天然キャラで男女共に人気のあるAKB48の高城亜樹さん。
近頃目に変化が、と言われたり肌荒れが目立つなんて言われ、
干されたのではと噂が立っていました。そこへ「卒業」の文字が!

スポンサーリンク

高城亜樹(たかじょうあき)さんプロフィール

本名:高城亜樹
生年月日:1991年10月3日(24歳)
出身地:東京都
身長:166.5cm
最終学歴:日出高校(通信制)
所属:ワタナベエンターテインメント

3

ニックネームがあきちゃ、の高城亜樹さん。これはキャッチフレーズの
「緑茶、麦茶、ウーロン茶、でもやっぱり?あきちゃ」によるもの。
早く覚えてもらいたいと親しみのあるお茶の名前とかけたとか。

超天然キャラと言われながらも結構考えられていますね。
高城亜樹さんは2008年3月AKB48の「第6期研究生オーディション」で
合格し研究生になります。谷間世代とも言われてます。

 

勉強が超苦手と言われていて、『週刊AKB』の期末テストで、
300点満点中わずか25点で最下位となりおバカキャラで、
認知されました。しかしその後の抜き打ちテストでは5位。

カタカナに弱く漢字も苦手で、本番前、台本にちゃんとフリガナふってと、
メンバーに注意されたこともあるようです。高城さんのしっかり者と
言われる妹さんに、勉強を教えてもらったりしたのも有名な話です。

 

しかし、その後行われた「抜き打ちテスト」では第5位まで上昇したり、
パーソナルカラリスト検定3級を取っていたりと、努力の跡が。
周囲に言われるよりは高城亜樹さんはおバカキャラではないのでは?

高城亜樹さんの出身地は東京都になっていますが、実は6歳まで、
北九州市に住んでおり「わたしの基本を作ってくれた」と表現してます。
過去2回発表されたイメージ作品は北九州市を舞台にしてます。

 

高城亜樹さんご自身が「北九州が自分の基本」と言われていた為か、
2015年2月18日北九州市親善大使に就任され、北九州市の7区の魅力を
自転車で巡り紹介するPR動画「北九州見チャリ!」にも出演されています。

天然キャラ、おバカキャラと言われながら、故郷を忘れずPR、
高城亜樹さんの郷土愛、とても素敵で好感が持てます。
こういう芯の強さがファンを惹きつけるのかもしれません。

 

正規メンバーへの昇格が早く、選抜メンバーや「 アンダーガールズ」
というポジションで、ずっと活躍されてきた高城亜樹さん。
そんな彼女にはどのような噂や情報があるのでしょう・・

 

目は奥二重?くっきり二重?

高城亜樹さんのお顔をじっくり拝見しますと、可愛いですね。
AKBだから当たり前ですが、一般的な美少女というよりは、
愛嬌があってキュートな雰囲気が魅力とでも言うのでしょうか?

そんな彼女の検索で「目」というものがセットで出てきます。
視力が悪く、自宅などでは普段眼鏡を着用しているという話から、
本当に視力が悪いのかとファンが心配して検索したのでしょうか?

1

 

先端恐怖症で、自分の指でも目に近づけると怖い、という
お話もあるので、それらの噂を聞きつけた高城亜樹さんファンが、
「目」というキーワードで検索をかけたのかもしれません。

と思っていたらデビューに比べ、高城さんの目がデビュー当時より、
なんだか変化しているという噂が出ているのです。まあ、よく、
芸能人はデビュー時より顔が違うという話は聞きますけれど。

 

高城亜樹さんの昔の画像では確かに目は末広型の奥二重に見えます。
二重にも見える高城亜樹さんの画像もありますが控えめな二重です。
自然でとても良い目だと思います。十代の魅力いっぱいです。

しかし近頃の高城亜樹さんは妙に目がぱっちりし過ぎている、
二重にしか見えないという、疑惑の声が拡がってきているのです。
目が変わっしまったせいで顔がこわいとまで言われてしまってます。

 

高城さんは何かしらの手を目に加えていると言われてます。
根拠は目頭は奥二重の形状なのに、途中からがっつりと、
平行二重になってるからおかしいということのようです。

芸能界で人気を維持し続ける為には常に努力が必要だと思います。
高城亜樹さんの目の二重疑惑は如何に自分を魅力的に見せるかの努力で、
単にお化粧法で目が変わって見えるという、だけなのかもしれません。

 

アップで映ったら肌荒れが・・

2012年2月18日の「ミュージックステーション」出演がきっかけで、
「あまりに肌荒れが…ニキビも」と視聴者が驚き、すぐに、
ネット上でも話題になりました。解決策まで出された方もいるとか。

高城亜樹さん本人も花粉症で悩んでいる様子をブログで、
綴っているので、激務が続いて肌荒れが目立ったのかもしれません。
その番組ではおでこを出すヘアスタイルだった為余計に目立ったのかも。

スポンサーリンク

 

可哀そうに肌荒れが原因で「劣化」などと厳しい指摘の方々も
いらっしゃるようです。仕事が忙しく、十代と二十代では肌質も
違うのに。人気者は注目が集まるからお気の毒です。

ただ厳しい指摘もあれば高城亜樹さんを支えてくださる、
暖かい言葉もあります。肌荒れさえ治ればそこまで劣化はしてない、
あきちゃは劣化してない、 少し肌荒れが目立つだけ、などです。

 

肌荒れを指摘されている高城亜樹さんですが、以前よりも、
可愛くなったとの声も出ています。コンディションによって、
肌荒れや可愛いらしさが違って見えたりもするでしょう。

20歳くらいって、やたら肌荒れのひどい時期があった気がします。
皮膚科への通院治療やいい対処法が見つかるといいですね。
忙しい中でも肌荒れに気をつけリラックスした生活をして欲しいです。

 

干されたってホント?

高城亜樹さんが干されたと言われていますが、本当でしょうか?
その「干され」説は二つあるようなのです。ではその、
「干され」説の二つについて見ていきたいと思います。

第一の干された理由は「AKBグループ全体の母体の大きさ」
です。皆さんもご存じのように現在のAKBグループは、
派生グループも含めて「総人数383人」にもなります。

 

AKBが新曲を出したとしても選抜メンバーはたったの20人程。
その20人はAKBのメンバーだけでなく、SKEやNMB、乃木坂46の顔、
なども選抜対象で、ほとんどのメンバーがメディア出演はありません。

また、たとえ高城亜樹さんといった古株で過去に何回も、
選抜に選ばれてきた常連メンバーでさえ、選抜から漏れるとテレビで歌えません。
各チームの新しい顔になるであろう新人のために道をあけるのです。

 

そして古株メンバーはJKT48(ジャカルタ)やTPE48(台北)といった、
外国のチームに乱暴ではありますが、飛ばされてしまうのです。
このようなメンバーを通称「干されメンバー」と呼びます。

高城さんの場合も、この干されメンバーとしてジャカルタに、
飛ばされてしまいました。見ているだけでは憧れの対象のアイドル。
ものすごいシビアな世界で働いているのですね。頭が下がります。

2

 

第二の干された理由は「熱愛疑惑」。AKBグループでは、
恋愛禁止で熱愛なんて絶対ご法度です。高城亜樹さん、古株で、
色々な方のは失態を見てきたはずなのに・・どうして・・

2014年7月に、高城さんはこのようなツイートをしています。
「今日はみちゃとソフトバンクの今宮選手森選手の4人で食事したよ〜」
とAKB所属の野中美郷さんの名前まで出してツイートをしてしまいます。

 

世間一般では男女2対2の食事はただの合コンととらえるでしょう。
高城さんもきっとそういう軽い気持ちでツイートをしたのだと思います。
しかし、実際には「熱愛してたのかよ」と、ツイッターは炎上。
ツイートしたことが、干されへつながるとは思わなかったでしょう。

しかしみんなから憧れを集めるアイドルとしては思慮が足りなかった、
と言われても仕方がないのかもしれません。高城さん自身は、
素直に楽しかったことをファンに伝えたかっただけなのでしょう。

 

気軽にツイートするくらいだから、ファンを裏切る報告になる、
とも思われなかったのでしょう。しかしAKB48の中では、
古株なのですから、高城さんももう少し慎重になるべきだったと思います。

下からの突き上げか、熱愛疑惑かどちらが高城亜樹さんの「干され」の
原因になったのかわかりませんが、早くから選抜で活躍された彼女には、
今回の「干され」をバネとして努力を重ねていって欲しいものです。

 

電撃と涙の卒業発表

「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」で、グループからの卒業を
発表した高城亜樹さん。イベント終盤に1人でステージに登場し、
AKB48卒業を涙ながらに語り、ファンを驚かせました。

卒業の理由はAKB48は大好きだが、このまま甘えていちゃいけない、
というものでした。安定した環境の中で活動するよりも、
厳しい道を選ぶ為に卒業するというのです。素晴らしい発言ですね。

 

今後は小さい時からの夢だった女優を目差されるそうです。
滑舌を心配されるファンもいらっしゃるようですが、
今までもAKB48内で色々経験を積み、努力を続けてこられたと思います。

AKB48で長きにわたり活動を続けてこられた高城亜樹さんならば、
滑舌が悪かろうと、多少の困難があろうと、卒業後は目標に向かって、
努力し続けて行かれることは可能なのでは、と思います。

 

2016年1月、舞台『カサネ』にて遠藤雄弥さんとW主演、と今後の活躍が
ますます期待される高城亜樹さん。アイドルとしての経験を活かし、
女優として大成されることを陰ながら応援し、期待しております。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク