中越典子が結婚で元カレ情報も再浮上!出身は意外な県で性格はキツイ?

中越典子さんは、高校卒業後、
出身地から上京し、女優への道へ進みました。

共演者キラーと呼ばれた中越典子さん。
元カレもほとんどが共演者で、
結婚相手も共演者です。

モテるようですが、性格は悪いという噂が…?

 

Sponsored Link

 

中越典子(なかごしのりこ)さんプロフィール

生年月日 1979年12月31日 現在35歳
出身地  佐賀県
血液型  O型
身長   163cm
キューブ所属

中越典子が結婚で元カレ情報も再浮上!出身は意外な県で性格はキツイ?

高校生の時にファッション雑誌「ViVi」でモデルに。

翌年にキューブ所属となり、女優としても
デビューします。

デビュー作はドラマ「天使のKiss」。
その後は「王様のブランチ」などにも出演。

 

ブレイクしたのは2003年朝ドラ「こころ」の
ヒロインに選ばれたことがきっかけです。

2003年以降は民法ドラマから大河、映画まで
多くの作品に出演し、今では実力派女優の1人と
1言われていますね。

2014年に俳優の永井大さんと結婚しました。

 

 

永井大さんとの結婚生活は?

中越典子さんの結婚相手は同じく俳優の
永井大さん。

中越典子 性格 出身

 

2010年にドラマ「サラリーマン金太郎2」の
共演がきっかけで交際をスタート。

 

4年間の交際を経て、2014年の12月に結婚。
結婚披露宴は翌年2015年の8月に行われました。

 

⇒ 劣化知らずの常盤貴子!その理由が知りたい! 

 

結婚のきっかけは、些細なことで喧嘩してしまい、
永井大さんが中越典子さんの存在の大きさに気付き、
プロポーズに至ったということです。

 

まだ新婚ホヤホヤとも言える2人。
「まーくん」「のりこ」とお互いを呼び、
かなりラブライブな新婚生活のようです。

 

今のところ大きな喧嘩もなく、仲良く結婚生活を
送っているみたいですね。

子どもも欲しいとのこと。

 

お互い演技の仕事で多忙を極めますが、そんな中でも
温かい家庭を築いてくれることでしょう。

 

末永くお幸せに!

 

 

中越典子さんの元カレとは?

新婚ホヤホヤの中越典子さんに何ですが、
元カレの情報もちょこっと…

 

中越典子さん、密かに共演者キラーでありました。
旦那さんの永井大さんも共演者ですしね。

 

Sponsored Link

 

中越典子さんの元カレで有名なのは、
ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。

ロンブーの敦さんとはロンドンハーツに
中越典子さんが出演したことがきっかけ。

 

その後中越典子さんとロンブー敦さんの
密会現場の目撃情報が数回あったそうです。

 

他にも佐藤隆太さんや、山本耕史さん、
稲垣吾郎さんなどなど有名俳優との噂が
ありましたが、元カレだったと言えるのは
ロンブーの田村淳さんだけですね。

 

ちなみに、大御所明石家さんまさんとも
噂がありましたが、さんまさんとは
飲み友達のようです。

 

共演者キラーと言われますが、口説いていたのは、
ほとんどが男性側だったそうですので、中越典子さんは
歴戦の俳優たちをも惑わせる魅力があったのでしょう。

 

そんな中越典子さんを射止めた永井大さんも、
かなりのオトコに違いありませんね。

 

 

中越典子さんの性格は?

中越典子さん、性格がキツイ、性格が悪いとの
噂がありますね。

 

バラエティに出演した際に多くの視聴者から
性格キツそうだな、という印象を与えたそうです。

中越典子 結婚 元カレ

 

しかし、具体的にどうキツそうかは明確な情報もなく、
性格が悪いという件も、ファンからサインを求められているのに
無視したというエピソードだけです。

 

サインの件は本当に無視したのか、それともプライベートには
立ち入られたくないスタンスなのかは謎ですよね。

ちなみに、永井大さんは中越典子さんの
「真面目な部分」が好きなのだそう。

 

仕事はもちろん、何事も真面目に取り組む
性格なのでしょうか。

 

 

中越典子さんの出身は佐賀県

中越典子さんの出身は佐賀県。
SAGA サガ で有名(古い?)な佐賀県。

 

九州で一二を争う知名度の低い県佐賀。

 

中越典子さんは確かに佐賀出身で、佐賀北高校を
卒業した後東京デザイン専門学校アクセサリー科に進学しています。

 

デビューは出身である佐賀北高校に
在学中だったようですが。

 

恐らくは高校卒業後は本格的に芸能活動をするため、
上京したのでしょう。

 

⇒ 劣化知らずの常盤貴子!その理由が知りたい!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ