加藤政行シェフのWikiやプロフィールは?経歴やお店の評判は?

加藤政行シェフの気になる経歴プロフィール
Wiki情報も交えて調査していました!
また、展開しているお評判もチェックしていきます。

スポンサーリンク


加藤政行シェフ(かとうまさゆき)プロフィール

本名:加藤政行
生年月日:1965年
出身:東京都
得意:家庭的なイタリア料理
師匠:落合務シェフ


 

加藤政行シェフのWikiプロフィール経歴!!

加藤政行シェフは落合務シェフの愛弟子としても有名です。
最近ではテレビ番組の得する人損する人内、第三弾企画にて
サイゲン大介さんとコンビニ食材を活用してイタリアンレシピを
アレンジ紹介していることでも知名度が高まりましたよね。

 

そんな加藤政行シェフプロフィールや経歴を
Wikiを含めてチェックしていきます!

上記でもプロフィールを簡単に上げましたが
1965年埼玉県で生まれた加藤シェフは
現在、外苑前でお店セントベーネを開店している
プロのイタリアンシェフです。


テレビやメディアに登場する機会が多かった落合務シェフの元、
修行を積み、落合シェフにも認められた料理の感性と腕前、
そして人間性も素敵ですよね。

イタリアンシェフとなると、本場イタリアに出向いて
修行を積む方も多く、イメージもありますが
加藤政行シェフは高校卒業後、紆余曲折があり、
下積み時代が20年と驚きな経歴を持つ方なのです。

加藤政行シェフの経歴は、
代官山にある“アントニオ”や“グラナータ”を経て、
2002年“ラ・ベットラペルトゥッティー”を開店。
2011年にやっと独立をして“セントベーネ”を
共同経営者と共に開店しました。

 

シェフとして知名度が集まってはいるものの
一般の方ですので結婚相手や子供の情報は
残念ながらWikiでも公開されていません。

テレビだけでも加藤政行さんの優しい性格は伝わってきますし、
大らかに包み込む雰囲気からは、温厚な家庭に、
癒し系の奥さんが居るのが想像できて、お似合いですよね。

メディアへの露出が増えるほど、
プライベートな小ネタや家族の情報、詳しいプロフィールなど
どんどんWikiにも追加されていくと思いますし、
経歴を活かして今後もご活躍して頂きたいですよね。
スポンサーリンク


加藤政行シェフが居るお店の評判は?

今となっては予約のとれない料理教室を展開されている程、
有名シェフとなった加藤政行さん。

加藤政行さんが独立開業したお店の場所はどこなのか。
セントベーネ”の評判も気になるところ・・・。
加藤シェフのレストランでは一体どんなお料理を
提供しているか、主婦たちは特に気になりますよね。


“セントベーネ”は東京都渋谷区に存在しています。
お店のコンセプトは気取らない、難しくないイタリアの家庭料理。

ネット上に上がっていた評判を抜選!
人気メニューは1日15食限定の“ラザーニャ”で、
売り切れ必至となっている料理の一つであり、
ラザーニャを目当てに来る方も多いのだとか!

 

ランチは5種類のパスタからお好みでセレクト!!
コーヒーやスープもお手頃な価格設定で安心できますね。

野菜へのこだわりは提携農場の有機野菜!
都会なのに安心価格で安全に配慮されているお店は珍しいですよ。
どの料理でも素材の味、力を最大限に引き出すプロです。

 

コンセプトを決して裏切らない、真似をすれば作れそうな、
プロ気取りや変に力を入れた盛り付けはしない。
だけど美味しすぎるイタリアの家庭料理!!
食べたものだけが知るプロの味と言えるでしょう。

季節の厳選素材を味わえるのも体に良いし評判も高い。
心まで温まる料理、手作りにこだわる努力家、
旬の食材を引き立てる合わせ料理も美味しい!!

上々なお店の評判からメディアに
加藤政行シェフが出演している意味がよくわかりますよね。

 

まとめ

レシピ本も多く出版している加藤政行シェフは
コンセプトを曲げることなく、視聴者もお客様も
裏切ることなく、誠実に楽しませてくれる方ですよ。

都内には高級感に溢れ、入りづらいレストランは
数多くありますが、家庭的な雰囲気に包まれた加藤シェフの
イタリアンレストランは一般の方でも入りやすく、
女性を中心に注目を集めています。

人柄も良く、人の心を掴むのが上手い性格なのでしょう。
一度、遠方からでもお店に出向いてみたくなりますよね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ