吉田栄作が離婚で子供は?ドラマは昔も今も注目度大!

吉田栄作さんと言えば、つい最近離婚で話題になったばかり。
長年の結婚なのにあっさり離婚できるのも子供がいないからでしょうか?
次の話題は1月12日公開のNHKドラマ10「愛おしくて」ですね。
昔はそうとうつっぱってたようですが、この役ではやさしい獣医だそうですよ。

スポンサーリンク

吉田栄作(よしだえいさく)プロフィール

本名:吉田栄作
生年月日:1969年1月3日(47歳)
出身:神奈川県秦野市
出身高校:秦野南が丘高等学校
特技:バスケットボール
身長:182㎝
デビュー

スクリーンショット 2016-01-12 0.28.54

ついに離婚・・
昨年の12月22日に離婚届けを出した吉田栄作さんと平子理沙さん
ワイドショーで流れた時には
久しぶりに栄作さんを見たような気がしたのは私だけですか?
しかも、栄作さんよりは平子さんの方が村井克行さんとのうわさで
頻繁に出ていたような気がしますよね。

 

二人の結婚は1997年ですから18年も続いています。
芸能界、あっという間に離婚する人もたくさんいる中、
ちょっともったいない気がするくらいあっさり離婚じゃないですか?

栄作さんは「十分に話し合い、納得した上での結論です」
とか、「友人としての関係は続いていく」と言っています。
ずいぶんアメリカンなクールな関係ですよね。

 

 

二人に子供は?

それもこれも、お二人には子供がいないからでしょうか?
子供がいないカップルって世の中にはたーくさんいらっしゃいます。
その中には子供ができない方たちもかなり、というか、
むしろその方が多いと思いますよね。

スクリーンショット 2016-01-12 0.29.15
でもお二人はそうではないようですね。
平子さんの考えで「生まない」選択をしたようです。

 

そもそも子供が好きではない、とか
子供を産むと体型が崩れる、とかが理由のようですが、
人それぞれ考え方があっての事なので、とやかく言えませんが、
親としての喜びを最初から放棄したらもったいないですね。

平子さんの意向を栄作さんが受け入れた形で子供を作らないのなら
栄作さんはまだまだ今後パパになる可能性は十分ですね。

 

 

新ドラマに注目!

ところで、12日から始まるドラマ「愛おしくて」では
栄作さんは、主演の田中麗奈さんが演じる絞り染め作家と
彼女の師匠である女性との間で揺れる獣医役です。

スポンサーリンク

 

栄作さん自身は「40代の恋愛を表現したい」と言っています。

 

昔はトレンディ俳優

トレンディドラマ全盛時代にも
数々のドラマに主演している栄作さんですが、
なんといっても話題を呼んだのは
1991年「もう誰も愛さない」での主演

 

この頃には俳優としての地位も確固となりましたよね。
「抱かれたい男」としても人気絶頂の頃です。
なにしろカッコ良かったです!

スクリーンショット 2016-01-12 0.32.02

その後1995年からの渡米でしばらく休業していましたが、
1998年の帰国とともに、日本で再び活躍。
「マネーの虎」に出演の時は30歳直前くらいかなと思いますが・・・
すっかりいい雰囲気の貫禄が出て若い頃とは別の魅力が漂っていましたよね。

 

で、今回のドラマは久しぶりの主演だと思うのですが、
40代もう半ばを過ぎ、最近は「劣化」とまで言われていますが???
雰囲気としては優しそうな穏やかな表情になってきましたよね。
今回のドラマでは「動物を愛するやさしく美しい獣医」

美しい男としてどんな魅力を見せてくれるのか、とーっても楽しみです。

 

 

それにしても今やすっかり穏やかな表情をしている栄作さんですが、
昔はすごくツッパっていたらしいですね。

事務所の先輩、中山秀征さんとのエピソードも有名ですし、
ドッキリ番組でセットを蹴飛ばしてにこりともせずに帰ったとか、
自尊心が高くて、なにしろ強気、というのが昔のイメージ。

 

芸能界でやっていくには人付き合いも大事なはずですが、
ここまで強気で今もやっていけるってすごいですよね。

47歳と言えば男としてはまだまだ若いと思いますが、
約20年の間にとってもたくさんの経験を重ねてきたのだと思います。
渡米期間中にはけっこう自尊心を傷つけられることもあったのかも、
と、私なんかは思ってしまいます。

 

むしろ、若い頃から穏やか過ぎる男より、
強気で生きて、経験や年とともにやさしい表情に変わる、
っていうのは理想的じゃないですか?
今も役者として健在なのですからすごいと思いますよ。

昔とは一味も二味も違う吉田栄作さんの今回のドラマ
私は待ちきれません!

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ