添加物で危険なのはセブンイレブンとマクドナルド?ハーゲンダッツは安全?

添加物危険性が今とても話題になっていますよね。
セブンイレブンなどのコンビニ、マクドナルドが特に危ない?
ハーゲンダッツには添加物はなく安心って本当に本当でしょうか。

 

Sponsored Link
 

添加物って、何が危険なの?

まず最初に、添加物ってよく耳にするけど一体なに?
と疑問に思っている方も多いと思います。

添加物 セブンイレブン

添加物とは食品製造の際に添加する物質のことです。
甘味料、着色料、香料、保存料、酸化防止剤という言葉は
聞いたことがありますよね。

 

日本はこの添加物がとても多く、普通の一般家庭で一日に約10g、
およそ小さじ2杯分摂取していると言われています。

 

何がそんなに危険かというと、ひとことで言うとと体
に悪影響を及ぼすものなのです。

・味覚神経を麻痺させる
・発がん性のリスクがある
・アレルギー反応を引き起こす
・喘息、白血病などの発症

など、これらの症状を引き起こす危険があります。

 

Sponsored Link

 

普段何気なく口にしている食べ物にそんな危険が
潜んでいるなんて…。
添加物の摂り過ぎには気をつけなければいけませんね。

 

セブンイレブンやマクドナルドは添加物がいっぱい!?

セブンイレブンのお弁当って、通常消費期限が1〜2日なのに、
実際は一週間程度腐らないそうなんです!
ビックリですよね〜。

添加物で危険なのはセブンイレブンとマクドナルド?ハーゲンダッツは安全?

添加物がいっぱい入っているので腐らないんですって。
またおにぎりには保存状態を保つために植物油が含まれています。

 

それから、寒い時期に恋しくなるおでん。
このおでんのつゆや練り物にも食品添加物が使用されています。

 

セブンイレブンなどのコンビニは、
「保存料や着色料は一切使用していません」
食の安全をアピールしていますが、実はそれ以外の添加物は
使用しています、と宣言しているようなものなんです。
なんだか怖いですね〜。

 

 

そして、最近中国産のチキンが話題になったマクドナルド
ファーストフードって、元々体に良くないイメージがありますけど、
ある意味期待を裏切らない程の添加物が使用されています。

添加物 マクドナルド

 

マクドナルドで使われているビーフやポテトは2〜3年たっても
腐らないと言われていますし、コーラには保存剤、防腐剤、漂白剤、
人口色素などとにかくたくさんの添加物が使われています。

⇒ リアル・マリオカートはもう見た?

 

ハーゲンダッツは無添加?

アイスクリームもほとんどの商品に乳化剤、香料、安定剤などの
添加物が使用されていますが、ハーゲンダッツはほとんど添加物が
使われていないんです。

添加物 ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツというと、値段が高く高級品という
イメージがありますが、アイスクリームの売上の上位を占める
人気商品ですよね。

 

添加物を使わない素材にこだわった製法と安心感が
世間の心をつかんでいるからでしょうか。

以上、添加物について色々と調べてみましたが、
改めて食の安全について考えさせられました。

 

全く添加物を摂らずに生きていくのは不可能ですし、
無添加ばかりにこだわっていたら外食できないですし…。

自分の健康を考えながら上手に付き合っていくことが大切ですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ