成田美和と新谷学が松居一代を裏切り?動画を編集したのは誰?

松居一代さんの夫である、船越英一郎さんの不倫相手
として、世間に知られることとなった成田美和さん。
一体なのでしょうか?
週刊文春の新谷学社長の裏切りを受けたとも言われている
松居さんの衝撃動画の編集と併せて波紋を呼んでいます。

スポンサーリンク


成田美和(なりたみわ)さんプロフィール

生年月日 1975年
出身地  神奈川県横浜市
在住地  ハワイ
仕事   エステティックサロン経営 他


事の発端は7月4日にYouTubeに上げられた
一つの動画です。

松居一代さんが夫である船越英一郎さんの
不倫についての動画でした。

 

その不倫相手とされるのが、成田美和さんです。
松居一代さんの動画内で公開された
画像や情報から、ネット上で特定をされてしまいました。


いきなり浮上してきた成田美和さんとは
一体何者なのでしょうか。
どこまでが真実なのでしょうか。

 

成田美和って一体誰?

松居一代さんや、船越英一郎さんは
言わずもがなの芸能人ですが
その不倫相手として出てきた成田美和さんとは
一体誰で、何者なのでしょう。

世間では「成田美和ってだよ!」という声が
当然のように上がっています。

 

日本人ですが、ハワイ在住のエステティシャン。
成田さん自身も結婚をしており、子供もいます。


そして実は、25歳頃に人気番組「恋のから騒ぎ」にも
出演していたとの情報がありました。

確かに、から騒ぎにいそうな顔立ちです。
キレイな方ですが、ネット上では
「誰が見ても整形顔」や「整形顔すぎる」等の声が
多いです。

 

更に驚くべきことに、成田美和さんは
松居一代さんの親友だったというのです。


元々は2012年放送の番組で
成田さんと船越さんが共演したことが
きっかけで奥さんである松居さんとも
家族ぐるみで仲良くなったようですね。

 

親友と夫の裏切りと考えると
松居さんがあの動画を上げたことにも
納得はいきますよね。

実は、成田さんが在住しているハワイでは
不倫の話は有名だったようです。

芸能人の不倫は最近本当に多いですよね。
スポンサーリンク


週刊文春の裏切り

松居一代さんが裏切りにあったのは
親友と夫だけではありません。

船越英一郎さんが書いたノートを発見した
松居さんは、週刊文春の新谷学社長に手紙を送り
情報をリークしようとしていました。


しかし、掲載される文章が松居さんの思う真実とは
別の状態での掲載となりました。

 

松居さんは当然抗議し、新谷学社長を始め週刊文春側も
提案をしましたが折り合いがつかなかったようです。

最終的に松居さんは週刊文春と連絡がつかなくなり
更には尾行もされていた始末。

裏切りにあった」と松居さんが思っても仕方のない事態ですね。


恐らく新谷学社長も、話をもらった時に
「いいネタが入ってきた」と思ったのでしょうね。

最近の芸能人の不倫ネタも、週刊文春が多いですからね。

この松居さんの思う真実と違う記事が
今回の動画を投稿する引き金になったように思います。

 

衝撃動画について

松居一代さんは、現在2本の衝撃動画を
YouTube上にアップしています。

一体誰が動画編集をしているのかと
ネット上では話題です。


驚くことに動画の撮影から編集まで松居さん自身が
全て行っているとのこと。

「内容も衝撃だけど、動画編集スキルがすごい」
「そのへんの動画より全然すごい」
「この動画編集技術は尊敬する」
といった声がツイッターに多くみられます。

 

実は松居さんはAmazon内に「松居一代ストア」を
持っていて、テレビショッピング風の動画を
上げていることもあり、動画の編集作業はお得意みたいですね。

しかし、錯乱し、泣き叫びながらも
その後それ程の動画編集ができるというのには疑問の声もあり
動画自体の信ぴょう性も若干疑われているように思います。

ただし、成田美和さんのブログも削除されたので
少なくとも船越さんと成田さんの不倫は
間違いないのかもしれません。

 

まとめ

世間に衝撃を走らせ、芸能人ではない成田美和さんの
名前が広く知れ渡ることになった1本の動画。

何が真実で、誰が本当なのか。
視聴者として、公開されている情報を見ているだけでは
判断しづらい部分も多々ありますね。

離婚調停中というニュースもありますし
松居さんの今後の発信も含め
続報には注目していきたいですね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

One Response to “成田美和と新谷学が松居一代を裏切り?動画を編集したのは誰?”

  1. […] う女性も ハワイ在住の一般人ながら、広く世間に知られることとなりました。 → 成田美和の詳細はコチラ   確かに、一度見たら若干のトラウマになるような動画でした。 松居さん […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ