益若つばさの旦那って?劣化しても歯で深瀬と・・

益若つばささんとセカオワの深瀬さんとの仲が話題になってます。
ささやかれる劣化になにか原因があるようです。ところで、
彼女の旦那、知ってますか?歯の変化になにか事情があるようです。

スポンサーリンク

益若つばさ(ますわかつばさ)さんプロフィール

本名:益若翼
生年月日:1985年10月13日
出身地:埼玉県越谷市
身長:150cm
最終学歴:埼玉県立草加東高等学校卒業
所属:エイジアプロモーション

1

父親が「キャプテン翼」のファンで、翼と命名された益若つばささん。
17歳の時にファッション雑誌「Popteen」に渋谷での私服スナップ写真が
掲載、初登場以降、2008年2月号に至るまで同誌のモデルを担いました。

益若つばささんは自身の結婚を表紙で報告、その号は41万部突破、
という同誌史上最高の売り上げを記録しました。しかしこの結婚と、
妊娠がきっかけとなりモデルを卒業されてしまいます。

 

しかしここで終わらないのが益若つばささん。美容やアパレル関連の
様々な商品をプロデュースしたり、ポップティーンの姉妹誌、
「PopSister」創刊時には専属として登場し、単独で表紙を飾ります。

2年ぶりの専属モデル復帰でした。幼いお子さんがいらっしゃるのに
すごいバイタリティーですよね。中高生に人気を博したのはこの
たくましい生命力なのでしょうね。とても格好良く映ったことでしょう。

 

その後はママ誌「MaMa Cawa」でママモデルとして第一号に登場。
創刊スペシャルとして特集の対象となります。高校時代は読者モデル、
若くしての結婚後も母として輝く。同世代には頼もしい存在でしょう。

「Popteen」の読者モデル時代はその人気から着用した服や
アクセサリーが瞬く間に売れるなど「100億円ギャル」の異名を持つ、
益若つばささん。その経済効果については500億円以上だったそうです。

 

益若つばささんは最初は読者モデルとして雑誌に出て人気が出、
表紙を飾り、キュートな顔立ちでモデル時代は絶大な人気でしたが、
最近は昔と今で顔が変わり過ぎでいると話題になっています。

 

セカオワ深瀬さんと堂々交際

益若つばささんは2015年秋頃から深瀬さんと交際が噂され、
マスコミどころか一般人にまで各所で目撃されてきました。
日光江戸村にいるところを目撃されたり、都内デートを撮られたり。

破局はしましたが深瀬さんはきゃりーぱみゅぱみゅさんと
お付き合いしている時も結構オープンだったので益若つばささんとの
交際も特に隠さないのでしょうね。今までの芸能人とはタイプ違います。

2

 

しかしお子さんがいる益若つばささんは多少、世間の目も
気にされているのか、帽子を目深にかぶったり、顔にはマフラーを
グルグルに巻きつけ、完全防備をキメたりもしています。

一応気を遣いながらもセカオワハウスへも行かれているようなので、
益若つばささんと深瀬さんの仲はメンバーにも公認なのでしょうね。
ファンにとっては聖地のセカオワハウス出入りは複雑みたいですが。

 

「交際は順調ですか?」というマスコミの質問に深瀬さんは
「ええ、まあ(笑顔)」と答えたそうで否定しないところはちょっと
男らしいかな。益若つばささんもうれしかったでしょうね。

深瀬さんも益若つばささんも独身なのでお付き合いしていても
特に問題はなくお幸せに、だと思います。マスコミも必死に隠すのを
期待して突撃したかもしれませんが、肩透かしだったかもしれません。

 

みんなが気になる変化?劣化?

普通の高校生から一気に読者モデルで話題を振りまき、
テレビの人気者になった益若つばささんですが、デビュー当時と
顔が違い劣化したというのです。年を重ねた変化ではない、と。

あまりの変化に整形で劣化説が氾濫。益若つばささんの写真や
テレビでの画像がキュートな時とそうでない時がはっきりし過ぎだ、
と騒がれています。確かに顔の大きさが違う時ありますね。

 

目が小さく顔全体が腫れているように見える時もあったり。
今風の目がパッチリあごのラインがシャープな時もあったり。
忙しさからくる体調不良のむくみで劣化と言われ易いのでしょうか?

益若つばささんが活躍していた読者モデル当時の容姿は、
パンパンに張った浅黒い肌にレイヤーを沢山入れた脱色の髪です。
好み云々は別として元気の良い女子高校生の魅力という感じです。

それが、モデルやママタレとして活躍されながらいつの間にか
変化し、それが劣化と言われるようになってきました。
テレビに出続けながら整形で顔変えられるのかしら?

 

しかも整形ならば現状より良くしようと行うのが当たり前で、
周囲から「劣化、劣化」と言われる状態になるというのは、ちょっと。
劣化に関する噂はなんだか妙な空気が漂っているように感じます。

確かに益若つばささんは高校生の頃とは別人と言っても通るほど
変わってます。体重の増減、お化粧で女性は見た目変わりますからね。
でもこの見事な変化が劣化という言葉を引き出してしまいました。

健康的な高校生の頃の魅力を知っている方々は「怖い、不自然、
腫れてる」といった劣化要素を出しています。テレビに出るように
なって表情も素人さがなくなったので、そう感じるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

何回も整形したから劣化につながった、前の方が良かったのに、
なんで劣化させたんだ、と強硬に主張する方々もいらっしゃるのは、
益若つばささんの読者モデル時代を愛していた方々かもしれません。

最近ロンハー内で見せたニーハイ姿でツインテールの体操着姿が
可愛くないと話題になり劣化の噂に拍車がかかりましたが、
痛すぎるという言葉からわかる通り益若つばささんももう30歳。

 

番組もいくら若々しいとはいえ、益若つばささんに高校生のような姿を
させちゃうのはよくなかったのではないでしょうか?本人も
承知の体操着姿かもしれませんが、劣化というには可哀想な気がします。

 

人気絶頂期の旦那

17歳で読者モデルとしてデビューし面白いように売れた益若つばささん。
通常ならばまだまだ人気絶頂期を満喫、なのでしょうが2007年12月25日に
「Men’s egg」の読者モデルだった梅田直樹さんと入籍されます。

結婚式の模様は「Popteen」2008年2月号で紹介され、同誌は過去最大の
売上を記録します。高校生から見ると憧れのファッションリーダーで
若くして成功していた益若つばささんが22歳で旦那持ち。

 

しかも旦那も読者モデルで美形。美形の旦那だなんて、憧れるなと
言われても無理な話です。普通の高校生であればあるほど「もしぃ、
うちも彼氏が旦那になってぇ」なんて空想した子もいたかも。

2008年には第一子となる男児が誕生し、益若つばささん、旦那、
可愛いあかちゃんとの仲睦まじい様子が伝わってきて、ギャル風の
ファッションに一歩引いていた人も見直したかもしれませんね。

 

しかし、残念ながら美形の旦那とは2011年10月より別居し、
2013年1月13日、既に離婚が成立していたことを報じられます。
残念ですね。今風の妻と旦那の生活もっと見たかったです。

 

デビューの頃と現在の「歯」

整形疑惑による劣化が話題にはなりましたが、歯に関しては
劣化ではなく、デビュー当時より綺麗だ、だから整形だ、と
話題になっているようです。人気者の芸能人は大変ですね。

デビュー当時のニッと笑った口元は日本の女の子的な
可愛らしい歯が見えますが、口の悪い方は乱杭歯などと
表現する口元です。八重歯っぽくて可愛いですけどね。

3

 

世界標準では矯正が当たり前だから歯を多少治しても、
整形、と騒ぐ程ではないのですが、歯を治した理由を
本人が話されて、その内容が少々問題になっています。

「事故で顔がぐちゃぐちゃになってしまった為に整形をした」
と自ら告白したのです。数ヶ月で歯並びが綺麗になったので、
その疑問を解く為に益若つばささんが発言されたのでしょう。

 

確かに歯の矯正は数ヶ月では終わりませんからね。
テレビのお仕事もされながら数ヶ月で歯を綺麗にする。
一般人から見ると神業のように感じます。芸能人は大変ですね。

ただ、この益若つばささんの交通事故を起こしたから、
顔や歯を整形せざるを得なくなった、という事には疑問視が
出ております。そういう事故の記事がないということです。

 

無い事故をあったとし、それを整形の理由とするのはよくないですが、
事故に遭われてなければそれはそれで良かったと思います。
複雑な乙女心は誰にもわからないので理由もわからないままということです。

専門家によると、益若つばささんは右上3番〜右上1番の3本の歯冠を
ぐるりと削って差し歯を被せ、左上1番〜左上3番の3本を抜髄して
歯冠を削り落とし歯根の穴に屈曲金属コア付の差し歯右上3番〜左上1番と
平行になるように曲げて挿して、歯並びを治しているとか。

 

素人には聞いていてもなにがなんだかわからない歯の治し方ですね。
益若つばささんは差し歯を被せたり、抜いたりして、ぐるりと歯の
見栄えを良くした、ということなのではないでしょうか?

歯医者というと治療が嫌で行きたくないものなのに痛くもないのに、
通ってしまう益若つばささんって勇気あると感動してしまいました。
虫歯で困ってないのに歯医者、そちらの方につい関心がいっちゃいます。

 

カリスマモデルから結婚、出産でママタレント、誰もが認める、
人気あるアーティストとの恋愛。今後も益若つばささんは、
どんな活躍をされるのでしょう。目が離せない存在です。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ