救急外来とは?インフルエンザって料金がバラバラなのは看護師の腕次第?

救急外来とは、インフルエンザの
疑いの場合は受診しても良いのでしょうか。
料金も気になりますね。
救急看護師になるには…?

Sponsored Link

救急外来とは

救急外来とは病院が定めている診療
受付時間外に診療を受け付けることです。

大抵は休日、夜間が救急外来の時間に
当たります。

スクリーンショット 2016-04-05 22.50.32

 

個人的なクリニックで救急外来を
行っているケースは稀で、ほとんどは
総合病院で受付けています。

救急外来とは、どういった場合に
受診するべきか悩んでしまいますよね。

 

救急外来とは、時間外でも医師の
治療や処置が必要な緊急の場合に
受診するべきでしょう。

大きな怪我、持病の悪化などが
それに当たります。

 

熱っぽい、インフルエンザかも
しれない、というだけの時は様子見で
良いでしょう。

ただし熱けいれんや意識を失って
しまった場合は救急外来へ。

スクリーンショット 2016-04-05 22.50.20

 

また救急外来で対応している医師の
ほとんどは、経験年数の少ない研修医が
ほとんどで、よほどの重症ではない限り
応急処置となることを考慮してください。

持病がある人は、緊急時の対応について、
かかりつけ医とよく相談しておいてください。

 

インフルエンザで救急外来はアリ?

インフルエンザの時期になると、急な
高熱に不安になってしまいますよね。

救急外来でもインフルエンザの検査は
してくれますが、インフルエンザは、
発熱から12時間経たないとしっかり
とした検査結果は出ません。

Sponsored Link

 

正式にインフルエンザと診断された
場合、症状に見合った薬も処方してくれます。

ですがインフルエンザ診断書を
書いてくれることは稀です。

 

診断書が必要な場合は、翌日に
内科のクリニックできちんと
受診する必要があります。

例え夜になって発熱し、インフル
エンザではないかと思っても、
熱だけの場合は自宅で安静にし、
翌日の受診をおすすめします。

 

ちなみに救急外来を受けた病院でも
翌日、お金を払えばインフルエンザの
診断書を発行してもらえます。

 

救急外来の料金は高くなる?

子どもの風邪で救急外来を受診したら、
普段は1000円程度だった料金が、
救急外来だと5000円近くなった、
と驚いてしまう人も多いかと思われます。

救急外来の料金は、基本的な受診料金に
加えて時間外、6歳未満の乳幼児の
場合はさらの加算される場合があります。

 

また基本受診料も初診か再診かで
料金が変わってきます。

ですが大きな怪我や緊急を要する
症状が表れた場合、手持ちのお金が
ないからと言って病院へ行かない
訳にはいきませんよね。

スクリーンショット 2016-04-05 22.50.42

 

そのような場合は、後日料金を
支払うことも可能です。

受付けの人に事情を説明すれば
大丈夫です。

 

だからと言って、踏み倒していい
という訳ではありませんよ!

 

救急外来の看護師の仕事とは…?

いつも医療機関や介護の現場で働く
看護師には頭の下がる思いです。

 

救急外来にも、もちろん看護師は
勤務しています。

 

救急外来の看護師の主な仕事は、
救急外来に来た患者の対応、
そして救急車で運ばれてきた場合の
応急処置。

救急蘇生、止血、骨折の処置など
救急車で運ばれてきた患者へは、
応急処置は欠かせません。

 

最近ではドクターヘリに
同乗する看護師もいます。

救急看護師になるには、看護師資格
だけでも良いのですが、大切なのは経験。

 

特に救急看護師を目指す場合は、
救急医療を扱う医療機関で迅速な
対応と正確な処置技術を学ぶ必要があります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ