pm2.5の対策は福岡では特に重要!症状をマスクで予防できる?

pm2.5とは化学物質の微粒子。
髪の毛の直径や花粉よりもずっと小さく、
人体に入り込んでしまえば
激しい咳や目の痒みなどの症状が
現れてしまいます。

pm2.5の影響は中国だけかと
思われますが、福岡ではpm2.5で
一面白く霞んでしまうなど、
今後日本でもpm2.5の影響が危ぶまれます。

pm2.5対策のマスクの選び方は?

スポンサーリンク

pm2.5の症状は?

pm2.5はたいへん小さな粒子(花粉の1/10以下)で、
空気中のpm2.5を吸ってしまうと
肺の奥にまで届きます。

pm2.5は、大気中の汚染物質が
粒子となった物ですので、
体に悪影響を及ぼしてしまいます。

スクリーンショット 2016-01-29 23.32.00

 

pm2.5の主な症状は

くしゃみ
のどの痛み
目の痒み
気管支炎
などです。

花粉症の症状とよく似ていますね。

 

花粉症は、スギやヒノキの花粉に
対するアレルギー反応。

対してpm2.5は、正確なpm2.5アレルギー反応を
検出することは難しいのが現状です。

 

ハウスダストアレルギーの人は、
pm2.5に対してもアレルギー反応が
出やすいと研究結果が出ています。

花粉症とpm2.5の見分け方は、
花粉症は花粉を吸ってすぐに
症状がでますが、pm2.5は数日を経て
目の痒みやくしゃみ鼻水などの
症状が表れます。

 

また花粉症の治療では治らない場合、
pm2.5でのアレルギー反応の可能性が高い、
とされる程度です。

スクリーンショット 2016-01-29 23.30.53

どちらも苦しい症状ですので、
予防と適切な治療が大切ですね。

 

pm2.5の対策マスクの選び方

今ではpm2.5対策、対策グッズは
かなりの種類が出回っていますね。

外出前の対策
pm2.5飛散情報を調べましょう。
気象予報サイトや各自治体にて
pm2.5情報が公開されています。

 

日本国内は「非常に濃い」はまだ予報されたことは
ありませんが、注意喚起はあります。

ほんの微量でも今後体へ影響が心配ですね。

 

外出時のpm2.5対策には、マスクが必須です。
超微粒子のpm2.5に対してマスクは
何の役にも立たない、という声もありますが、
そんなことはありません。

米国NIOSH防塵規格「N95」
または日本国内の防塵規格「DS2」を
クリアしたマスクなら、
0.1μmの粒子も防ぐことができます。
(pm2.5は2.5μm)

 

N95規格、DS2規格と表示されている
マスクがおすすめです。

N95やDS2規格に合格したマスクは、
見た目が丸く立体的で、
目立ってしまうかもしれないのが
難点ですね。

スポンサーリンク

 

しかし、これで目の痒みや激しい咳が
防げるなら、見た目など問題ありません。

pm2.5でアレルギー反応が
出る人には必須アイテムと言えるでしょう。

 

「N95相当」「N95レベル」と
書かれているマスクは、
規格外の類似品ですのでご注意を。

 

pm2.5の影響で福岡が…!

2015年の年末。
福岡が一面白くかすんでしまう
という現象が起こってしまいました。

スクリーンショット 2016-01-29 23.30.10

その日も大陸からの強い西風で
pm2.5濃度が一気に上昇し、
注意喚起の基準となる80μg
(1時間あたり1立方メートルの濃度)を
遥かに上回ってしまったようです。

 

九州、特に福岡は、地理的に
中国からの影響を受けやすくは
ありますが、それでもpm2.5の
全国平均濃度は低めです。

今後pm2.5が福岡のような現象を
起こしてしまう可能性は、
日本全国どこでもあり得ると予想されますね。

 

予報や空の様子を
チェックしておくべきでしょう。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ