大泉洋の嫁は大学時代からの付き合い?真田丸は劇団のおかげ!?

俳優、マルチタレントの大泉洋さんの嫁は、キャリアウーマンです。
意外でした?大河ドラマ「真田丸」ではいつもと違う表情を見せて
います。所属の劇団はなんと大学から続き道内で愛されてきました。

 

Sponsored Link

 

大泉洋(おおいずみよう)さんプロフィール

本名:大泉洋
生年月日:1973年4月3日
出身地:北海道江別市大麻出身
身長:178cm
最終学歴:北海学園大学経済学部卒
所属:CREATIVE OFFICE CUE

スクリーンショット 2016-02-16 23.29.21

 

テレビに出始めた頃は北海道出身の口が良く回る、バラエティーでも
魅力を発揮できる器用な俳優、といった印象が強かった大泉洋さん。
今ではすっかり「TEAM NACSの大泉洋」として認識されていますね。

両親共に教員、兄は函館市役所と堅実な家庭に育った大泉さん、
自身も教員免許をお持ちです。あの自由な雰囲気と演技力は、
大学での出会いで、後天的に身に着けたものなのでしょうか。

 

兄がとにかく優秀でストレートに早稲田へ行った為、自分も簡単に
早稲田へ行けると思っていた楽天的な大泉さんは2浪後に、北海学園大学の
経済学部経済学科に入学します。そこには運命の出会いが待っていました。

大学内の演劇研究会へ入った大泉さんは、のちにTEAM NACSを結成する
森崎博之さん達と出会います。大学在学中に鈴井貴之さんに
見出され、HTBの深夜番組に出演し芸能活動が始まるのです。

 

その後出演の「水曜どうでしょう」が北海道内では大人気となり、
TEAM NACSを代表する番組になりました、ローカルタレントとして
北海道の好感度をあげた、と言っても言い過ぎではないです。

その後有名になるにつれ数々の民放のドラマに出演。「ハケンの品格」で
おしゃべりなエリートを鼻につく感じで演じたのは印象に深いです。
北海道ではこのドラマ、関東や関西地区よりも視聴率高かったんですよ。

スクリーンショット 2016-02-16 23.29.33

 

演技も上手く多才な大泉さんは歌手でも活動、声優としても複数のアニメに
参加しています。現在は東京を中心に活動をしていますが、北海道愛から、
理想として冬だけ東京で出稼ぎ、後は北海道在住になりたいと言ってます。

同郷のタカアンドトシに「大泉洋という怪物のせいで北海道でのブレイクに
時間がかかってしまった」とまで語らせてしまった洋さんは、声帯模写までも
特技にしているそうです。いったいどこまで多才なのでしょうね。

 

出会いは仕事場だった「嫁」

大泉洋さんの嫁、中島久美子さんはフジテレビのプロデューサーで、
今では編成制作局ドラマ制作センター副部長といったとても優秀な
女性です。2人の出会いがドラマだったというのも、うなずけますね。

「救命病棟24時」が最初の出会いで立場は俳優とプロデューサーでした。
その後「おかしなふたり」「ロス:タイム:ライフ」に出演し、特に
「ロス:タイム:ライフ」での再開が結婚を決定的にしたようです。

 

2011年5月に高齢出産で生まれた娘さんをかなり可愛がっており、
彼の子煩悩ぶりは有名です。仕事で何日も会えないとパパの方が
号泣するそうなので拘束力の強い仕事は大丈夫なのか気になります。

娘さんと遊ぶ時間を本当に大切にしているようですが、地元愛も強い
洋さんは北海道の仕事も未だにやっていらっしゃいますよね。大河に
北海道に人気のTEAM NACSの公演と常に忙しそうにしていますが。

 

毎日が号泣の日々なのではないでしょうか?嫁の久美子さんも
相当あきれているかもしれませんね。いや、号泣ぶりに父親愛を
感じることができてかえって嬉しい気持ちになっているかもしれません。

 

Sponsored Link

 

重要な役柄、「真田丸」での信行役

さて大泉洋さんが毎日号泣しているのではないかと心配の大河ドラマ
「真田丸」ですが、なかなか面白く好調なようです。役どころは、
お家を潰さない為に父や弟と複雑な関係を続ける難しい役柄です。

今は主役の堺さんも大泉さんも10代の設定なので、違和感あるな、
と思っている人はもう少し頑張って見てください。そのうち実年齢に
あった重厚な役作りを楽しめるようになりますよ、きっと。

 

この「真田丸」での信行役は仲の良い真田家存続の為に、泣く泣く
父や弟と袂をわける状況に陥ったり、徳川に睨まれながらもしぶとく
生きるという苦難に満ちた役柄でなにか大泉さんっぽくない気もします。

しかし「水曜どうでしょう」のファンからは無茶ブリで困る洋さんと
信行が重なって見えると妙に盛り上がり、意外な面から「真田丸」の
人気をアシストしているのです。地元愛が大河を支えるかもしれません。

 

日本一チケットの取れない「劇団」

大泉洋さん所属の劇団TEAM NACS、今や日本一チケットのとれない劇団と
言われ、各人のソロ活動でも大活躍と魅力ある劇団です。北海学園大学の
演劇研究会出身の5人で結成された演劇ユニットなのはもうご存知ですね。

今ではソロでドラマやバラエティで活躍していますが、劇団として
現在でも舞台を行っています。しかし相当な人気で日本一チケットの
取れない劇団と人気を博している為、なかなか見ることができません。

 

リーダーではないのにお笑いの司令塔と大泉さんが呼ばれて目立てば、
宣伝につながると柔軟に考える劇団なので、その仲良しぶり見たさに
ファンはチケットを即日完売にしてしまうのかもしれません。

TEAM NACSの良さは学生っぽいゆるい拘束力からきています。このままずっと
雰囲気の良い劇団として大泉洋さんはNACSの顔として活躍してくださいね。
森崎さんも顔だけでなく器も大きく洋さんを自由に遊ばせ続けてください。

 

NACS始まりの地「大学」

劇団が大学の演劇研究会から始まったのは前述しましたが、洋さん達の
青春のつまった北海学園大学とはどのような大学だったのでしょう。
道内では私学の雄と言われる北大に次ぐ地元大学に位置しています。

 

スクリーンショット 2016-02-16 23.29.48

似た名前の大学と区別する為、学園と呼ばれているそうです。
地下鉄駅直結という利便性もあり、道内の就職にも強いという、
良い大学なのですが、実は第一志望は東京の大学だったのです。

 

今振り返るとこの時東京に大泉さんが出ていたらNACSは存在も
危うかったのですから、北海学園大学に進学されて良かったです。
この大学の受験を決めたのは本人ではなく、お母さんでした。

東京の大学を目指しましたが、2浪が決まり気力が萎えた洋さんに
無理矢理北海学園を受けさせたのだとか。母、ナイスアシスト!
お母さんの好判断のお陰でTEAM NACSは誕生できたのです。

 

北海学園から道内の地元局に就職する人も多いそうなので、
学内の演劇研究会への所属は自然とローカルタレントの道を
拓いたのでしょう。この大学に進学してくれて良かったです。

巧みな会話術からマルチタレントと言われつつ確実に俳優としての
地盤を固めている大泉洋さんは人柄の良さに運がプラスされ才能が、
花開いた人生を送ってきたかにみえますがそれだけではないでしょう。

 

娘に優しいお父さんでありつつも地元を愛し、おろそかにせず、
大学時代からの劇団でも仲良く活動する素敵な人物だと思います。
売れると過去を切り捨てる方もいるので大変立派な態度です。

そういう心根が周囲に通じるからこそ今では絶大な人気を得、
幸運も集まるのでしょう。今後も見ているだけで楽しくなる、
そんな大泉洋さんを応援し続けていきたいと思います。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ