初詣はいつまでOK?成田山に行く時間と旧正月って何?

お正月最初のイベントと言えば初詣。

初詣はいつまでに、どの時間帯で
お参りすればいいのでしょうか。

旧正月に行くのはアリ?

人気初詣スポット成田山へは、
混雑しない時間を狙って行きましょう。

Sponsored Link

初詣を行う時間は?

初詣の正式なお参りの時間は、
大晦日の夜から元旦の朝まで。

元々一家の家長が氏神の社に篭って
家内安全を願っていたことが始まりです。

1

 

しかし、時代が移り変わり、大晦日の夜に詣でる
「除夜詣」と元旦の朝に詣でる「元日詣」に別れました。

今の初詣のスタイルは、元旦詣が原型です。

 

12月から翌年1月は冬真っ盛り。
とても寒く、特に夜中は外に出歩くのも
危険なほどの地域もあります。

特に豪雪地帯は雪が積り、
交通状況も混乱し、徒歩でも転倒が心配です。

 

お年寄りや小さなお子さんがいる家庭は、
大晦日や朝に詣でることにこだわらず、
都合の良い時間帯に初詣に行けば
良いかと思われます。

日が高い時間帯が良いですね。

 

家内安全、無病息災を願うために
無理してお参りへ行って怪我をしたり
風邪をひいたしりしては本末転倒でしょう。

 

初詣はいつまでにするのがいいの?

初詣は、大晦日から元旦に行く人が
ほとんどですが、中には混雑が嫌で
人の出入りがなくなった時期に初詣に行く、
という人もいるようです。

初詣は正確にはいつまでがいいのかと
言いますと、年神様は松の内にしかいないので、
松の内にお参りへ行くのが良いと言われています。

2

 

しかし、厳密に言えばいつまでに
行くべきというしきたりはありません。

あくまで1年の無病息災を願う
お参りですので、絶対にいつまでに
行かなくてはならないと焦る必要はなく、
行ける時に初詣へ行っても
良いのではないでしょうか。

 

旧正月にお参りへ行ってもいいの?

初詣と言えば松の内のうちに
というのが一般的な認識ですが、
旧正月へ初詣へ行っても良いのでしょうか?

松の内に年神様がいるのが松の内が良いと
言われている理由です。

Sponsored Link

 

松の内は旧正月までだったり、
20日までだったりする地域もありますので、
旧正月に初詣へ行っても全く問題はありません。

 

成田山へスムーズにお参りするには…?

成田山は新勝寺は、毎年300万人の
初詣客が訪れる人気の神社。

本山の新勝寺以外にも日本全国に
分院や講団体がありますが、
どこも初詣には多くの参拝客が訪れます。

 

 

できればスムーズに初詣に行きたいですよね。

成田山へ初詣へ初めて行く人も、
そうでない人も、あらかじめ成田山への
アクセスや混雑する時間帯を
調べておいてから行くと
スムーズに参拝できるでしょう。

 

なにせ、成田山新勝寺は参拝できるまでに
4時間かかる場合もあるのです!

初詣で疲弊しないためには、
まず成田山へ行くには車を使わず
公共機関を使うことです。

3

 

大晦日から松の内までは、
どの地域でも大混雑します。

まず駐車するにも大変苦労するでしょう。

 

どうしても車を使いたい時は、
混雑しない時間帯を狙うしかありません。

一番混雑する時間帯は、
大晦日の22時から明けて2時頃まで。

 

年越しそばを食べて年越しを
成田山で過ごそうという人が多く訪れます。

年明けの祝福ムードは2時頃まで
続くと予想されます。

 

一番空いているのは午前3時から6時頃。

まだ夜中と言える時間帯ですが、
仮眠してから行くことをおすすめします。

 

朝7時頃からまた次第に人が多くなってきます。

元日以降は夜中よりも日中の方が人が多くなる
でしょう。

どうしても年越しカウントダウンを
したい人は、大晦日の9時頃から
成田山に詰めておくと良いでしょう。

防寒対策はしっかりと!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ