広瀬すずって画像から性格がにじみ出てる?CMよりも本名に注目が・・

広瀬すずさんは、CMや画像で見ない日は無い!
という位、ブレイクしてますね。
とても可愛い彼女ですが、一部では性格が悪いとの
噂があったり、意外な本名も・・・。

Sponsored Link

広瀬すず(ひろせすず)さん プロフィール

生年月日 1998年6月28日(17歳)
出身地  静岡県静岡市
身長   158cm
血液型  AB型
著名な家族 広瀬アリス(姉)
事務所  フォスター

スクリーンショット 2016-03-23 1.01.39

 

広瀬すずさんは、先に芸能界入りしていた
姉の広瀬アリスさんの事務所の社長にスカウト
されたのがきっかけでデビューされました。

 

そこでお姉さんと同じく『Seventeen』の
専属モデルに起用された後、CMやドラマに出演されて
今や毎日のようにテレビで姿を見る事が出来る
大注目の若手女優さんになりました。

 

本名も可愛い!

「広瀬すず」という名前は実は芸名で、本名は
「大石鈴華」さんというそうです。本名をそのまま
使っても十分可愛いですよね。

何で芸名を使ったの?というと、先にデビューしていた
広瀬アリスさんの「広瀬」からきているという事。
そこに本名の鈴華から「すず」を取ったんですね!

スクリーンショット 2016-03-23 1.01.13

 

2人が専属モデルをしていた『Seventeen』では
美少女広瀬姉妹として話題を集めていたようですから、
同じ苗字でのデビューはもしかしたら事務所の
戦略だったのかもしれないですね!

 

CM出演数がスゴイ!

現在進行形で多数のCMに出演しているすずさんですが、
その種類も色々。2015年には10社のCMで
彼女を見る事が出来ました。

「東京ガス」や、「一平ちゃん夜店の焼そば」でも
可愛かったですが、姉のアリスさんと共演した
炭酸飲料「MATCH」のCMでは、すずさんの瑞々しい
魅力がいっぱいでした。

 

中でも一番衝撃的だったのが、若干16歳で起用された
結婚情報誌「ゼクシィ」のCMです。

まだ16歳にも関わらずウェディングドレスがとっても
良く似合っていて、しかも透明感のあるキラキラした
感じが「幸せいっぱいの花嫁さん」のイメージに
ピッタリで、何回見ても素敵だな、と思いました。

 

可愛い画像も大量に。
大ブレイク中の広瀬すずさんですから、画像も
沢山公開されています。
どれをとっても可愛い写真ばかりなので
見ていて楽しくなっちゃいます。

すずさんの私服の画像も多くて、そこには10代らしい
彼女の魅力が現れています。
しかもモデル出身なので、とてもオシャレ。

 

透け感のある白を基調とした服も多くて
爽やかにまとめるテクニックを参考にしたくなります。

また、すずさん自身が小さい頃の画像をtwitterに
投稿しているんですが、そこには小さい頃から可愛い
アリスさんやすずさんの姿が!

Sponsored Link

 

一般人のお兄さんもその画像に写っているんですが
お兄さんも美少年!!
羨ましい!の一言につきますね。

ちなみに、お母さんの写真は公開されていないのですが
原宿でスカウトされた事があるそうなのできっと美人に
違いないと思います・・・やっぱり羨ましい!

 

性格が悪い・・・?

その可愛さやフレッシュさで大ブレイクしている
広瀬すずさんですが、ネットなどは「性格が悪い」
と言われてしまっています。

きっかけは、昨年「とんねるずのおかげでした」に
出演した際に彼女がした発言がネットで炎上して
しまった事でした。

スクリーンショット 2016-03-23 1.00.58

 

「スタッフ軽視事件」と呼ばれているのですが、
とんねるずの石橋さんがすずさんに対して、テレビ局で
働いている照明スタッフをどう思うか
聞く場面がありました。

そこですずさんは、この問いかけに
「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに
懸けてるんだろう?」と発言。

 

この発言が元で、視聴者から「裏方をバカにしている」
「性格が悪い」と見られたようですね・・・。

この発言のあと、彼女はtwitterで謝罪文を
載せましたが、ここでも叩かれてしまう結果に。

 

ただ、性格が悪い。や、それほど可愛くない。等の
批判文句は人気者の宿命というか
目立てば目立つほど言われてしまうものなんですよね。

すずさんはまだまだ若手で色々な事に挑戦出来る
年齢ですから、こういったネガティブな批判に
思い悩まず、どんどん活躍していって欲しいですね!

 

広瀬すずさん主演の映画「ちはやふる」も公開の今年、
すずさんのますますの飛躍の年として欲しいです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ