ガス代の一人暮らしの平均額は?料金が上がる冬の節約法を紹介!

ガス代は一年のうち夏よりの方が高くなるのはなぜでしょう。
一人暮らしのガス代や、その平均的な料金も気になりますね。

そして、ガス代節約するにはどんな方法があるのでしょうか。

Sponsored Link

ガス代の平均料金っていくらぐらい?

私たちの生活に欠かせない電気・ガス・水道などのライフライン。

 

とはいえ毎月の光熱費の高さに頭を
悩ませている方も多いと思います。

地域や住環境によって家庭ごとに差は多少ありますが、
平均的なガス代ってどのくらいなのでしょう。

ガス代の一人暮らしの平均額は?料金が上がる冬の節約法を紹介!

 

東京都の月額平均ガス代を調べてみたところ、
まず、一人暮らしのガス代の平均は3,000円が一番多く、
次いで2,000円と割合安い事がわかりました。

 

そして、二人暮らしになると5,000〜6,000円、
三人や四人暮らしになると7,000〜9,000円のガス代
かかる世帯の割合が多い事がわかりました。

 

やはり家庭によってバラつきはあるものの、平均1人あたり
一か月に3,000円程度のガス代がかかっていると考えられます。

 

 

 

ガス代が夏より冬の方が高いのはなぜ?

ガス代って夏よりの方が高いですよね。毎年冬の時期の
ガス代の請求書を見るとその金額の高さに驚きます!

ガス代 一人暮らし

 

私の経験からすると、夏はシャワーで済ませるだけに対して
の方がお風呂につかる回数が増える、
夏は暑いので火を使った料理を避けるが
は煮込み料理や温めて調理する事が多い、
などの理由が考えられます。

 

実際、どのくらいの方が高くなるのかというと、夏に比べて
およそ3倍になると言われています。

 

例えばお風呂に200リットルのお湯を貯める場合、
夏は1回50円に対し、冬は1回80円かかります。

また、給湯器はガス代の割合をかなり占めていて、にお湯を
使って洗い物や手洗いをすると料金も高くなります。

 

そして、追い炊き機能に関しても1℃温度を上昇させるのに
3円かかると言われています。

Sponsored Link

 

これを毎日続けているとあっという間にガス代
高くなってしまいますね。

 

 

 

一人暮らしのガス代節約方法って?

一人暮らしの人の光熱費は悩みの種ですよね。

 

実家を離れ独り立ちしていざ一人暮らしを始めてみたら
意外と光熱費ってかかるものなんだな、と
私も感じた経験があります。

ガス代 平均 冬

 

また、学生や社会人になりたての人は生活していくのに
精一杯な時期でもあります。

 

そこで、一人暮らしガス代節約術をいくつかご紹介しましょう。

 

・設定温度を低めに設定する

給湯器の設定温度をあらかじめ低くしておく事で、
水の上昇に使うエネルギーを節約できます。
熱いお湯に短時間浸かるより、38℃程度の
お風呂に長く浸かる方が体にも良いですしね。

 

・バスタブにふたをする

お湯が冷めるのを防ぎます。
追い炊きする時もふたをしておけば熱が逃げないですよ。

 

・調理時の火力に気を付ける

必要以上に強火で調理していませんか?
お鍋からはみ出す程の強い火力と中火で調理するのは
効率的にはさほど変わらないと言われています。

ガス代 節約

 

・ゴム手袋を使って洗い物をする

お湯を使わなくてもゴム手袋で冷たさをカバーできます。
節約だけでなく手荒れを防ぐ効果もあるのでオススメです!

 

これだけの事を実践するだけでガス代節約になりますよ。

 

一人暮らしで少しでも光熱費を抑えたい方は
ぜひ試してみてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ