柴門ふみが結婚した旦那と離婚?息子の意思や大学への影響は?

柴門ふみさん、長らくの結婚生活から離婚の意思が?
理由は旦那さんにあるとか。
息子さんはどう思っているのでしょうね。
大学についても調べてみました。

スポンサーリンク


柴門ふみ(さいもん)さんプロフィール

生年月日 1957年1月19日 現在60歳
出身地 徳島県徳島市
お茶の水女子大学文教学部哲学科卒
漫画家/エッセイスト


大学生の時に漫画研究会に所属し、
精力的に作品作りに励み、雑誌にも
掲載されるように。

 

夫、弘兼憲史さんのアシスタントも
この頃から務めています。

1979年少年マガジン増刊号にてデビュー。
1988年から連載した「東京ラブストーリー」は
ドラマ化もされただヒット作。

リアルな女性像を描いた作品の多くは
トレンディドラマになっています。

 

大学はどこを出ている?

柴門ふみさんはお茶の水女子大学文教学部
哲学科を卒業しています。

大学の漫画研究会で数々の漫画を
発表し、同人誌も発行していました。

今いう二次創作作品を発表する同人誌では
なく、オリジナルの漫画を自費出版する
昔ながらの同人誌ですね。

ちなみに夫の弘兼さんも早稲田大学卒。

スポンサーリンク



高学歴夫婦なんですね。

 

柴門ふみさんの旦那さんはあの人!

柴門ふみさんの旦那さんは漫画家の弘兼憲史
(ひろかねけんし)さん。

売れっ子漫画家同士の夫婦ということで
かなり有名になっています。

出会いは柴門さんがアシスタントを
務めたことから。

柴門さんの同人誌を見た弘兼さんが
連絡をしてアシスタントになった
そうです。

 

その時、弘兼さんはまだ新人で今ほど
知名度も低かったので、柴門ふみさんも
名前も知らず、読んだことはなかったとか。

それなのに「アシスタントしない?」と
聞かれてすぐに車に乗って仕事場へ
行ったそうです。

 

今では(当時も?)かなり危険ではないか
と思いますが、漫画も売れ、旦那様になったの
ですから人生何が起こるか分からないですね。

皆さんは真似しないように…

当時柴門ふみさんは20歳で、出会いから
夫婦になって実に40年ほどになる訳です。

漫画家として妻として、旦那さんを
長年支えてきたのですね。
35年の結婚生活は破綻していた?離婚の意思は?
柴門ふみさんと弘兼さんは結婚から35年あまりの
夫婦ですが、現在は離婚の意思があるという噂が。

今になって、というか結婚当初から
かなり危うい夫婦関係ではあったそうです。

理由は夫、弘兼さんの家庭人向きではない
人柄。


弘兼さんの代表作「島耕作」シリーズを
読んだことがある人は分かると思いますが、
家庭を顧みない仕事人間、それでいて
やたらとモテる遊び人。

高度経済成長期のお父さんと言ったことろ
でしょうか。

熟年離婚も、仕事人間で家庭をは放置していた
夫が定年した途端に妻が離婚の意思を見せます
からね。

 

柴門ふみさんの家庭も子供と直接会話もせず、
子供の進路、弘兼さんの親の介護も逃げ回り
ゴルフに浮気三昧。

柴門ふみさん曰く、「許せないのは
浮気ではなく家庭に無関心なこと」とか。

弘兼さんのこのような性格
見極められずに結婚したことを柴門さんは
後悔しているとか。

 

「好きなことをやらせてくれ」と言う弘兼さん
ですが、離婚の意思は絶対にないのだとか。

しかし2人の子供もすでに独立している
ようなので、今度はどうなるか分かりませんね。

「恋愛の巨匠」は、自らの恋愛のと結婚生活に
どう落としどころを持っていくのでしょうか?

 

柴門ふみさんの息子とは?

柴門ふみさんには娘さんと息子さんがいます。
息子さんについては詳しいことは公開されて
いないので分かりませんが、もう成人している
ことでしょう。

しかし柴門ふみさんについて、「息子」で
検索されているのは、柴門さんの息子さんに
ついてではないようです。

 

2016年9月の「産経ニュース」に掲載されていた
柴門ふみさんの人生相談のウェブ記事。

その内容が「30代半ばの長男がまだ結婚して
おらず、周囲から孫がいると焦ってしまう」
という60代女性からのもの。

この相談に対し、柴門さんは「息子の幸せを
願うなら、固定観念に縛られずに見守る
べき」と答えます。

相談者の女性は「30までに結婚」「長男なんだから
同居、もしくは近居」「孫に囲まれて幸せな老後」を
夢見ているのがよくわかります。

 

その時代時代の常識やブームを熟知し、
世代を超えたヒット作を出している
柴門ふみさん。

固定観念で子供を縛り付けるのは良くないと
悟っているのでしょう。

恋愛、いや今や人生の巨匠となりつつ
ありますね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ