鏡開きとは?2016の特徴や酒と由来などなど!

鏡開きとは、お正月が明けたら
鏡餅を食べる風習です。

鏡開きや鏡餅の由来は何なのでしょうか。

2016年の鏡開きの日は?

お酒の樽を割ることも鏡開きと
言いますね。

 

Sponsored Link

 

鏡開きの由来とは?

鏡開きとは、お正月に供えていた
鏡餅を食べる行事のことです。

01

鏡開きの由来は不明ですが、
室町時代にはすでにこの風習は
あったそうです。

元々武家で男子は鎧具足に、
女子は鏡台にそれぞれ鏡餅を
飾っていたそうです。

 

それが江戸時代には民衆に広まるように
なりますが、武家ではない家には具足はないので、
神棚に飾られるようになったそうです。

鏡餅とは、三種の神器の1つである
八咫の鏡の形に似せてお餅を丸型にしたことが
由来とされています。

 

また、八尺瓊勾玉を意味する橙、
天叢雲剣を意味する串柿、
子孫繁栄、長寿などを意味する
シダ、エビ、昆布などと一緒に
神棚に飾るものです。

お正月の間神にお供えしていた鏡餅は、
神様の力が宿るとされています。

 

神様に感謝しながら食べると、
その1年は神に守られ、無病息災で
いられるとも言われています。

鏡開きとは、そんな意味がありますが、
お餅を食べるのに「開く」は妙ですよね。

 

Sponsored Link

 

なぜ開くのかと言いますと、
お正月からお餅を「切る」では
縁起が悪いため、何より神様の力が
宿ったお餅を刃物で切るのは
不敬とされていました。

 

ですので、木槌か手を使って
お餅を分けて食べていたのです。

「割る」も縁起の悪い言葉のため、
割るが転じて「開く」になったのが
「鏡開き」という言葉の由来とも
言われています。

 

縁起を気にする日本人らしいですね。

ちなみに、鏡餅の食べ方は、
どのような食べ方でもOKです。

焼いて食べても良いですし、
お汁粉も美味しいですよね。

 

家族で1年の無病息災を
願いながら食べましょう。

 

2016年の鏡開きはいつ?

鏡開きは例年1月11日に行われます。

つまり、2016年の鏡開きも1月11日。
ちなみに京都は1月4日が鏡開きです。

2

 

鏡開きは祝日ではないので、2016年ではなくても
ほとんどの鏡開きは1月11日ですが、
確実に11日に行わなければならない訳では
ないので、都合の良い時に
鏡開きをしても良いでしょう。

 

なぜ11日かと言いますと、
元々は1月20日に行われていた行事でしたが、
江戸幕府の3代将軍徳川家光が亡くなったのが
4月20日のため、20日では縁起が悪く、
11日になったというのが定説です。

しかし、これも明確な由来ではないと
されています。

 

江戸時代の商家の仕事初めが
11日であったため、11日が鏡開きをする日と
なったとも言われています。

鏡開きは、お正月が終わり、
仕事を始めるともされています。

 

鏡開きを終えたら、お正月飾りも
処分しましょう。

清々しい気持ちで
2016年を始めたいですね。

 

お酒も鏡開き?

お酒の大きな樽の蓋を木槌で
叩いて開けて皆で飲むことも
鏡開きと言いますね。

1

お正月の鏡開きと同じ名前で
ちょっと紛らわしいですが、
お酒の鏡開きはお正月とは関係ありません。

 

武士が戦場へ行く際に、味方を
鼓舞するために酒樽の蓋を勢い良く
割ったことが始まりとも言われています。

酒樽の蓋は丸いので、
鏡に見立てられ、
やはり割るは縁起が悪いので「鏡開き」と
呼ばれるようになったとか。

 

お酒は元来喜びを表す神聖なものです。

その喜びを皆で分かち合うという意味から、
結婚式を初めとする多くの慶事で
鏡開きが行われています。

 

お正月も喜ばしい日です。

お酒とお餅のダブル鏡開きも
楽しいかもしれません。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ