おじいちゃんやおばあちゃんの家では
干し柿が吊るされていましたけど、
干し柿の作り方分かりますか?

干し柿のカロリーも気になりますね。
干し柿に栗きんとんを入れてた贅沢な
和スイーツがあるとか。

密かに噂の干し柿レーダーについても
調べてみました。

スポンサーリンク

干し柿の作り方

自宅で吊るす干し柿、憧れますよね。
手軽に買うのも良いのですが、吊るした干し柿を
軒下から取って食べると、懐かしさを感じます。

干し柿の作り方やカロリーが知りたい!栗きんとんや噂の干し柿レーダーって何?

 

干し柿の作り方は、手間は多少ありますが
難しいものではありません。

 

干し柿の作り方は、用意するものは渋柿と
ビニール紐もしくはタコ糸。
それから煮沸用の鍋が必要です。

 

⇒ 静電気除去グッズで嫌な季節を乗り切ろう!

 

まず渋柿の皮をむいておきます。
鍋に塩を少し入れた水を沸騰させ、
皮をむいた柿を5秒ほどお湯にくぐらせる要領で
煮沸消毒します。

 

さらにしっかりと防カビしたいのなら、
アルコール度数が30度程度の焼酎で柿の表面を拭きます。

 

ビニール紐またはタコ糸をヘタに縛り、
風通しと日の当たりが良い軒下に吊るしておきます。
軒下で吊るせそうな場所がない場合は、
ハンガーなどに吊るしておきましょう。

 

1週間ほどして表面が乾いてきたら、
丁寧に指で揉みます。

 

そうすることによって、渋みが抜け、
柿がより甘くなります。

 

さらに渋みを取りたい場合は、
3から4日後にまた揉むと良いでしょう。

 

干してから3週間ほどで食べごろになります。

 

これは一例です。
各家庭によって、干し柿の作り方もそれぞれあります。
ご家族に干し柿の作り方を聞いて作ってみるのも良いですね。

 

 

 

干し柿のカロリーは?

甘い干し柿。
カロリーもさぞかし高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

干し柿のカロリーはおよそ165kcal。
これは、干していない生の柿1個と
ほぼ同じカロリーです。

 

干し柿は甘いですが、砂糖は一切使っていません。
柿本来の甘味を凝縮させたのが干し柿です。

 

しかし、干し柿は縮んでしまうので、
食べごたえは生の柿よりもありません。
食べ過ぎてしまわないよう注意が必要ですね。

 

 

 

干し柿の中に栗きんとん 贅沢和スイーツ「栗福柿」

テレビでも話題となった「栗福柿」。
何と、干し柿の中に栗きんとんを入れた、
何とも贅沢なスイーツなのです。

 

干し柿はどちらかと言えば、昔ながらの素朴さが魅力。
しかし、中に栗きんとんを入れるだけで、
贈り物にも最適な和スイーツに変身したのです。

干し柿 の作り方 カロリー

 

「栗福柿」を販売しているのは和菓子店「良平堂」。
市田柿の干し柿と恵那の栗を使った栗きんとんを
1つずつ手作業で入れて作られています。

 

「栗福柿」は、今や贈り物から
お取り寄せスイーツと通信販売を中心に大人気。

 

楽天でも出品されていますので、
全国どこでも栗福柿を堪能できます。

 

 

 

干し柿レーダー?

干し柿レーダーとは何でしょうか?
干し柿が干してあるご家庭を探索する
レーダーでしょうか。

干し柿 レーダー 栗きんとん

 

いいえ、実はこれはとあるアニメのセリフ
「星が綺麗だ」を誰かが「干し柿レーダー」と誤変換して
しまったことから一時期話題になりました。

 

今でも時々アニメで「星が綺麗だ」というセリフがあると、
「干し柿レーダー」と揶揄が飛ぶそうです。

⇒ 静電気除去グッズで嫌な季節を乗り切ろう!

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク