梅酒や梅干しも良いですが、梅ジャムも
食べ方が多様でおいしいですよね。
レシピも簡単で、初心者でも失敗ナシ。

駄菓子でも有名な梅ジャム。
月曜から夜ふかしで製造方法が取材されるも…

スポンサーリンク

梅ジャムの食べ方

梅ジャム作った、またはもらったけれども、
食べ方が分からなくて冷蔵庫にずっとしまったまま…

そんな人は、今すぐに冷蔵庫から梅ジャムを取り出して!

スクリーンショット 2016-03-16 0.13.23

 

梅ジャムの食べ方は色々あります。
パンに塗る食べ方がスタンダード。
酸味と甘みが合わさって、初夏の
爽やかな風を感じることでしょう。

同じように、ヨーグルトに入れる
食べ方もありますね。

 

酸味が苦手な人は、トーストの場合は
バターの上に、ヨーグルトの場合は
ハチミツと一緒に食べると酸味が
まろやかになってより美味しくいただけます。

ホットケーキやパウンドケーキに
混ぜて焼いてみる食べ方も。

 

ドライフルーツを入れたような味や
食感が楽しめます。

梅ジャムをふやかした寒天て固めた
梅ジャムようかん、同じくゼラチンで
固めると梅ジャムゼリー、ソーダ水で
割ると梅ジャムジュース、牛乳に入れて
梅ジャムネクターと食べ方は本当に
色々あります。

 

また甘い物が苦手な人には、煮物の
風味付け、ドレッシング、カレーの
隠し味と料理にも使えるのです。

 

今まで梅ジャムを冷蔵庫の肥やしと
していた人は、ぜひ挑戦してみてください。

 

梅ジャムのレシピ

梅ジャムの作り方はとても簡単。
梅の季節になると、梅ジャムの
レシピがたくさん出回るようになりますね。

梅を買った時にも、梅ジャムの
レシピを添付してくれるお店も。

スクリーンショット 2016-03-16 0.13.49

 

またインターネット上でレシピは
多く公開され、ほとんどが1日で
完成できるものばかりなので、
初心者でも安心して作ることができます。

分量は、梅と梅の重量の70から90%の砂糖。
鍋としっかりと消毒された密閉容器です。

 

100円均一で売られている密閉容器でも
大丈夫です。

消毒は煮沸、レンジ消毒、アルコール
度数の高い焼酎などを使うと良いでしょう。

 

まず梅を水洗いし、成り口のホシ
(へそ)を竹串などで取ります。

次に鍋に梅と水をいれ、中火にかけて
ゆっくりと梅を混ぜます。

 

水が温かくなったら捨て、また水を
入れて中火にかけながら混ぜるを
2、3回繰り返します。

梅をザルに上げ、冷めたら種を取り除きます。
実を細かく刻む、または裏ごしし、
鍋に入れて砂糖の3分の1を入れて
焦がさないように混ぜます。

 

煮立ったら砂糖の半量を入れて、
5分煮、煮立ったらさらに5分煮ます。

残りの砂糖を全部入れ、20分ほど煮ます。
灰汁が浮き出てきたら取り除きます。
全体的にトロッとしてきたら完成。
密閉容器に入れて冷めたら冷蔵庫へ。

スポンサーリンク

 

焦がさなければ、ほとんど失敗はありません。
他にも炊飯器で作るレシピもあるよう
ですので、そちらで作ってみても。

 

月曜から夜ふかしで駄菓子の「梅ジャム」への取材が…?

駄菓子の梅ジャム。
関東地方出身の方は、子供の頃はよく
食べたという人も多いのではないでしょうか。

大人から子供まで愛されているこの駄菓子。
実は東京の下町で80代の男性がずっと
1人で作り続けていたのです。

 

その男性に注目したのがマツコ・
デラックスさんの人気番組「月曜から
夜ふかし」の「ひとりで頑張っている
人を調査した件」。

この68年間、時には年商3000万円になった
ことがあった時でも、従業員は一切雇わず、
ただ1人黙々と制作され続けた駄菓子
「梅ジャム」は、言わば秘蔵のレシピ。

 

その門外不出のレシピを聞き出そうとする
「月曜から夜ふかし」のディレクターの
取材態度があまりにも横柄で、
視聴者から批判が続出していました。

 

具体的に挙げると

ディレクターは駄菓子「梅ジャム」が好き。

スクリーンショット 2016-03-16 0.13.34
梅ジャムの製造法を尋ねるも企業秘密と
断られると、引き継がなればならない、
人の命には限りがあるとかなり強引。
最後はキレ気味だったとか。

視聴者だけではなく、マツコ・
デラックスさんも怒りを露わに
していたそうです。

 

好きな駄菓子が消えてしまうのは
寂しいのは分かりますが、製造元が
自分で終わらせると決めていること
ですので、も1つの時代の終わりと、
見届けることも後世の役割でもあるかと。

ただ「月曜から夜ふかし」のこういった
スタッフの不愉快な態度は、駄菓子
「梅ジャム」の件だけではないようです。

 

スタッフの態度も含めて台本や演出なの
かもしれませんが、わざわざ視聴者を
不快にさせるのはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク