高橋一生の結婚にはジブリが必要?鼻と民王に注目が来てますね!

高橋一生さんは、ドラマ『民王』での好演やジブリ映画に
出演など多才な俳優さんですが、鼻の整形疑惑や
気になる結婚の話題など今大注目です。

スポンサーリンク

高橋一生(たかはしいっせい)さん プロフィール

生年月日 1980年12月9日(35歳)
出身地  東京都
血液型  O型
身長   175cm
活動期間 1990年〜
事務所  舞プロモーション

スクリーンショット 2016-04-02 23.47.45

 

高橋一生さんは、爽やかなルックスと確かな演技から
カメレオン俳優などと呼ばれている注目の俳優さんです。
子役から活躍されているので、出演作は多岐に渡り
ジャンルも多彩。

堀越学園時代の同級生、岡田准一(V6)さんとは
プライベートでも仲が良いそうで、ドラマ「軍師官兵衛」
では共演を果たして喜び合ったそうです。

 

また、その演技力からか宮藤官九郎さんの作品に
多く出演されています。

 

ジブリ作品にて声優にも挑戦!

高橋一生さんの出演作といえばテレビやドラマ
舞台が多いのですが実は高橋さん、ジブリ作品にて
声優にも挑戦していました。

スクリーンショット 2016-04-02 23.47.33

その作品とは『耳をすませば』です。ジブリには珍しく
恋愛を扱った映画ですが、高橋さんはこの作品の中で、
主人公と恋をする天沢聖司役を好演しています。

 

何でも、彼が声変わりをする丁度2週間前に収録を
済ませたという事で、時期がずれていたら違った
天沢聖司像が出来ていたかもしれませんね!

その後のジブリ作品である『おもひでぽろぽろ』にも
出演なさっている高橋一生さん。
この2作品に出演することによって、より演技をする
という事を意識するようになったと話しています。

 

民王での快演でさらにブレイク!

『医龍』や、『信長協奏曲』で知名度を上げていった
高橋一生さんですがドラマ『民王』の貝原役での演技が
面白い!と大きく話題に上がりました。

この『民王』は、『半沢直樹シリーズ』で人気の、
池井戸潤さんが原作の作品で、内閣総理大臣が主人公の
肉体と精神が入れ替わるトンデモストーリーです。

スポンサーリンク

 

この『民王』での一生さんがとにかくキレのある
演技をしていて、彼の毒舌でクールながらコミカルな
表現が見ている私達になんとも言えない爽快感を
もたらしてくれます。人気が出るのも頷けますね!

 

高橋一生さん、鼻に異変が!?

爽やかで白く綺麗な顔が特徴の一生さんですが
ネットでは彼の鼻の近くに傷が見える所から
整形疑惑の噂もありました。

2011年のドラマ『名前をなくした女神』の最終回で
彼の顔がアップになった際に、鼻に傷が映ったようで
そこから広まった噂だそうですが、ご本人曰く
粉瘤(ふんりゅう)というデキモノを手術した跡だそう。

 

顔は役者の命と言いますから、高橋さんも鼻の傷が
目立たなくなる半年間は仕事を控えていたそうです。
それでもアップになると、うっすらと傷あとが
映ってしまったんですね。

 

結婚を視野に入れた交際も

爽やかイケメンの高橋一生さんですからやっぱり
女子にもモテますよね!結婚や交際はどうなって
いるのかな。と思ったら、これまた色々あるようです。

スクリーンショット 2016-04-02 23.47.24

まずは2011年に『名前をなくした女神』で共演した
尾野真千子さんとの交際が報道されましたよね。
この交際では、一生さんは恐らく結婚を意識
されたのか、同棲にまで発展させました。

 

さらに、尾野さんは彼の両親に挨拶も
済ませていたらしいので、まさに結婚秒読み!
といった2人でしたが・・・。

何と2012年に尾野さんがほっしゃんとの不倫報道を
フライデーされてしまって、あえなく破局の事態に!

 

一生さんとしては裏切られた形になったのですが
尾野さんを非難する事無く、別れた姿に男気を
感じますね!

その後、2013年に「激流〜私を憶えていますか?〜」
でドラマ共演をした田中麗奈さんと交際をスタート
させた高橋一生さん。

 

2人が仲良く買物をしている姿や、手を繋いでいる所が
週刊誌にのったりと、交際は順調な様子。

交際当時、田中さんも付き合っていた佐藤祐基さんと
破局したばかりだったので、一生さんとの交際は
お互いを思いやれるものだったのかも。

 

現在は田中さんのマンションに、彼が頻繁に訪れて
いる事から、今度こそ結婚間近なのでは?
と言われています。

真剣交際中の高橋一生さん。恋に仕事に一生懸命な姿が
さらにファンの心をくすぐっちゃいますね!

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ