フレックスタイム制とは?メリットとデメリットにコアタイムが重要?

フレックスタイム制とは、本当に日本人には合わない制度なのでしょうか…?
基本的にメリットの多い制度ですが、コアタイムの導入で
デメリットの解消にも繋がるかと期待できますね。

スポンサーリンク

フレックスタイム制、コアタイムとは?

フレックスタイム制とは、1ヶ月の
労働時間を定め、その中で自由に
退勤や出勤ができる制度のことです。

フレックスタイム制には、フレキシブル
タイムとコアタイムがあります。

スクリーンショット 2016-04-02 23.55.03

 

フレキシブルタイムとは、出社退社の
時間が自由に定められている時間帯。

コアタイムとは、フレキシブルタイムに
対して必ず出勤しなければならない
時間帯のこと。

 

コアタイムとは、必ず定めなければ
ならない訳ではありません。

すべてがフレキシブルタイムの
場合もあります。

 

ただし、勤務時間のほとんどが
コアタイムの場合は、フレックス
タイム制の定義には入りません。

 

フレックスタイム制のメリットデメリットは?

メリット
通勤時間をずらすことにより、
通勤ラッシュを避けられる。

フレックスタイム制のメリットとして
まず挙げられるのが通勤時間帯。
フレックスタイム制を導入している
職場のほとんどが、通勤、退勤ラッシュ
時にフレキシブルタイムを設けています。

スクリーンショット 2016-04-02 23.54.45

 

これによって電車の混雑や道路渋滞と
いったストレスがなくなりますね。

働き方の自由化により、働く人の
個性を出すことができる。

 

急な病気で病院へ行く必要ができた、
または家族を病院へ送らなければならない。

歯医者の予約が日中しか取れない、
そのような場合は、フレックス
タイム制の場合は有給を取る必要も
ありません。

スポンサーリンク

 

閑散期と繁忙期で労働時間の調整が

でき、仕事効率がアップする。

用事を終えてから出勤し、規定通りの
勤務時間をこなせば良い訳です。

 

そうすることによって、用事を済ます
ことができる、職場に気兼ねしなくても
良い、さらにはプライベートが充実する
といった、ストレスのない生活を送る
ことができます。

残業を減らすことができる。
1日に何時間働く、ではなく月の
トータル時間で考えるので、
閑散期と繁忙期で時間を有効活用する
ことができます。

 

その結果的、残業を減らすことができます。

フレックスタイム制はメリット
ばかりではありません。

デメリットもあります。

 

デメリット
他の会社と業務提携がやりにくくなる。
他社との打ち合わせなどが多い企業では、
フレックスタイム制は敬遠されがちです。

特に急な打ち合わせが入っても担当者が
まだ出社していない、退勤してしまった
という可能性もあります。

スクリーンショット 2016-04-02 23.54.29

 

そのような時を考え、コアタイムの導入、
なるだけ事前に予定を合わせるなどの
努力をしている企業もあるようです。

社内の連携もとれにくくなる。
また社外だけではなく、社内連携も
とりにくくなる傾向にあります。

 

メールやネットワークなどを積極的に
利用して、社員間の情報の齟齬が
ないようにします。

時間にルーズな社員が出てくる。
出勤、退勤時間が自由になると、自然と
午後から出勤して深夜に退社する
社員も出てきます。

 

フレックスタイム制だからと言って
時間にルーズな場合、他の面でも
ルーズになってしまう場合も
危惧されています。

遅い出勤になりがちな社員は、仕事に
影響が出ていないか気をかけて
いく必要も出てきます。

 

電気代などの設備にかかるコストが増える。
設備の使用時間な長くなりますので、
設備費は確実に上がることが考えられます。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ