山田洋次の家族はつらいよは東京家族の作品よりも厳しいってホント?

山田洋次監督の新作、「家族はつらいよ」がついに
封切されましたね。この作品には「東京家族」の
キャスト陣も多く出演されていて、監督の演出の
厳しさを語ったエピソードなども披露されました。

スポンサーリンク

山田洋次(やまだようじ)監督 プロフィール

別名義  山田よしお
生年月日 1931年9月13日(84歳)
出身地  大阪府豊中市
活動期間 1954年〜
最終学歴 東京大学法学部

スクリーンショット 2016-03-28 1.26.20

 

山田洋次監督は、代表作「男はつらいよ」等で知られる
日本を代表する名監督ですね。
「男はつらいよ」は私も小さい頃からなじみのある
映画で、この作品で山田洋次監督を知りました。

彼のデビュー作は1961年の「二階の他人」で、
そこから55年もの間、第一線で活躍しているんですから
その凄さがよく分かりますね!もちろん現在も現役で
頑張ってらっしゃいます。

 

落語の影響を深く受けていて、その作風はユーモラスで
非常に人間味溢れるものが多いです。

そのため役者陣にもわざとらしくない自然な演技を
要求したり、現場のリアルな空気と閃きを
大事にするため、絵コンテをきっちり作ることも
無いそうですよ。

 

怪物的な作品数

彼の映像作品はざっと144作にも及びます。
年換算で2〜3作品に携わっている事になりますから
そのバイタリティには感服します。

スクリーンショット 2016-03-28 1.26.09

1978年公開の「幸福の黄色いハンカチ」は、
日本アカデミー賞最優秀監督賞を
1966年「運が良けりゃ」はブルーリボン賞監督賞を
受賞するなど、作品としての経歴も素晴らしいですね。

 

なお、「幸せの黄色いハンカチ」はアメリカで
リメイクもされています。そちらのタイトルは
「イエロー・ハンカチーフ」と言って
主演がウィリアム・ハートでした。

監督のオリジナル版でヒロインを演じていた
桃井かおりさんが、モーテルの女主人役で
カメオ出演されていたのも印象的でしたね。

 

東京物語のリメイク、東京家族

山田監督は、小津安二郎監督の映画に対して
「何も起きずつまらない」等、批判的な目で
見ていました。

ところが、尊敬する黒澤明監督が自宅で
小津安二郎監督の映画を熱心に鑑賞している姿を受け
自身の映画の中に、「小津節」が取り入れられるように
なったと言います。

 

その典型が、小津監督の映画「東京物語」のリメイク版
「東京家族」です。

「東京物語」は現代の家族関係の問題を描いた
作品でしたが、山田監督が「東京家族」を撮る際に、
小津監督作品を「素晴らしいお手本」
「精一杯真似しようとした」と語っていました。

スポンサーリンク

 

その想いは「東京家族」に良く現れていて
風景の撮り方、人物の配置など、東京物語の特徴を
前面に出していて、ともすれば彼の持ち味を
無視しているかのような印象さえ受けました。

 

つらいよシリーズ再び!?家族はつらいよ

3月12日に、ついに山田洋次監督の新作
「家族はつらいよ」が公開されましたね。
男はつらいよシリーズ終了から、実に20年ぶりの
つらいよシリーズになるんでしょうか?

 

物語は、監督の得意とする「家族」をテーマに
離婚騒動からくるドタバタを生き生きと描いてる
作品になっています。

この「家族はつらいよ」は、「東京家族」で出演した
キャストが多く起用されていて、中でも蒼井優さんは
この「家族はつらいよ」の原案提供をされたとか!?

 

会見でキャスト陣と朗らかに談笑する監督の様子に
現場の空気感がよく現れているな、と思いました。
映画のCMもコミカルでエネルギー溢れる仕上がりに
なっているので、思わず見入っちゃいますよね。

まだ、公開されて間もない作品ですから
「つらいよシリーズ」になじみの無い方たちにも
これをきっかけに山田洋次ワールドの
ファンになるかも!?

 

厳しい演出家として

穏やかで、紳士的な風貌の山田監督。
実は、実際に映画を撮る現場での演出は
かなり厳しいと言われています。

スクリーンショット 2016-03-28 1.26.01

「東京家族」、「家族はつらいよ」で出演した
蒼井優さんと妻夫木聡さんの取材で語られたのは
彼の、笑いと映画に対する姿勢の厳しさ。

 

徹底した計算の上に成り立つ笑いを追及した、
山田洋次監督の演出に、現場はピリピリムード
だったそうです。

そんな厳しい演出は、何と出演した犬にまで
及んだそうで、「う〜っ」とうなる犬に対して
彼が「何でワン!て吼えないんだ!」と
ダメ出ししたエピソードは、何か笑っちゃいますね!

 

そんな厳しさから生まれるのは、山田洋次監督の
映画テーマである、家族、愛、笑い。
今の時代だからこそほっこり出来る、温かい作品を
これからも創り続けていって欲しいですね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ