黒木瞳は娘や夫と現在はどんな生活しているの?年齢が不詳だけど・・

女優の実績十分な黒木瞳さんは娘が1人います。夫との仲の良さは、
自身の著書からもわかると評判です。そんな魅力溢れる彼女は現在も
各分野で活躍中、年齢を感じさせない美しさに心惹かれてしまいます。

スポンサーリンク

黒木瞳(くろきひとみ)さんプロフィール

本名:伊知地昭子
生年月日:1960年10月5日
出身地:福岡県八女市出身
身長:163cm
最終学歴:宝塚音楽学校卒
所属:ポエムカンパニーリミテッド

スクリーンショット 2016-03-03 15.56.32

 

現在女優以外にも映画監督として活躍されている黒木瞳さんが、
宝塚歌劇団の娘役トップとして男役トップの大地真央さんと
活躍されていたのは大変有名です。美しすぎる名コンビでした。

しかし黒木さんの宝塚音楽学校の受験理由は記念受験。受験日を
間違えたり、面接で「松竹歌劇団でもよかった」と発言したり。
いくら若かりし頃のこととはいえライバル関係の名前を出すとは。

 

その度胸が買われたのでしょう、倍率22.4倍の狭き門を見事合格、
宝塚音楽学校へ入学します。この学校に入るのに喉から手が出る程、
という人達も多いのになんという幸運、なんという才能でしょう。

宝塚歌劇団入団2年目から、大地真央さんの相手役として月組トップの
娘役に就任し、人気を博した瞳さんは、当時としては珍しい男役・
女役のトップ同時退団など宝塚としては珍しい話題を提供しています。

芸能界への転身後も映画主演デビュー作「化身」で大胆な演技に挑戦、
宝塚の歴史がと非難されたりもしましたが、演技は評価を得ます。
在団時も転身時も、度胸の良さと珍しい話題には事欠かない彼女でした。

その後、世間の話題を一気にさらった映画「失楽園」でも大胆に
演技をし、活躍の場を広げ続けた黒木瞳さんはドラマに映画に
大忙しながらも結婚し、夫との間には一人娘をもうけています。

 

宝塚での娘役トップ、芸能界でも着実に女優としての実績を重ね、
活躍をされていますが、この他にも歌謡番組やチャリティの司会も
務めている黒木さんは近年は監督業にも進出、話題をさらっています。

このように立派な実績ばかりにも関わらず、水前寺清子さんや関取の
千代大海さんのファンであると趣味を包み隠さず話す気さくな性格でも
あります。インベーダーゲームが大好きとも告白(笑)していましたね。

 

アメリカに留学中の「娘」

一人娘の母親でもある黒木瞳さんは娘を他の芸能人同様、
エスカレーター式の学校に小さい頃から通わせていました。
しかし、現在瞳さんの娘はその学校ではなく米国留学中です。

スクリーンショット 2016-03-03 15.56.21

まあ、有名人の娘ですので海外留学で一般家庭のお子さんとは
触れないようにするのは防犯の意味も含めて珍しくないのですが、
この娘のアメリカ留学に対して色々な意見が出ているようです。

 

彼女の娘は名門私立校へ通っていたそうです。黒木さんも久留米時代、
歌劇団を記念受験さえしなければ、音楽大学に入学が決まっていた程の
才媛なので、娘が有名私立校に通うのは当たり前のことだと思います。

ただ、その留学は本人の希望で決めたことではなく、学校に居ずらい
事件が起きた為にしたのだとの噂が立っているのです。ご両親共に
有名人なので余計に世間が騒いでいるようですが、真相は何処に・・

 

仲の良い「夫」はエリートです

黒木瞳さんと夫の出会いは大阪ガスのCM製作です。なんと彼女の
夫は電通で「第7営業部次長」とかなり偉いポストなのだそうです。
電通での出世は大変に難しいそうなので、エリートなのでしょう。

電通勤務ということまではわかるのですが、芸能人ではないので、
それ以外は公表されていませんが、黒木さんがあまりに美しいので、
夫はどんな人なのだろう、とつい世間は注目をしてしまうのでしょう。

スポンサーリンク

 

瞳さんは著書やエッセイなどで夫婦の独特な間合いと仲の良さを
書かれており、それらを読んだ方が、夫との仲も大変良いことが、
彼女の飾らない文章からも感じられると言われており評判です。

寒い季節に夫の足を湯たんぽ代わりという表現に電通にも勤める夫の
足をそんなことに使うなんて、と言う人もいると聞きますが、
夫婦の仲が良いエピソードとしてはいいのではないでしょうか?

 

「現在」は監督でも舞台でも活躍です

現在、同郷の吉田羊さんを起用した映画監督初作品の「嫌な女」が
話題の黒木瞳さんですが、同名小説に惚れ込んだ彼女が出版社に
手紙を送り、実現させたもので2016年6月25日公開だそうです。

面白いことにこの「嫌な女」を黒木さんはNHKBSプレミアムで、
連続ドラマで主演されるそうです。こういうことは珍しいですね。
NHKも連ドラ中に「現在、映画製作中!」なんて宣伝しちゃうのかな?

スクリーンショット 2016-03-03 15.56.09

 

映画監督としての話題が現在は先行しているかのような瞳さんは
ちゃんと女優の仕事もされており、舞台にも出演される予定です。
「GURUになります。〜平浅子と源麗華の一週間〜」という舞台です。

この舞台はサイテーのTVマン達が企画・構成・脚本・演出する、
と評判で、斬新でスピーディーな今までにない舞台になると宣伝を
しています。こちらも現在絶賛準備中(?)って感じでしょうか。

 

若作りでないのに「年齢」を感じさせません

黒木瞳さんは50半ばなのに年齢を感じさせない美しさと色気があり、
誰もが認めるところです。失礼な話になるかもしれませんが、美人が
それを維持しようとするとある年齢から不自然さが出たりしますが。

黒木さんにはそういう無理な年齢の重ね方を感じませんよね。流石です。
美しさの中に凛とした物があるような気がしますが、それはもしかすると
血筋かもしれません。実は瞳さんの祖先はとてもすごい方なのです。

 

彼女の父親方の実家である樋口家は豊臣秀吉に代官を承った樋口実長、
の末裔だそうで、帯刀を許され、庄屋などの要職をしていた家柄だとか。
長い歴史の中で没落はしましたが、由緒正しい家柄だそうなのです。

まあ、それだけでなく黒木さんの女優としてのプロ意識、努力も
彼女の年齢を感じさせない秘訣なのだと思いますが、つい先祖の
話を聞いてしまうとお姫様的な本人の姿からついそう思います。

 

輝かんばかりの美貌を宝塚の娘役以来ずっと維持し続ける黒木瞳さんの
容姿はパーフェクトといえます。完璧な彼女には個人にも家庭にも完璧を
求めがちかもしれませんが、人間なので色々あっても仕方ないです。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ