「深イイ話」で久しぶりにテレビに
姿を現した青山テルマさん。
差別された衝撃な過去があったとは。
現在はどうしているのでしょうか?

スポンサーリンク

青山テルマ(あおやまてるま)さんプロフィール

生年月日 1987年10月27歳 現在29歳
出身地 奈良県大和高田市
身長 161㎝
上智大学国際教養学部卒
Infinity Music Publishing所属

お祖父さんがトリニダード・トバゴ人で
青山テルマさんはクォーターに
当たります。

テルマは本名で、「強い意志」
という意味があるとか。

10歳の頃に歌うことの楽しさを知り
ゴスペルを習うように。

 

12歳の頃に一家でアメリカへ移住し
15歳の時に一時帰国。その時に
音楽関係者から声をかけられ、
本格的な歌手デビューを視野に
入れるように。

帰国後は東京のインターナショナル
ハイスクールに通いながらボイス
トレーニングを受け、フィーチャリング
ゲストとしての活動も始めました。

 

卒業後に「ONE WAY」でデビュー。

SouiJa(ソルジャ)さんのシングルに
フィーチャリングゲストとして参加し
「ここにいるよ feat.青山テルマ」が
ヒット。

その後リリースした「そばにいるね」で
一躍人気歌手の仲間入りを果たします。

青山テルマさんの現在は?

青山テルマさんがブレイクしたのは
2008年。

ヒットした頃は音楽番組や
バラエティ番組にも多数出演して
いましたが、現在はテレビ露出も
さっぱり見かけなくなりました。

現在は主にライブやフィーチャリングを
中心に音楽活動をしている様子。

2017年2月8日にデジタルシングルの
発売と、自身の曲でも活動して
います。

2015年、自転車に乗っている時に
タクシーと接触する事故がありました
が、現在はその後遺症もなく
元気に歌っているようです。

 

髪型もブレイク当時に比べて
ファンキーな感じになり、
かつての青山さんを知っている人
からも驚きの声が上がっています。

元気に音楽活動をしているなら
嬉しいですね。

スポンサーリンク

差別、いじめ…深イイ話で語られた壮絶な過去

2017年2月13日放送の「深イイ話」に
出演した青山テルマさん。

そこで壮絶な過去が語られ、視聴者を
驚かせました。

 

青山テルマさんはインターナショナル
スクールや上智大学に通ったりと
恵まれた教育を受けているように
見えますが、過去はいじめや差別で
苦しんでいたと「深イイ話」で
語ったのです。

青山テルマさんはお祖父さんが
トリニダード・トバゴ人。

トリニダード・トバゴはカリブ海に
ある島国です。

ハーフではなくクォーターでも
お祖父さんからの褐色の肌は
受け継がれ、そのせいでいじめ
られていたそうです。

お母さんは娘のことを考えて
インターナショナルスクールに
通わせますが、そこでもまた
イジメに遭い、さらに学費の
支払いが厳しくてアメリカへ。

 

しかしアメリカでは今度は
アジア人だからと差別を受けて
しまいます。

アメリカでも日本でも差別を
受けて苦しい思いをした
青山さんを救ったのが歌。

帰国後は自分で学費を払い
ながら絶対にデビューしてやる
という強い気持ちで臨んでいた
そうです。

 

いじめや差別で苦しい思いを
した過去を振り返り青山さんは

「てっぺんと真下って一緒、
同じなの。落ち込んだ時も、
上がった時も、それくらいすごく
情熱的に心が動くってことは、
何かを感じ得ているから。落ち込む
ことも、ステキなことだと
思うようになった」

と語ります。

 

「深イイ話」を観ていた人たちは
その言葉に大絶賛。

辛い過去を今の自分に活かせている
生きた見本のような人なのですね。

かつてバラエティ番組ではヤンキー
上がりな言動で視聴者を引かせて
いましたが、それも辛い過去を
笑い飛ばすためだったのでしょう。

 

再ブレイクとの噂も囁かれている
青山テルマさん。

青山さんの歌がもっと聴ける
ようになる日も近いでしょう。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク