釈由美子が結婚も画像が・・旦那はまさかのガクト似?

釈由美子さん、結婚したばかりの新婚さん。
37歳とは思えない美ボディの持ち主でもあり、
画像もたくさん検索されています。

旦那さんはどのような方なのでしょうか。

ガクトさんとの関係は…?

スポンサーリンク

釈由美子(しゃくゆみこ)さんプロフィール

本名   釋由美子(しゃくゆみこ)
生年月日 1978年6月12日 現在37歳
出身地  東京都清瀬市
血液型  B型
身長   164cm
トミーズアーティストカンパニー所属

1

 

釈(釋)って結構珍しい苗字ですよね。
釈は僧侶の意味があり、祖先は出家したのだと
言われています。

さらに系譜を遡れば、豊臣秀吉の家臣
蜂須賀小六なのだとか。

 

愛称は「釈ちゃん」。
仲の良い人達からはほとんど「釈ちゃん」と呼ばれ、
「由美子」と呼ばれても気付かない時もあるほど
「釈ちゃん」が定着しているそうです。

「由美子」という名前は、お父さんの元カノの名前で、
由来を聞いた時ショックを受けたそうですから、
由美子という名前はあまり好きではないのかもしれませんね。

 

 

1997年学習院短期大学在学中に「週刊ヤングマガジン」の
「ミスキャンパスグランプリ」を受賞。

1999年に女優、歌手デビュー。
2000年頃からモデルやイメージガールとしても
活躍するようになり、またエステサロンの経営と
各方面に才能を発揮するように。

2015年10月に一般の男性と結婚。

スポンサーリンク

 

釈由美子さん結婚!旦那さんは誰?

釈由美子さんは2015年10月15日に結婚したと
発表がありました。

旦那さんは、関東地方でレストランなどを
経営している実業家。

 

釈由美子さんと同い年のようです。
釈由美子さん自身もエステサロンを経営しているので、
実業家夫婦ということになりますね。

旦那さんの情報は今のところこれだけで、
一般人なだけあって、名前も顔もテレビには
出ていません。

 

前回の婚約が発表された途端、マスコミが押し寄せて
しまったという事件がありました。

婚約者はそこで改めて女優と結婚するのだと実感し、
結婚するなら芸能界を引退するようにと言ったそうです。

しかし、釈由美子さんは芸能界を取り、
入籍の1ヶ月前に破談に。

2

 

その過去がありまして、今回の結婚の発表は
かなり慎重になっていたと考えられます。

旦那さんは、実業家という華やかな職業では
ありますが、やはり一般人ですので、そっとしておいて
欲しいということなのでしょう。

末永く幸せになって欲しいですね。

 

釈由美子さんとガクトさんの関係は?

新婚の釈由美子さんですが、今でもガクトさんとの
仲はみなさん気になるようですね。

2012年に週刊誌で釈由美子さんとガクトさんが10年も
関係があることが記事になり、話題となりました。

 

元々釈由美子さんがガクトさんのファンで、
仕事が一緒になったことがきっかけで
二人で会うようになったのだとか。

しかし、ガクトさんは釈由美子さんとの関係を
隠していたかったようで、大勢で集まる場には
釈由美子さんはまったく顔を出さず、
ガクトさんの自宅近辺でひっそりと会うような
関係だったとか。

 

 

ここまでが週刊誌の情報。

ですがこの関係について、釈由美子さんは
きっぱりとブログで否定しています。

ガクトさんの連絡先すら知らないらしい。

過去にもしかすると、そういう関係だったかも
しれませんが、釈由美子さんは今は結婚して
新しい家庭を築いているのです。

 

ガクトさんの方も、昨年に歌手のICONIQさんと破局し、
現在は熱愛の報道はありませんが、今新しい恋を
見つけているかもしれません。

そっとしておきましょう。

 

釈由美子さん37歳に見えない画像が一杯!

釈由美子さんの画像を検索されている方、
一杯いますね。

3

女優にグラビアアイドル、モデルと美をあますところなく
表現しているお仕事をされているので、
日頃から美容には気をつけていることでしょう。

 

検索でヒットする画像のほとんどは
水着などの露出の高い格好ですが、
画像を見てみるますと、37歳とは思えない
美しさにため息が出てしまいます。

2013年には「釈ボディ」という写真集も
発表しているくらい、30歳を過ぎても美ボディは健在。

 

衝撃のセミヌード、釈ボディを作った
食事レシピなども公開しています。

20代はダイエットに囚われて
摂食障害になってしまったのだとか。

 

体を作る食事を意識したのは、
30歳に入ってからなのだそうです。

やはり、美ボディはきちんと
バランスの取れた食事なのでしょうね。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ