有村架純の性格やカップは?彼氏はあの人?整形したと噂も!

有村架純さんと言えば、朝ドラ「あまちゃん」で
小泉今日子さん演じる天野春子の
若かりし頃の役で一躍有名になりました。

2014年最もホットな女優の性格はぶっちゃけどう?
彼氏も芸能人と言う噂。カップも気になりますよね。

実は密かに整形疑惑も…!?

 

Sponsored Link

 

有村架純さんの性格はどうなの?

有村架純さんは、中学の頃から女優を目指し、
高校在学中にFLaMmeのオーディションに合格して
芸能界入りしました。

 

その翌年には映画に主演していますので、
実力は相当なものなのでしょう。

女優になりたいと思う前から「私ならこういう演技をするのに」
と思いながらドラマを観ていたそうです。

 

演技に対する観察力や勉強が今の有村架純さんの
土台になっているのでしょうね。

有村架純の性格やカップは?彼氏はあの人?整形したと噂も!

 

演技に対する意識は人一倍高い有村架純さんですが、
それは性格にも表れているようです。

NGが少なく、撮影後も先輩女優の演技の勉強を
熱心にしているそうです。

 

地道な努力が有村架純さんのブレイクの理由ではないでしょうか。

撮影現場での有村架純さんの性格はとにかく礼儀正しい、
そして人当たりが良いと評判です。

 

共演者以外にも、制作スタッフは大勢いますからね。

 

そういった人たちにも受けが良いのは、相当性格がいいのでしょう。

一方で、人見知りで人と打ち解けるには時間がかかるそう。

 

一歩引いた人付き合いをするみたいですね。

 

 

 

有村架純さんのカップが気になる!

水着姿も可愛らしさ溢れる有村架純さんですが、
カップの方はどうなのでしょう?

有村架純 性格

 

有村架純さんのスリーサイズはB80 W60 H82
身長は160cmで、画像とこれらの情報を合わせて検証してみると、
推定でカップはBかと思われます。

 

有村架純さんはカップも清純で可愛らしいのですね。

 

 

 

有村架純さん、整形疑惑!真相は…?

有村架純さんの事を調べると、整形しているのでは
ないかという噂があります。

 

Sponsored Link

 

昔の有村架純さんの画像を見てみると、確かにエラが
張っているように見えますね。

「あまちゃん」に出演した時はきれいな卵型の顔です。

 

が、他の番組ではちらほらエラのような張りが見えるのです。

髪型も、顔のラインを隠すような髪型が多いような気もしますし。

 

エラの部分を整形したと騒がれがちですが、単に垢抜けた
だけではないのでしょうか。

 

役者さんの中には、役作りの為に極端に痩せたりや太ったり
また歯や髪の毛を抜いたりする人もいます。

演技に関してはかなりストイックな有村架純さんの事です。

有村架純 カップ

 

整形したんじゃ?というような役作りを
しているのかもしれません。

 

 

 

有村架純さんの彼氏はあの芸能人!

有村架純さんには、実は熱愛報道がありました。

 

こんな可愛い有村架純さんの彼氏とは一体誰なのでしょう。

何と、ジャニーズのアイドルグループ
Hey!Sey!JUMPの岡本圭人さんだったのです。

ジャニーズと恋愛なんていいの?
と考えてしまいますが、有村架純さんと岡本さんとの
交際はやはり隠れていたよう。

 

ですが、二人のラブラブな様子がスクープされてしまったのです。

有村架純 彼氏 整形

 

彼氏岡本さんとの熱烈なキス画像が大々的に
フライデーに載り、ネットでも流出する騒ぎに。

 

ちょうど「あまちゃん」でブレイクし始めた頃なので
ネットでは騒然となりました。

この時は事務所側は「仲の良い友人」と
無理矢理収束していしまいましたし、
ツーショット写真自体の信憑性も
疑う声もありました(合成ではないかと)。

 

しかし二人の関係性を表す決定的な証拠が、
本人達自ら出してしまったのです。

岡本さんがミュージックステーションに出演していた時、
愛犬のチワワを紹介したのです。

 

そのチワワ、有村架純さんが自身のブログで
公開していたチワワにそっくり。

この件でHey!Sey!JUMPファンからの苦情が
ジャニーズ事務所に殺到し、二人は
無理矢理別れさせられたという噂があります。

 

しかし、水面下では関係は続いているとの噂もあります。

ジャニーズに限らず、アイドルとの恋愛は危険ですね。

 

有村架純さんがまだまだ波に乗っている女優です。

いつ堂々と交際できる彼氏ができてもおかしくありませんし、
もし彼氏ができても応援したいですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ