宮根誠司は子供が嫌いなの!?嫁は年収にうるさいとか・・

全国区の人気がある宮根誠司さんは一時期子供で話題になりましたが、
なぜか人気の割に「嫌い」の声が。そして嫁の評判や素性も気になる
人が多いそうです。噂の年収と合わせて色々知りたいですよね。

 

Sponsored Link

 

宮根誠司(みやねせいじ)さんプロフィール

本名:宮根誠司
生年月日:1963年4月27日
出身地:島根県大田市出身
身長:173cm
最終学歴:関西大学経済学部卒
所属:テイクオフ(TakeOFF)

スクリーンショット 2016-02-25 16.07.37

フリーアナウンサーとして、タレントや司会者で活躍の宮根誠司さん。
最初は朝日放送アナウンサーでした。実は、積極的にアナウンサー志望、
ではなく、軽い気持ちで面接を受けたのに採用されてしまったのだとか。

世の中にはなりたい人が沢山いるのになんとも贅沢な話ではありますが、
それだけ才能があったのでしょう。しかし突然のアナウンサー生活で、
基礎が出来ておらず、新人時はニュース読みの日々が続きました。

 

「おはよう朝日です」での代打出演からリポーターをするように
なりますが、この仕事ぶりが話題となり、最終的には「おは朝」の
単独司会を務めるようになり、フリー後もしばらく務めました。

芸能情報番組の色の濃い宮根さんですが、スポーツ実況でフリー後も、
朝日放送の阪神タイガース戦中継で副音声をするなど出身局の仕事も
されています。上手くフリーへと転身できた、ということでしょう。

 

やしきたかじんさんが朝日放送社長を説得して、フリーになりました。
やしきさんは関西圏で絶大な人気であったので、彼のフリー転身が
スムーズだったのは実力の他に、その影響が大きいかもしれません。

フリー転身後もレギュラー出演の番組には引き続き出演しつつ、
読売テレビで「ミヤネ屋」を2006年から開始、日本テレビでも
2008年から全国放送となり、現在の活躍へと続いています。

 

彼の看板番組「ミヤネ屋」の司会以外にも鳥人間コンテスト出演や
丸刈りなどでタレント性のある活動がマスコミでも話題となります。
その為か、在京キー局でのゲスト出演があったりとなかなかの人気です。

フジでは自身初の選挙特番のメインキャスター担当となるなど、
ワイドショー以外の仕事も行い、現在では「Mr.サンデー」にも
全国放送でのレギュラー番組として出演し、活躍されています。

 

ショック?「子供」の存在

宮根誠司さんは一般女性と現在結婚され、子供もいます。娘さんと
いうことなので、きっと父親として可愛がっているでしょうね。
結婚していれば子供がいて当たり前なのになぜ子供が話題になるのか?

実は宮根さん結婚は2度されています。子供は2度目の結婚で授かった、
のですが、その再婚と並行してお付き合いのある女性がいたそうで、
その方も子供を産んでいるのです。人気アナなので話題になりました。

スクリーンショット 2016-02-25 16.07.21

 

女性週刊誌が記事にして騒ぎになりましたが、宮根さんはこの記事を
踏まえて番組冒頭で、この事実を認め、謝罪しました。通常このような
記事が出ると番組を突如休んで姿を見せないパターンが多いのですが。

宮根さんは相手の女性から妊娠を伝えられても、卑怯な行動はされず、
出産後にその娘を実子と認め、女性の両親にも謝罪にいかれました。
奥さんにもこのことはきちんと伝え理解してもらっているそうです。

 

結婚以外で子供がいるということは芸能人でなくても正しいことでは
ないかもしれませんが、その事実にどう対応するかは重要だと思います。
許されない行為ですが、彼の行動は勇気あるものと言えるでしょう。

 

人気があるのに「嫌い」の声

どう見ても変わった人や変な大阪のおばちゃんを関西では当たり前の
ように紹介する宮根さん。関西を知らない人は吉本の芸人さんの影響も
あるので、関西の人って面白いんだな、とつい鵜呑みにしてしまいます。

しかし、このような人々は大阪でも特異な人物のようです。そして、
宮根さんは実は島根県出身で生粋の関西人ではないのです。大学以降、
大阪在住なので地元の人の指摘では関西弁ではない発音があるそうです。

 

そのせいか「ニセ関西人」と批判されることあるそうです。ただ本人は
ニセ関西人批判に反論したこともあるみたいです。これで「ミヤネ屋」の
人気とは別に彼を「嫌い」という人々が増えたということでしょうか?

前述の子供の話題もいくら潔く謝ったとはいえ、嫌いという人々を
増やしたかもしれません。しかも聞いていると番組内で結構毒舌を
言われています。場を盛り上げる為のサービス精神だと思いますが。

 

Sponsored Link

 

視聴者の中には「ミヤネ屋」ではなく司会が嫌いな人も多いそうで、
毒舌以外に人の話を聞かずに司会進行をする時があり、現地リポートや
インタビューの話を遮ってファンから非常に怒られたこともあります。

「ミヤネ屋」は午後の時間でも人気です。この人気は宮根さんの
テンポのよい司会ぶりからもきており、彼の独特の司会進行ぶりが
毒舌や話を聞かない、という少々失礼な形になっていると思います。

 

確かに人の話を聞かなかったり、毒舌が過ぎるとそれを「嫌い」、
と思う方もいると思います。この「嫌い」の評判を善し、と見るか
悪し、と見るかは人それぞれの難しい問題なのかもしれません。

 

できた「嫁」と評判になりました

宮根さんは、2度結婚をされています。1度目は元モデルの女性、
2度目は出版社に勤めていた一般女性で、この2度目の方が現在の
嫁です。この嫁が良くできた嫁と評判になりました。その理由は・・

嫁以外の女性から子供ができたと伝えられた宮根さんは、そのことを
1か月程悩んだ末に嫁に正直に伝えたそうです。尊い命がすでにいると
思うとそれを奪っていいのかと考えての結果のことだったそうです。

 

確かに尊い命ですが、嫁、という法律的にも守られた地位とはいえ、
奥さんにとってはかなりショックな内容ですね。しかもこの時まだ
2人の間には娘さんは生まれていません。大変危険な状況です。

奥さんは1時間ぐらいの沈黙の後、中絶しなかったのは正しい、後は
宮根さんのできる範囲で、責任をちゃんととるように話されたのです。
誰もが言えるものではないです。できた「嫁」と大変評判になりました。

 

宮根さんは2人の娘が成人したら一緒に飲みたいなど言いたい放題な
ことを言ってますが、番組での潔い謝罪や自由な発言はこのできた嫁が
後ろに控えているからこそできることなのかもしれませんね。

 

話題になる「年収」

「島根のみのもんた」と称される、ということは結構な額の年収を
稼がれていると思いますよね?ほぼ毎日テレビで顔を見る方なので
一般のサラリーマンよりは絶対稼がれているのは確実でしょう。

スクリーンショット 2016-02-25 16.06.57

フリー後に所属した事務所を2010年3月末で辞め、大阪中心の活動なのに
東京の事務所テイクオフの所属第1号タレントで共同出資者にもなった、
というのも全国的なイメージがあり年収が噂される元かもしれませんね。

 

「ミヤネ屋」のギャラは1本で120万円と言われており、1本とは1日のこと
だそうです。番組は月〜金なので120万円×5=600万円、1ヶ月で2400万円、
とこの番組だけで年収は約3億円となり、一般人には想像できない年収です。

他に「Mr.サンデー」は1本200万円程なので他の特番と併せて約5億円、
と殆どの人が出会うことのできない年収を稼いでいることになります。
自分の才能で稼いでいるのですがら当たり前の年収かもしれませんが。

 

以前活躍されていたみのもんたさんのギャラは1本300万円、
「とくダネ!」の小倉智昭さんは1本170万円と言われているので
その方々よりかは年収は少額といえば少額なのですが、でもすごい!

明るい笑顔と巧みな話術で視聴者を引き付ける宮根誠司さんは、
個性が強い為その人気に反比例し、時々アンチの発言が目立つことも
あります。しかしそのアクの強さも彼の個性と言えるかもしれません。

 

舌禍気味な毒舌や人気ゆえに近づいてくる人々で今後も話題を
振りまくようなことがあるかもしれません。しかし持ち前の潔さと
バイタリティーで今後も困難を乗り越え活躍されていくと思います。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ