倉光泰子さんと聞いて誰?と思う方は多いでしょう。脚本家ですが、
プロフィールさえまだはっきりと公表されていません。隠している
わけではないので結婚していることや画像は公開されています。

スポンサーリンク

倉光泰子(くらみつやすこ)さんプロフィール

本名:非公開
生年月日:非公開
出身地:埼玉県出身
身長:非公開
最終学歴:東京芸術大学映像研究科脚本領域卒
所属:無し

スクリーンショット 2016-05-02 1.19.27

2014年「フジテレビヤングシナリオ大賞」にて「隣のレジの梅木さん」
で大賞受賞の倉光泰子さんは、月9「ラヴソング」のオリジナル脚本に
大抜擢と話題の方です。大賞の作品はその年にドラマ化されています。

主人公の梅木響子役がアジアンの馬場園梓さんで、共演に有村架純さんと
かなり豪華な配役で見た方もいるのでは?ただ、この「梅木さん」は題から
受ける印象ではほんわかなのに内容は意外とシビア、と話題になりました。

 

特に有村架純さんの落ちっぷりが、と同情する声が多かったです。
そんなシビアな内容でデビューした倉光泰子さんなので、月9の
内容もどうなるか、とドキドキワクワクで始まりました。

「ラヴソング」では藤原さくらさんが大抜擢と話題になりましたが、
実は脚本家の倉光さんも大抜擢、シンデレラガールだったんですよ。
大賞を取るまではパートをしつつ修行の日々だった光子さん。

 

「隣のレジの梅木さん」以外は主だった脚本がないのですから、
確かに倉光さんの起用は冒険というか新風をいれるというか、
フジテレビのドラマへの力の入れようがよくわかる起用です。

 

「誰」を跳ね除けろ!

2014年の「フジテレビシナリオ大賞」を受賞した倉光泰子さんですが、
いくら大賞受賞者とはいえ、脚本家としてはまだ新入り、の状態です。
ドラマは出演者以外に脚本家の名前が視聴の判断につながりますよね?

「ラヴソング」は福山雅治さんの久々の主演ということで注目を
浴びているドラマです。自然と脚本家は誰かな?と目がいきます。
そして倉光さんの名を見て、誰?知らない脚本家?となるのです。

スクリーンショット 2016-05-02 1.20.14

へー、大賞受賞者なんだスゴイね、じゃ他になにを書いているの?
と気になっても「梅木さん」以外はドラマの作品が見つかりません。
よほどドラマに精通していなければ、誰、となるのも仕方ありません。

ただ35歳以下しか参加できない「フジテレビヤングシナリオ大賞」は
現在も脚本家として活躍されている方々が結構います。深谷仁一さんは、
「世にも奇妙な物語」を手掛けています。未だに人気番組ですよね。

 

坂元裕二さんは「東京ラブストーリー」大竹研さんは「HERO」、佳作に
選ばれた黒岩勉さんは「ライアーゲーム」武藤将吾さんは「電車男」と
どれも見事な活躍です。この方々も当初は誰?となったはずです。

この誰?と言われる評判を倉光泰子さんは「ラヴソング」以降も良作を
書き続けて跳ね除けなければならないのです。受賞しただけでは駄目です。
実力が問われる世界で早く「誰」という評判を打ち消して欲しいものです。

 

謎の多い「プロフィール」ですが

倉光泰子さんのプロフィール、といってもわかっているのは、出身、
学歴くらいです。だからといって隠しているというわけでもない
ようです。実際大賞受賞時の画像は公開され、誰もが見れますし。

年齢も隠しているわけではなく、大賞受賞時は31歳と本人が答えて
いるのです。ただプロフィールとして誕生日までを公開している、
わけではないので現在の年齢を確実に伝えられないだけなのです。

スポンサーリンク

誰?と思って検索してプロフィールがすぐに見つからないとこの人、
プロフィールを隠しているのでは?と思いがちですが、まだ脚本家
として経歴が少ない為プロフィールがないだけなのだと思います。

 

既に「結婚」二児の母

2014年の「フジテレビシナリオ大賞」受賞時は3歳の子どもが、
お腹には2番目が、と言われているので結婚はされています。
結婚をし、小さなお子さんがいるのに受賞だなんて素晴らしい!

大学の専攻も脚本ということもあるのでずっと脚本家になりたいと
思っていたに違いないのですが、結婚をされてもその夢をあきらめず、
ずっと書き続けていた、その根性は賛美に値する姿勢だと思います。

スクリーンショット 2016-05-02 1.19.40

結婚をされているということで経理のパートと育児をしながらも、
自分の夢をあきらめず追い続ける、中々できることではありません。
倉光さんの姿勢は結婚と仕事を両立している女性に頼もしい存在です。

 

驚く「画像」

脚本家ということで芸能人ではない為、画像はそんなにありません。
フジのシナリオ大賞を受賞した時の画像は誰もが見れます。なので、
彼女に興味を持った方が「倉光泰子 画像」で検索されていますが。

まず彼女の画像を見て正直な感想は「え?この画像が倉光泰子?」
です。みなさん驚くんですよね。とても綺麗だって。本人がドラマに
出てもいいんじゃない?という感想も大変よく見かけました。

 

また紹介される時も「新人脚本家(結構美人)」などとなっており、
彼女が美人である、ということはもう業界では周知の事実、という
ことで決まっています。文才がある上に美人な画像、羨ましいです。

脚本家倉光泰子さんは本当にまだまだこれからの人、です。突然の
重責を担った仕事「ラヴソング」は是非とも成功して欲しいです。
そして夢をかなえた彼女にもっと良い脚本を書いて欲しい、です。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク