板野友美が干されたのは野口五郎の影響?現在は性格矯正中か?

板野友美さん干されたという噂が。
現在のメインは歌手活動とインスタグラム?
野口五郎さんのコンサートにも
ゲスト出演していましたね。
性格についても調べてみました。

スポンサーリンク


板野友美(いたのともみ)さんプロフィール

生年月日 1991年7月3日 現在25歳
出身地 神奈川県
血液型 A型
身長 154㎝
ホリプロ所属


元AKB48のメンバー。
AKB48に入る前はガールズダンスチーム
「GIRLSBOX」のメンバーでEXILEの
バックダンサーなどを務めていました。

 

2005年にAKB48オープニングメンバーに。
総選挙では毎年上位にランクインする
ほど人気を集めていました。

アイドル、モデル、女優活動などを経て
2013年にAKB48を卒業。

 

板野友美さん干された?

板野友美さんAKB48卒業して
からは目立った活動が見られません。

完全に干されたとも噂が
ありますが本当なのでしょうか?


元バックダンサーだっただけに
歌やダンスはAKB48のメンバーの
中でも光っていた板野さん。

ファッション面でも同世代の
女性から支持を得ていたほど
です。

しかしAKB48卒業後、バラエティ番組
では冠番組ができましたが、
バラエティに向いていない発言の
連発で視聴率もぱっとせず。

 

CDもリリースしていますが、
最初は好調だったものの、
オリコン週間ランキングは
下がる一方です。

また演技面もそれほど評価は
高くなく、主演映画も大々的には
宣伝されていません。

卒業後のパッとしない姿に
追い打ちをかけるように、
整形疑惑やとある芸能人との
熱愛疑惑なども大きく
取り上げられ、人気降下を
加速させたようです。

 

干されたというよりも、
AKB48という後ろ盾を失って
消えて行ったと言った方が
正しいですね。

しかし一度は干された、または
人気がなくなっても再ブレイクの
道はゼロではないのが芸能界。

再起のチャンスをつかんで
欲しいです。

スポンサーリンク


そんな板野友美さんの現在は?

板野友美さんの現在はラジオ番組
「板野友美のうた女~Girl’s Music
Channel~」のパーソナリティを
2015年4月から9月まで務めていた他、
映画「のぞきめ」主演、中国映画
「雨衣(レインコート)」の主演が
主な活動です。


現在テレビでの出演はあまり
ないようですね。

また板野さんは「インスタグラム
芸人」ともネット上で言われていたり。

テレビの露出は少ないけれども、
SNSでは元気な板野さんの現在の
姿が拝めます。

 

今でもAKN48のメンバーと親交が
深いようですね。

板野さんはアーティストを
志望しているので、今後は歌を
中心に活動していくことでしょう。

 

野口五郎さんのコンサートにゲスト出演

2017年2月に行われた野口五郎さんの
45周年記念コンサート「GORO NOGUCHI
45th Anniversary Festiva2017」に
ゲストとして板野友美さんが
呼ばれました。

重厚なサウンドの中で、野口五郎さんは
往年の名曲を披露。

 

若かりし頃と変わらない、むしろ
パワーアップしてした歌唱力で
観客を大いに酔わせたとか。

そんな中シークレットゲストとして
登場し、観客を驚かせた板野友美さんと
早見優さん。

 

カラオケタイムで野口五郎さんと
「東京ナイト・クラブ」と「愛の奇跡」の
デュエットを披露し、コンサートに
さらなる華を添えたのです。

 

板野友美さんの性格は?

板野友美さん、AKB48時代から
あまり評判のよろしくない性格
だったようです。

某バラエティにゲストに
呼ばれた板野さんは、大物芸人の
MCから話を振られてもリアクションが
薄く、その芸人が辟易していたとか。

 

決して無茶振りではなく、AKB48の
曲についての話題だったようです。

また高橋みなみさんへ毛虫の画像を
送りつけた、楽屋で早い者勝ちな
椅子を横取りなどの噂も。

その反面、後輩へはメイク指導したり、
面倒見も良いとの話も。

 

性格が悪いエピソードで有名な
キンタロー。さんへの冷たい態度
ですが、キンタロー。さんは
「板野さんのあの態度がなければ
笑いへ持っていけなかった。感謝
している」と述べています。

番組を面白くするために敢えて
やったのだとしたら、プロ根性と
言えるでしょう。

 

ラジオ番組のスタッフにも
「これおもしろくないでしょ?」と
真正面から言ったりと、仕事に
関しては妥協を許さない真面目な
性格が伺えます。

でも毛虫画像はダメだと思います。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ