とご苦労様、この2つの言葉の違い
意外に知らない人が多いようです。

目上の人に対する時や、挨拶をする時など
どのように使い分けたら良いのでしょう。

 

Sponsored Link

 

お疲れ様とご苦労様の違いとは?

お疲れ様とご苦労様は、社会人になれば誰でも
日常的に使う言葉ですよね。

 

なんとなくニュアンスで使っているけど、
実はその違いがよくわからないという人も多いのでは?

お疲れ様とご苦労様の違いは?目上の人へ挨拶する時の使い分けに注意!

 

お疲れ様とご苦労様、それぞれの違いをまとめておきましょう。

 

まず、「お疲れ様」は一般的な挨拶代わりとして使われます。
そして、ビジネスだけでなくその他日常的に気軽に使える、
という認識で良いでしょう。
浅く広く使えるので便利な言葉だと思います。

 

次に「ご苦労様」ですが、これは本来ねぎらいや
感謝の意味をこめた言葉とされています。
「ありがとう」の意味が隠されているのですね。
使う機会が限られる印象があります。

お疲れ様とご苦労様 使い分け 目上

 

こうしてみると、お疲れ様とご苦労様では
かなり違いがある事がわかります。

 

 

 

お疲れ様とご苦労様の使い分け方

お疲れ様とご苦労様違いから、誰に対して
どのように使い分けたら良いかを考えてみましょう。

 

まず、「お疲れ様」に関しては日常的に軽く使える事から、
会社の同僚、友人、知人、取引先の相手など使える相手は多いです。

 

例えば、会社の同僚とオフィスですれ違った時に
お疲れ様です」と交わしたり、友人と仕事の休憩中に
カフェで待ち合わせをしていて、
会った瞬間にお互い「お疲れ様〜」と言葉を交わすなど、
使う場面は本当に様々あると思います。

 

Sponsored Link

 

会社では出社と退社する時以外は「お疲れ様」を使っておけば
間違いないですね。

 

対して「ご苦労様」は「お疲れ様」とどう使い分けるのでしょうか。

私はよく宅配便の配達員に「ご苦労様です」と使います。

 

また、主人のお給料日には
「一か月ご苦労様でした」と言っています。

 

わざわざ荷物を届けてくれてありがとう、

一か月頑張って働いてくれてありがとう=ご苦労様という言葉が
意味合いとして近く、感謝の気持ちを表現できますね。

 

それから、定年退職した上司に対して
「長い間お仕事ご苦労様でした」という使い方もします。

お疲れ様とご苦労様 挨拶

 

ここで逆に「長い間お仕事お疲れ様でした」と使うと
なんだか言葉に深みを感じませんね。

 

ビジネスでは、日常的ではない特別な場面で
ねぎらいや感謝の気持ちを伝える時に使いましょう。

 

 

 

目上の人に対する挨拶はお疲れ様とご苦労様どっち?

お疲れ様とご苦労様違い使い分けを調べていくと、
目上の人に対して挨拶する時はどちらを
使うべきかがおのずとわかってきますね。

 

「ご苦労様」は目上の人が目下の人に対して使う言葉とされ、
原則目下の人が使うのはNGです。

部下に対して「仕事よく頑張っているね」=ご苦労様、
と捉えるとわかりやすいと思います。

お疲れ様とご苦労様 違い

 

例えば、上司が自分のミスに気付き一緒に対処してくれた場合、
感謝の気持ちがあっても「ご苦労様でした」とは使いません。

 

「ありがとうございました。」と伝えるべきでしょう。

よって目上の人に対して挨拶する時は「お疲れ様です」が正解です。

 

お疲れ様とご苦労様

 

日常でもビジネスマナーとしても、
間違った使い方をしては恥ずかしいですね。

 

違いをきちんと理解し、使い分ける事が大切ですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ