岡田将生が苦手な俳優は誰?オシャレイズムで暴露!2017の彼女も!

岡田将生さん2017年も大活躍!
苦手な俳優
彼女についても調べてみました。

スポンサーリンク


岡田将生(おかだまさき)さんプロフィール

生年月日 1989年8月15日
出身地 東京都
血液型 AB型
身長 181㎝
スターダストプロモーション所属


 

中学2年生の時にスカウトを受けるも、
部活のバスケを優先したいと断ります。

高校卒業後にスカウトした事務所に
連絡を入れてデビュー。

2006年にCMとドラマでデビュー。
2007年にはドラマ「花ざかりの君たちへ
~イケメン♂パラダイス~」のメイン
キャストに。

 

2008年にドラマ「フキデモノと妹」で
初主演を皮切りに5本の映画に主演もしくは
メインキャストで出演し、映画賞の新人賞を
総なめに。

その後も多くのドラマや映画に出演して
いますね。
スポンサーリンク


岡田将生さんの2017年出演予定は?

若くして売れっ子俳優の1人となった
岡田将生さん。

2017年の活躍も目覚ましいものが
ありますね。

現時点ではすでに2017年下半期に入って
いるので、7月以降の出演ドラマや映画を
調べてみました。


映画
7月14日公開予定 銀魂 桂小太郎役

8月4日公開予定 ジョジョの奇妙な冒険
ダイヤモンドは砕けない第一章 虹村形兆役

ドラマ
7月2日・9日 ゆとりですがなにか-純米
吟醸純情編-

 

2017年下半期は今のところこの3本ですが、
秋、冬の映画やドラマの出演情報が今後
続々と入ってくることでしょう。

ちなみに2017年上半期の岡田将生さんは
バイプレイヤーズ(ゲスト出演)
北風と太陽の法廷
絆~走れ奇跡の子馬~
小さな巨人
「バイプレイヤーズ」以外は主演かメインキャスト。
かなり活躍されているのが分かりますね。
スポンサーリンク


苦手な俳優って誰?

7月2日に放送される「おしゃれイズム」
岡田さんがゲスト出演されるそうですね。

今や名MCと名高いくりぃむしちゅーの上田晋也
の手にかかれば、普段見られない岡田将生さんの
プライベートな部分が暴露されていくこと
でしょう。

 

注目されているのが、岡田さんの苦手な俳優
それ言っちゃうと今後の仕事に影響が出ない
かな?と心配になりますが、まあ、仕事に
支障が出ない範囲での公表になると予測されます。

でも、苦手な俳優って誰なんでしょうかね…?

番組情報を見ると苦手な俳優とはどうも同世代の
俳優らしく、しかも番組内でその誰かさんから
コメントが届くとか。

 

ネットでも誰なのかと憶測が飛んでいます。

噂では「ゆとりですがなにか」でも共演した
松坂桃李さんではないか?とも。


岡田将生さんと松坂桃李さんは過去にも
共演したことがあるのですがその時は「うわべ
だけの付き合いだった」と語ったとか。

 

何かトラブルがあったなどではなく、ライバル
意識からぎこちない関係だったようですね。

今では打ち解けて飲みに行く関係でもある、
と言われていますが、実はまだ苦手だったり
して…

 

現在の彼女は?

新垣結衣さんに井上真央さん、田中クルミさん、
田中里奈さんなどなど、岡田さんの歴代の彼女と
噂されていたのも美女たちばかり。

また一般の女性とのデートをフライデーされた
こともあります。


この女性も彼女じゃなかった、というのです
から、岡田さんはかなり遊んでいると言っても
過言ではないでしょう。

イケメンで人気俳優ですからね。
女性も放っておかないと思われます。

本当に彼女であった可能性が一番濃厚なのが
舞台女優の藤本沙紀さん。


2人は高校の同級生で、2014年頃は半同棲
状態だったと言われています。

バラエティ番組でも岡田さんの友人と
して紹介されましたが、仲の良さに
彼女に見えた視聴者も多かったようです。

 

デートも何度かスクープされたことも
あったとか。

藤本沙紀さんのブログでも「まちゃの
作ったカレーが無性に食べたくなる時が
あって、作ってもらった」との書き込みが。

 

コメントに「(まちゃとは)岡田将生さんの
ことですか?」と質問があり、なんと
藤本さんは「そうですよ」と肯定したのです。

岡田将生さん行きつけのお店でも藤本さんは
彼女ポジだったそうですね。

これだけの情報が流れているのに彼女で
ない方がおかしい関係ですね。

 

岡田将生さんが所属する事務所の圧力が
かかっているそうですが、今現在は関係は
続いているのかは不明です。

 

まとめ

2017年もドラマや映画にひっぱりだこ。
事務所も異性関係のスクープでイメージを
損ねたくないのでしょう。

岡田将生さんは結婚願望も高く、子供も
望んでいるそうですので、いつかは
結婚報道もあるでしょうね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ