帽子はおしゃれアイテムにもなり
ますし、夏は紫外線から守ってくれますね。

しかし効果を得るにはきちんとした
帽子選びが大切なのです!

スポンサーリンク

帽子の色や素材で紫外線の効果に違いが?

紫外線対策としてまず挙げられるのが帽子。

紫外線を意識する2月下旬から3月上旬には、
紫外線カット効果を謳った帽子が並ぶように
なります。

スクリーンショット 2016-03-05 16.53.31

 

紫外線カット効果を期待して帽子を買う予定の人、
まずは帽子の素材や色と効果の関係を知ってから
帽子を買うようにしましょう。

まずは素材を見てみましょう。
帽子売り場では、紫外線カット素材使用と
書かれた帽子を見かけます。

 

紫外線カット素材はセラミックのこと。
セラミックと言っても柔らかい素材で、
デザインも女性らしい物も多く売られいます。

また紫外線吸収剤を使っている帽子も、
紫外線カットに効果があると言われています。

 

紫外線吸収剤は、日焼け止めにも使われています。

洗濯すると紫外線吸収剤は次第に薄くなって
きますので注意が必要です。

 

また繊維の目が細かく厚い生地であれば
あるほど効果は高まります。

次に帽子の色。
濃い色は紫外線を吸収するという
性質がありますね。

 

黒に近い色であればあるほど、紫外線を
頭皮から守ってくれます。

濃い色は熱も一緒に吸収するので、長く被っていると
暑くなり蒸れやすいというデメリットもあります。

スクリーンショット 2016-03-05 16.55.50

 

そしてデザインですが、つばが広い帽子の
方が日よけの効果があります。

キャップなどの前につばがある帽子ではなく、
全面につばがある帽子が良いでしょう。

 

帽子もおしゃれアイテムに

おしゃれ好きには、帽子は立派なアイテムですね。

シンプルなコーデで決めると、帽子が
引き立つので、女性でもあえて
アクセサリーを控えめにしている人も。

 

2015年に引き続き、2016年も流行りの
おしゃれ帽子はつば広のハット。

つば(ブリム)は固めの方が
合わせやすくなります。

 

昨今の人気おしゃれ素材デニムとも
合わせるモデルや女優も。

素材によってはスタイリッシュにも、
ガーリーにも演出が可能です。

スポンサーリンク

 

男性も黒のつば広ハットでおしゃれに
決めている人多いですね。

季節に合わせた色や素材で帽子の
おしゃれを楽しみましょう。

 

夏にぴったりの帽子は?

2015年と2016年はつば広ハットが
流行ですが、夏は気温に合わせた素材や
デザインの帽子も良いですね。

昨今はスポーティなコーデも流行しており、
女子もキャップをコーデに組み入れて
いる人も多いですね。

スクリーンショット 2016-03-05 16.58.17

 

キャップはアクティブな夏には
ぴったりのアイテムです。

友達や彼氏とお揃いで被って
出かけるだけでも楽しいですね。

 

キャップはシンプルにメーカーの
ロゴが入ったものから、コーデの
アクセントになるデザインまで様々。

またストローハットやメッシュニットなど、
目の荒い素材は涼し気な印象になります。

 

ただストローハットなどの目の粗い
帽子は紫外線をガンガン通します。

夏にこれらの帽子を被る時は、
日傘を差すか日焼け止めを塗りましょう。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク