リネンとはどんな生地のこと?エプロンやシャツは素材を重視しよう!

リネンとは、亜麻素材の生地のことで、
ナチュラルな風合いを持ち、使えば使うほど
馴染むので、雑貨やエプロン、寝具に
よく使われています。

暖かくなったらリネンシャツで
コーデを決めてみましょう。

 

Sponsored Link

 

リネンとはどんな生地?

自然素材の服や雑貨でリネンという
言葉をよく聞きますね。

リネンとは、亜麻で作られた生地全般を
指します。

スクリーンショット 2016-03-03 16.33.34

 

リンネルとはリネンの別称です。

またリネン以外にもヘンプという麻で
できた素材もありますが、ヘンプとは
大麻作られた素材のことを指します。

 

他にも芋麻(ラミー)、洋麻(ケナフ)など、
麻の種類によって素材の名前や特色にも
違いがあります。

リネンとは古くから汎用性の高い生地
として重宝されてきました。

 

確認されているだけでも、紀元前8000年前に、
チグリス・ユーフラテス川流域で亜麻が
栽培されていたことが分かっています。

紀元前3500年前には古代エジプトから
交易品としてリネンが見つかっています。

 

薄手のリネン生地は夏物服やハンカチ、
テーブルクロスに使われ、中厚地になると
シーツや枕カバーなどの寝具に使われていました。

厚手の生地は帆布に使われたことも。

 

Sponsored Link

 

また寝具のことを総称してリネンと
呼ぶこともあり、宿泊施設でシーツや
布団を保管する場所を「リネン室」と
呼んでいます。

近年自然素材を使った衣服や雑貨に
着目されるようになり、リネンはまさに
自然素材の代表格となりました。

 

温かみのある色(亜麻色、または麦わら色)と、
生地作成時にできるネップという
褐色の模様、使えば使うほど馴染む
風合いリネンが人気の理由です。

 

リネンのエプロンで台所仕事も楽しく

リネンは柔らかく、洗いざらしの
くたっとした素材でエプロンに
ぴったりですね。

雑貨屋や自然素材のアパレルブランドでも
リネンのエプロンは人気です。

スクリーンショット 2016-03-03 16.33.01

 

洗濯機もOKな素材ですので、エプロンを着て
仕事してガシガシ洗えば、さらに味のある
リネンになります。

今はリネンの素材を活かした柔らかい色の
カラーリネンもあり、カラーリネンを使った
優しくて可愛いリネンのエプロンが
たくさんあります。

 

リネンのエプロンは、素朴な素材を活かした
デザインが多く、無地またはボーダーなどの
シンプルなものがほとんど。

そのままでも充分に可愛いのですが、
布スタンプやレース、またはタグを
自由に付けてオリジナルのエプロンに
するのも素敵ですね。

 

春夏はリネンのシャツで決めて

暖かくなったら軽い素材のリネンの
シャツが良いですね。

リネンは着心地も柔らかく
吸水性も抜群のですので、
夏のシャツにもぴったりです。

スクリーンショット 2016-03-03 16.32.39

 

レディースはもちろん、メンズの
リネンシャツもカラー
バリエーションは豊富。

白やネイビー、ダークトーンの
リネンシャツもあるので、
クールビズとしても使えます。

 

季節のパンツやスカート、その他
アイテムと合わせて着こなして
リネンシャツを楽しみましょう。

ユニクロやしまむらでもリネンシャツが
販売されているのも嬉しいですね。

 

値段も2000円から6000円ほどで、
買いやすいのも魅力です。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ