白血球の基準値って?数値が多いとまた少ないとどうなるの?

白血球基準値とは一体どのくらいなのでしょう?

もし数値少ない場合、体に起こる影響とは。
白血球が多い場合は白血病なのでしょうか…

 

白血球とは、血液の成分の一つで、免疫機能を担う重要な成分です。
体外から侵入したウイルスや細菌などを排除し、
かつ免疫を高める機能をはたらきをします。

血液検査ではWBCと表示されます。

白血球にも実は顆粒球、リンパ球、単球に分かれ、
さらに顆粒球にはギムザ染色という染色法により、
好中球、好酸球、好塩基球に分かれます。
ですので、厳密には白血球には5種類があると言われます。

 

Sponsored Link

 

 

顆粒球は、細菌などを排除し、人体を守る働きがあります。

ウイルスなどの外敵に向かって自ら進み、丸呑みするように
取り込んで殺菌、消化します。
白血球の内、60%がこの顆粒球であり、
血液の中で人体を守っています。

 

リンパ球は、リンパ管の中に存在する白血球で、
白血球の25%を占めます。
ウイルスや腫瘍細胞には主にこのリンパ球が担当しています。
顆粒球が活性酸素や細胞内の酵素を使って異物を殺菌、消化
するのに対し、リンパ球は抗体を使って異物を攻撃します。

 

単球は、白血球の中でも一番大きく、骨髄で生産されます。
顆粒球同様、異物を取り込んで細胞内の酵素で消化しますが、
異物の一部と細胞を融合させ、免疫を作るはたらきを持ちます。

白血球の基準値って?数値が多いとまた少ないとどうなるの?

 

さらに、血管の外へも移動することができ、異物から体を守ります。

 

白血球と言っても実は細かく分かれ、
それぞれに重要なはたらきがあることが分かります。

 

⇒ え!?疲れてる?

 

 

 

白血球の基準値とは?

白血球にも、基準値というものがあります。

 

端的に言えば、免疫力が下がっている場合は白血球が少ない時、
何か体のトラブルを抱え(風邪など)、体がウイルスなどと戦って
発熱を起こしている場合は白血球は増加します。

白血球 少ない

 

白血球の基準値は、3,500から9,800/μlです。
かなり個人差がありますね。

 

ですので、ただ血液検査をしても、その人の白血球の基準値
分からない場合は、白血球の過多だけでその人の体の状態を
正確に判断することはできないのです。

 

もちろん、白血球の数値を調べるのも重要な診断基準です。

医療機関は、患者の健康状態や生活習慣から
柔軟な対応が求められているのです。

 

Sponsored Link

 

また、自らの白血球の基準値を知っておくことも大切です。

 

 

 

 

数値が少ない場合、多い場合はどうなるの?

白血球の数値少ない時は、つまり免疫力が落ちている状態と言えます。
風邪を引きやすくなった、流行型の病気に罹り、
ひどくなる場合が増えた。

そんな時は白血球が少ない状態になり
免疫が落ちていると言っても良いでしょう。

 

白血球が少ない原因は、体質的なものもあれば服用している薬が
骨髄やリンパからの白血球の生産機能を
低下させている場合があります。

白血球 数値 多い

 

また、ウイルス性の感染症や膠原病、リンパ腫などの病気で
白血球の生産が阻害される場合もあります。

 

風邪をひきやすい、感染症に罹りやすくなったと感じたら
一度病院を受診したほうが良いかもしれません。

また、白血球の数値が多い場合は、風邪や感染症に罹っている場合、
体内でウイルスや雑菌と白血球が戦っている証拠です。

 

顆粒球は戦いが激しくなると数を増やし、応戦します。
風邪を引くと熱が出る場合がありますよね。
発熱は、白血球が外敵を排除しようとして
炎症を起こしたことによるものです。

白血球 基準値

 

しかし、熱などの自覚症状がない場合でも
白血球が多い場合もあります。

 

白血球の数値多いと、白血病かもしれないと思われるかも
しれませんが、白血病とはまれな病気で、正常な血液には
まずない白血球が大量にある状態の時に疑いがかけられます。

 

ですが、血液検査で白血球が多いと診断された場合は、
一度病院へ行くことをおすすめします。

 

⇒ やっぱり癒やされるよ。。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ