相楽樹の本名は何?彼氏の存在や高校・大学に家族構成や性格まで調べた!

相楽樹さんは朝ドラでも活躍していた
有望若手女優。

壇密さんに似ていると話題になっていますが
パッと見読めないこの名前は本名なのか?
なんて読むのか?

高校・大学などの学歴や家族構成、
相楽樹さんの性格や交際している彼氏に
ついてと一緒に調べました。

スポンサーリンク


相楽樹(さがら いつき)さんのプロフィール

 

生年月日:1995年3月4日
血液型:O型
出身:埼玉県
身長:162㎝
スリーサイズ:76㎝‐60㎝‐80㎝
所属:イトーカンパニー


相楽樹さんは中学三年生の時に竹下通りで
スカウトされ、芸能界へ入りました。

所属はともさかりえさんや蒼井優さんなどの
大物が多く在籍するイトーカンパニー。
イトーカンパニーはもともとモデル事務所
として経営していたので、所属当時はモデル
志望だったそうです。

 

2010年に女優デビューし、ドラマだけ
じゃなく映画やCM、PV、舞台で
腕を磨き、現在は事務所の先輩達のような
実力派女優になりました。

 

珍しい苗字の相楽樹さんは本名?

 

相楽樹さんの「さがら いつき」は一発では
読めないですよね。相楽は静岡や愛知県に
存在する地名だそうで、全国におよそ
3600人しかいないようです。


そんな珍しい名字ですが、本名では
ありません。本名は公開されておらず、
ブログの名前から本名にも“樹”という
文字が使われているのではないかと
噂されています。

なぜ相楽樹さんは本名じゃなくてこんなに
読みずらい芸名で活動してるのか。
憶測ですが、簡単な漢字なのに読みが
難しいとネットで検索される機会が増え、
様々な点で有利になるからではないか
と思います。

 

単に、本名を使わないことでプライベートを
守れるので、そのためにまったく本名と
関係のない名前を付けた可能性もあります。

これからどんどん活躍していくうちに
どこからか相楽さんの本名が流出してくる
かもしれませんね。

スポンサーリンク


相楽さんの通っていた高校はど?

大学への進学は?

相楽樹さんは学歴も非公表みたいです。
しかし、ブログの写真から日出高校に通って
いたのではないかと噂されています。


日出高校には芸能コースがあり、
多数の大物を輩出しています。
また偏差値もそれほど高くないので、
中学三年夏にスカウトされてからでも
目指せる高校です。

高校生時代にドラマなどに出演しているので
芸能コースのある高校じゃなきゃ、単位が
取れなくて学業との両立は難しいですよね。

 

また、大学については、相楽樹さんは進学
していないようです。最近は芸能活動を
しながら大学に通う芸能人も多いですし、
大学生が芸能活動をするという逆パターンも
多く聞きます。

そんな中で樹さんが大学進学しなかったのは
片手間で女優業をしたくないと言う決意を
感じます。

 

それか高校での勉強で満足してもう学びたい
ことは芸能活動に関わること以外にはなく、
大学進学について考えもしなかったかも
しれませんね。

 

相楽さんの家族構成は?性格はどんな?

交際している彼氏はいるの?

家族構成は、弟と妹がいるそうです。
なので、兄弟三人と両親の五人家族。

弟は2歳下で妹は5歳下なので、きっと幼い
ころから兄弟の面倒を見てしっかりとした
性格だったのではないかと思います。

 

長女というのは、家族の中でも何かと意見が
求められる機会も多いですし、樹さんもまだ
学生の兄弟たちをサポートしながら、家族に
支えられ、家族と支えあっているのではない
でしょうか。

そんなこともあり、きっと性格は活発な
しっかり者だと思いましたが、好みの男性の
タイプは「兄のような守ってくれる人」と
言っているので、いつもはしかっりとした
性格だけど、彼氏には甘えたいと
思っているということですね。

 

相楽樹さんは壇密さんに似てると騒がれて
いますが、壇密さんのような懐の大きな
おおらか性格の女性になってもらいたい
ですね。

気になる相楽樹さんの交際している彼氏に
ついてですが、現在では噂になっている
彼氏はいないようです。

 

過去の彼氏もネットでは騒がれていないので
芸能活動一本で生きているのかも
しれませんね。

しかし21歳でもはやこの色気を持ち合わせて
いますで、出演本数や出演時間が
増えるとともに、共演者の彼氏ができそうな
気がします。

週刊誌にスクープされるものそう遠くは
ないかもしれません。甘えられる素敵な
彼氏ができるといいですね。

 

フレッシュな相楽樹さん。ぜひ正しい
読み方を覚えて、これらかの活躍を
チェックしていきたいです。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ