スエードとはどんな生地?靴なら夏でも楽しめる!

70年代ファッションがブームになっている現在、
スエードが注目されつつありますね。

スエードとは、子牛や子羊の皮をなめして
起毛させた生地のことです。

主にの素材として使われていますが、手袋やジャケット、
女性用のサンダルなどにも使用されています。

でもスエードファッションは大丈夫でしょうか…?

 

Sponsored Link
 

 

スエードとはどんな生地?

スエードとは、革を手袋や袋物などに使えるように
なめした生地のことです。
いわゆる「なめし革」です。

スエードとはどんな生地?靴なら夏でも楽しめる!

 

スエードの生地の生成方法とは、子羊や子牛の皮の裏面(肉面)を、
硫酸クロムという化合物を使ってなめし
最後にサンドペーパーなどで磨いてわざと毛羽立たせる製法です。

 

皮の表側(銀面)は傷が多く加工できな皮を
利用するのがスエードの特徴です。
また、ローラーなどを使って毛羽立てた
木綿の生地もスエードと呼びます。

 

⇒  自分に合った枕で毎日快眠を!

 

毛羽立った革の生地では、他にもヌバックという素材もありますが、
ヌバックとは、スエードとは逆に皮の表面を加工した素材のことで、
スエードよりも毛羽立ちが短い点が特徴です。

 

 

 

スエードは主に靴に利用されています

スエードと言えばの生地で有名です。

 

皮なので足に馴染みやすく履き心地も抜群で、さらに仕事、
プライベート両方のシーンに合うので
社会人なら1足は持っておきたいスエードの靴。

スエード とは 靴

 

ウールのパンツ、デニム、ツイードのスーツまで相性抜群です。

 

起毛の靴なので、ワックスはできませんが撥水性は充分にあります。
さらに防水スプレーをかけておけばさらに防水効果が高まりす。
急な雨でも大丈夫ですね。

 

スエードのは、汚れやすいデメリットはありますが
お手入れは簡単。
まずは目立つ汚れを取り除きます。

 

泥は濡らした布で拭き取ります。
落ちにくいような汚れは、スエード専用の
汚れ落としが靴屋で販売されています。

 

Sponsored Link

 

埃やゴミはスエード専用のブラシで取り除きます。
仕上げに、スエード用のミストを吹きかけて色褪せるのを防ぎましょう。

 

汚れていない時も、防水スプレーや
靴用ブラシでのブラッシングはしておきましょう。
こまめなお手入れで、長く履くことが可能です。

 

 

 

夏でもスエードを楽しみましょう

スエードは、革の質感や見た目から
秋冬のアイテムというイメージがありますが、
でも充分に身につけられるスエードはたくさんあります。

 

スエードの靴でも、スーツやロングパンツに
合うデザインがほとんどですが、
スニーカーのスエード靴もあるので、Tシャツに
ハーフパンツでカジュアルなファッションが楽しめます。

スエード 生地 夏

 

また、女性向けでもスエードのパンプスがあります。
見た目が重たいデザインでなければ
夏のファッションと充分に合わせることができます。

 

現在は70年代ファッションの再流行で、スエードを使ったワンピースや
ジャケット、サンダルが多く出回っていますね。

 

スエード製品のラインナップは豊富ですので、でも冬でも可愛く、
かっこよくスエードを楽しめます。

 

⇒ 自分に合った枕で毎日快眠を!

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ