山崎育三郎の実家で安倍なつみがお義父さんと!?神田沙也加と復縁の可能性は?

山崎育三郎さんがドラマ「お義父さんと呼ばせて」
で話題を集めていますね!神田沙也加さんとの破局後、
昨年は安倍なつみさんと結婚されました。
実家がセレブと噂の彼ですが・・・

Sponsored Link

山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)さん プロフィール

生年月日 1986年1月18日(30歳)
出身地  東京都
身長   177cm
血液型  A型
最終学歴 東京音楽大学声楽演奏家コース中途退学

スクリーンショット 2016-03-14 0.03.14

 

4人兄弟の3番目に生まれたという山崎育三郎さん。
だから名前に『三』が入っているんですね!

ミュージカル界のプリンス!として
活躍されていましたが、現在はドラマでも山崎さんを
見る事が多くなりました。

 

11歳の時には、全国童謡コンクールで
審査員特別賞を受賞する程の美声で、
アメリカに語学留学した際には、声楽コンクールで
上位入賞されたそうです。

 

「お義父さんと呼ばせて」で好演!

フジテレビ系ドラマ「お義父さんと呼ばせて」での
砂清水誠役の演技が、とっても面白い!
と話題になっている山崎育三郎さん。

彼自身初のコメディ出演とあってかなり役作りに
こだわったそうです。

スクリーンショット 2016-03-14 0.03.05

 

物語のあらすじは、娘の恋人が自分と同じ年の中年だと
知った父親が、その相手の男と娘の結婚をめぐって
対立するコメディに仕上がっています。

自分と同じ年の男性にお義父さんと呼ばれるなんて
ちょっと想像出来ないですよね!
この設定が面白いな、と思いました。

 

そして原作の無いオリジナルのドラマなので、
山崎さんは監督や共演者の方々と相談しつつ
楽しみながら役作りをしたとの事。

実際、主人公のライバル砂清水の役は山崎さんの
ミュージカルの経験を生かしたダイナミックな
キャラクターに仕上がっていました。

 

山崎育三郎さんと、『お義父さん』役の渡部篤郎さん
との掛け合いも息がピッタリ!といった感じで
現場の人たちが本当に楽しんで
作り上げた作品なんだと伝わってきます。

 

実家はセレブ!?

「下町ロケット」での評価と「お義父さんと呼ばせて」
での人気で、今やミュージカル界だけで無く
全国区で有名となった山崎育三郎さんですが、実は
実家がセレブなのでは!?と言われています。

実際に実家の様子が公開されたようでは無いのですが、
山崎さんの履歴を見ると、ちょっとしたセレブ感が
満載です。

Sponsored Link

 

彼がミュージカル俳優を目指したきっかけは
舞台「アニー」を観て感激したからだそうですが

 

その後山崎さんが家に帰って

劇中歌を披露したところ、歌声の美しさに驚いた
母親が、すぐに音楽教室に通わせ始めたとの事。
『すぐに』通えるところにセレブ感が漂いますね!

それから、山崎育三郎さん自身も留学されていますが、
何とお兄さん達も留学経験者だそうです!
4人の留学費用を考えると・・・
実家セレブ説はかなり有力に思えます!

 

元カノは神田沙也加さん

ミュージカル界のプリンスと呼ばれる程イケメンの
山崎育三郎さん。もちろん、女性にもかなり
モテているようです。

中でも、元カノとして噂になった神田沙也加さん
とのエピソードが話題になりましたよね。

スクリーンショット 2016-03-14 0.02.58

 

現在は安倍なつみさんと結婚した山崎育三郎さんですが、
交際当時は、なんと神田沙也加さんとの二股疑惑も
ありました。

週刊誌で安倍さんと山崎さんが焼肉デートを
報道された時点で、神田さんと山崎さんの交際は
まだ完全に終わっていなかったという噂です。

 

神田沙也加さんは、この焼肉デート写真を見て
ショックを受け、出演予定だった舞台を急遽降板した
と噂されているので
山崎さんの色男っぷりもかなりのものです。

 

安倍なつみさんと幸せゴールイン!

神田沙也加さんとの二股疑惑も何のその!
交際4年の育み愛を経て、2015年12月に
山崎育三郎さんと安倍なつみさんは結婚されました。

お2人のなれそめは舞台「嵐が丘」がきっかけでしたが
堀北真希さんと山本耕史さんのご夫婦も
この「嵐が丘」の舞台で共演されての結婚でしたので
何だか素敵なジンクスが生まれそうですね。

 

安倍なつみさんは現在妊娠されているようですので、
今年は、山崎さんと安倍さんの可愛いベビーの顔が
見れそうです。

俳優業が絶好調の山崎育三郎さん。
パパとしても頑張ってくれるはず!
ますますのご活躍に期待したいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ