朝ドラ「純と愛」以来ブレイクの止まらない吉田羊さんですが、年齢が
わからないところも神秘的で人気です。新CM女王とも言われています。
知的美人な彼女の大学はどこでしょう。嫌いという人っているのかしら?

スポンサーリンク

吉田羊(よしだよう)さんプロフィール

本名:吉田羊右子
生年月日:2月3日
出身地:福岡県久留米市出身
身長:163cm
最終学歴:非公開
所属:ORANKU

スクリーンショット 2016-03-03 15.50.28

 

愛称は「ひつじ」だそうです。名前に羊の漢字を使われていますが、
クールなイメージの吉田羊さんの愛称がそれだと余計に可愛い感じが
しますね。ブログも放牧日記と銘打ってるところもなんとなく可愛い。

5人兄弟の末っ子である羊さんですが、中学1年生まで誰かを演じられる
楽しみのあるおままごとがやめられなかったそうですね。演じる魅力を
無意識に感じていた彼女には元々女優の素養が備わっていたのでしょう。

 

地元女子高校では体育祭応援団長でファンクラブができる程後輩に
人気があったそうで、これも女優を志すきっかけの一つになったとか。
高校卒業の後は、自身の大学進学のために久留米を離れ上京をします。

大学3年生時に性格的に会社勤めが向かないと感じた羊さんは、女優への
道を歩み始めます。しかしここで面白いのは養成所などで演技を学ぶと
いう方向へ行かなかったこと。すぐに舞台のオーディションに応募。

 

小劇場の舞台で女優としてデビューしてしまいます。度胸がありますね。
初舞台が縁で同じ劇団の舞台作品へ客演し続けますが、01年に比佐廉さん、
石津陽子さんの3人で演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げ。

脚本・演出、制作、俳優と役割を3人で振り分けたスタイルが
人気でしたが比佐さんの出産により現在活動を休止中です。
解散はしておらず活動を心待ちにする人たちは多いようです。

 

その後、活動が舞台から映像の世界へとうつった吉田羊さん。その
所属先は大手事務所から個人事務所を設立したマネージャーから
誘われたものです。これが彼女の現在の事務所株式会社ORANKUです。

ここでの形態も所属が羊さんただ一人で同年齢の女性マネージャーと
二人三脚で仕事をします。東京スウィカといいORANKUといい、群れない、
という雰囲気が吉田羊さんの魅力そのものを表すようで素敵ですね。

 

転機となったのは朝ドラ「瞳」での西田敏行さんとの共演です。
軽妙な掛け合いに中井貴一さんが注目、それが縁で三谷幸喜さんの
舞台に外部ゲストとして出演、漸く広く知られる存在となったのです。

その後朝ドラ「純と愛」でのクールな上司役で人気が出、人気ドラマ
「HERO」での検事役でブレークとなった彼女はCMでもひっぱりだこで、
吉田さんの姿を見ない日はない、といえるくらい活躍をされています。

スクリーンショット 2016-03-03 15.50.54

 

劇団員時代は生活の為に様々なアルバイトをしていましたが、女優業に
専念するためにとマネージャーがそれらを一切禁止した為、生活費は全て
事務所に借り、その借金は「HERO」出演の直前で漸く完済できたそうです。

マネージャーがそれだけ吉田さんを買っていたということなのですが。
羊さんのイメージとはちょっと違って親しみが持てますね。他にも
彼女に親しみが湧いてくるエピソードがあるので紹介しますね。

 

1人カラオケが平気、とか年賀状は本人の干支コスプレで作る、とか
納豆が大好きなのを評価され、「2015年度納豆クイーン」に選ばれる、
とか。羊さんがよく演じるツンデレな役柄とちょっと似てませんか?

 

「年齢」非公開に込められたものは

年齢を非公開にしたのは実年齢にとらわれることなく上から下まで
幅広い年齢の役柄が演じられるように、が理由ですが、ブレーク後の
人気が凄すぎて彼女の年齢をつい気にする方は結構多いみたいですね。

舞台ではくっきりと姿を映さないせいか大人が子どもを演じたり、
その反対をするなど当たり役になればなるほど、年齢にとらわれず、
演じるので、舞台俳優の普通の感覚から出た考えなのでしょう。

 

ただここまでテレビに映画に活躍をするようになるとその考え方が
羊さんは年齢を隠しているの?という風に思う人が出てきたようです。
でも、決して吉田さんは年齢を隠しているわけではないのですよ。

実は2016年に第27回日本ジュエリーベストドレッサー賞を40代部門で
受賞しているんです。年齢非公開なのに、40代?とまずいと思ったのか、
マネージャーは断ろうとしますが、本人は「え、欲しい」と即座に回答。

 

もし年齢隠しに非公開としているのならば、この賞はプライドにかけて
受賞は辞退すると思いませんか?ふたつ返事で受賞を喜ぶ吉田羊さんが、
またまたツンデレイメージそのもので可愛いと思ってしまうのでした。

 

彼女の存在そのものが「CM」の命

エスビー食品、大塚製薬、花王といった名だたる大手企業6社のCMに
出演中の吉田羊さん。もうすぐ新CM女王となるのではという話も、
あります。なぜ多くの企業が彼女をここまで望み、起用するのか。

その理由として企業は彼女の演じきる実力、知的な雰囲気、好感度を
あげます。特に食品のCMは清潔感が大前提なので、吉田さんの存在は
CMで魅力を語る上で説得力と信頼感を十分に持つのだそうです。

スポンサーリンク

 

背筋が伸び凛とした雰囲気の羊さんだからこそ企業が欲しがる
信頼感を見る側に伝えやすいということなのでしょう。今後も
ドラマや映画だけではなく、CMでも彼女の活躍は続きそうですね。

 

その雰囲気ゆえにきになる出身「大学」

吉田羊さんの出身高校は私立久留米心愛女学院高校。地元久留米の
カトリック系の女子校でいわゆるお嬢様学校です。彼女にぴったりの
学校です。お嬢様の高校なら、大学は?と想像するのが世の常です。

しかし、神秘的な雰囲気の吉田さん、ここでもその魅力を発揮、
大学も年齢同様非公開です。「羊さんのこともっと知りたい!」
「ヒツジストを極めたい!」というファンは残念に思ったかしら?

スクリーンショット 2016-03-03 15.50.42

 

しかし世の中には粘る方もいるようで、父親が牧師だから高校と同じ
そっち系もしくお嬢様系の大学に行ったのではと推測し、探したようで、
出身大学としてキリスト教系の桜美林大学の名が出始めたみたいですね。

この大学、キリスト教以外にも芸術系の勉強もできるようなので、
演じる面白さに幼少時から目覚めていた羊さんの出身大学としては
可能性が高いかもしれませんがどの大学でも彼女の魅力は不滅です。

 

なんで彼女に「嫌い」のキーワード?

不思議です。ここまで清潔感に溢れ凛とした姿の彼女に嫌いという
単語が現れてくることが。もしかして、演技が上手すぎて、嫌いと
誤解されるほど役柄にハマりすぎていた?と混乱してしまいました。

が、深読み過ぎたようで、黒木瞳さん初監督作品の映画「嫌な女」に
出演するから出た言葉らしく、黒木さんが同じ福岡出身ということで、
この映画の出演が決まりました。W主演で木村佳乃さんとの共演です。

 

「嫌な女」では弁護士役を演じるらしいです。羊さんは木村さんの
演じる自由奔放な嫌な女を尻ぬぐいする設定のようですが、きっと
嫌い、嫌いと思いながら助ける弁護士を上手に演じるのでしょうね。

彗星のごとく現れたように見える吉田羊さんですは下積みが長く、
様々なアルバイトで生活費を稼ぐなど、ブレイクするまでコツコツと
努力をしてきました。そのせいか彼女は好感度の高い女優さんです。

 

また下積みの苦労が顔に出るわけでなく、ブレない凛とした美貌にも
つながっているのが羊さんの人気の理由でしょう。年齢が非公開でも
若作りでもなくその年代で美しく輝く、それが吉田羊さんなのです。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク