高橋メアリージュンが熱愛した元カレは?出身と家族に性格もチェック!

高橋メアリージュンさんはハーフで女優も
こなすモデルさんです。

家族にモデルとサッカー選手がいることも
話題になっていましたが、難病を患っている
ことをカミングアウトして密着番組も
放送されていましたね。

そんな彼女の出身・家族・性格から、
噂になった熱愛の相手から元カレまで
調べました。

スポンサーリンク


高橋メアリージュン(たかはしめありーじゅん)さんの
プロフィール

生年月日:1987年11月8日
血液型:A型
出身:滋賀県
愛称:メアリー・メア
スリーサイズ:85㎝‐58㎝‐86㎝
身長:169㎝
所属:エイジアプロモーション


高橋メアリージュンさんは東京ガールズ
コレクションのランウェイも歩いたことの
あるトップモデル。

最近ではゴールデンタイムに女優として
テレビに出演するなど活躍が目覚ましいほど
ですよね。

 

日本人とスペイン系フィリピン人のハーフで
妹は同じ事務所に所属するモデルの
高橋ユウさん。弟はJリーグで活躍する
プロサッカー選手です。
なんとも多才な一家ですね。

 

高橋メアリージュンさんの出身と家族は?

 

高橋メアリージュンさんはハーフなのですが
出身は滋賀県大津市です。しかし幼少期に
経済的な理由からメアリージュンさんだけ
アメリカの叔母のところに預けられたことが
あるそうです。


母親の家族はアメリカ在住なんですね。
海外に家族がいると海外に行きやすくて
得ですよね。

そのおかげなのか兄弟の中でも一番
外国人っぽく見えます。見た目だけでなく
動きやファッションも海外出身なのかと
思えるものですよね。

高橋メアリージュンさんの家族ですが、
日本人の父親とスペイン系フィリピン人の
母親、そして高橋さんを入れて四人兄弟の
六人家族だそうです。

 

兄弟は、長男がアメリカにいて、長女の
高橋メアリージュンさん、次女の
高橋ユウさん、、そして次男のプロサッカー
選手である高橋祐治さんだそうです。

モデルの女子2人が美人なのは言わずと
知れていますが、弟の祐治さんもかなりの
イケメンです。

 

家族そろって才能豊かで美男美女揃いなんて
羨望のほかありませんよね。

フィリピン出身の母親も持つ芸能人は
なんでこんなにも美人揃いなのでしょうか。
DNAのおかげでしょうか。

スポンサーリンク


メアリージュンさんの恋愛について

高橋メアリージュンさんの熱愛相手と言えば
EXILEのNAOTOさんということは有名です。
しかしこの熱愛は高橋メアリージュンさんの
片思いから始まったデマだそうです。


SNSで熱愛しているように見せかけたり、
一方的にアプローチを掛けているみたい
ですね。思春期にアメリカにいたので、
アメリカ出身なのかと思える積極的な
性格ですね。

ちなみに、元カレにもらったネックレスに
ついてバラエティー番組で過去に話して
いましたが、これがまた面白い内容です。

 

元カレにもらったネックレスが100万円も
するものだそうで、それをつけて
オーディションに挑んだところ、
オーディション自体には落選したものの
脚本家に気に入られ高橋さんのために
新しい役を作って貰ったという話です。

その元カレにもらったネックレスが
ずれるのを直すのが癖らしく、そのしぐさを
脚本家がとても気に入ったとか。

100万もするネックレスをプレゼント
してくれる元カレは相当リッチマン
だったのでしょうか。

 

高橋メアリージュンさんはそのネックレスの
ことを「ラッキーネックレス」と
呼んでいるそうですが、元カレと
別れてしまったのはアンラッキーだったかも
しれませんね。

 

メアリーの性格は?

気が強そうと言うのが第一印象で一番多いの
ではないかと思いますが、実際の性格は
どうなのでしょう。

自身が難病である潰瘍性大腸炎を患っている
ことをカミングアウトしているので、
そんななかでもけなげに頑張る姿に真面目で
頑張り屋な性格なことがうかがえます。

幼少期の貧困体験から、我慢強い性格
なのだろうということも予想できますね。
メアリージュンさんの幼少時代に
父親の会社が倒産。

 

そこから一気に貧乏生活になりましたが、
腐らず明るい性格で乗り越えたからこそ今の
高橋メアリージュンさんがあると言っても
過言ではありませんね。

またその苦労が家族の絆をより深めたようで
彼女は収入のほとんどを実家に入れてる
らしいです。

 

良い印象ではありますが、逆に家族の絆が
強すぎて熱愛関係においては嫌煙されがち
かもしれませんね。

海外出身タレントのような美貌とスタイルを
持ち合わせた高橋メアリージュンさん。
そんな彼女が一日でも早く病気を完治させて
NAOTOさんとの本当の熱愛報道される日が
待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ