エアコンのおすすめの買い時は価格じゃなく室外機だった!?

暑い夏には欠かせないエアコン。
いつ買うかタイミングが大切です。
おすすめの買い時は、価格や室外機の
設置状況によって変わるのは本当?

スポンサーリンク

安い価格でエアコンを買うには…?

では価格が安い時期はいつなのかと
言いますと梅雨、8月下旬、11月、2月と
言われています。

スクリーンショット 2016-04-24 1.17.24

梅雨の時期である5月下旬から6月は
ムシムシして暑く、エアコンの需要も
高まってきます。

 

だから一番高い時期では?

と思われますが、狙い目は型落ちの
エアコンです。

最新型のエアコンは確かにこの時期は
強気の価格です。

 

6月はボーナスの時期でもあります
ので、価格競争は激しいのですが、
最新型のエアコンとなるとそれほど
安い訳ではありません。

店側も最新型のエアコンを売りたい、
古いエアコンの在庫をいつまでも
抱えていたくない、という思惑から
旧型のエアコンは価格を低めに設定
して売っています。

スクリーンショット 2016-04-24 1.17.10

 

最新型のエアコンが前面に出され、
型落ちは目立たない所に置いてある
店がほとんどですので注意が必要です。

機能はそれほどこだわらず、より安い
価格のエアコンを探すとなると
通信販売も一つの手です。

 

8月の夏真っ盛りはエアコン大活躍の
時期なので、高いのではないか?

と思われますが、皆がそろそろ
エアコンを…と考える梅雨または
梅雨明けの時期を外れると意外に
エアコンの売れ行きは下がっています。

 

売れ行きが下がれば在庫が残る。
そうなるとお店側は困りますよね。
そこで値下げが始まります。

11月も冷房が必要な日もかなり減り、
かと言って暖房が必要になるまでには
まだ先、という時期。

 

需要がない時期は、在庫処分と
銘打って価格が安くなります。

2月は在庫の最終処分の時期で、
エアコンに限らず様々な家電の
価格が低く売られているようです。

 

室外機の設置も考えて

エアコンで忘れてはならないのが室外機。
エアコンは本体を買って設置して
すぐに使える訳ではなく、室外機も
設置しなければなりません。

室外機設置の条件が揃っていない
場所では、エアコンは使えません。

スポンサーリンク


また室外機を素人が設置するのは
難しく、ほとんどが専門の技術を
持った業者に依頼する形となります。

エアコン需要が高い時期は、
当然ですがこの室外機設置も
予約で一杯です。

 

逆にエアコン需要が低い4月から6月、
それから11月は室外機設置は
比較的早くできます。

ですがエアコンを買って今日明日に
設置、というのは11月でも
難しいようです。

 

つまり室外機を早めに設置できる
時期も買い時と言えるでしょう。

 

エアコンのおすすめ買い時はいつなの?

価格や室外機などの問題もあるので、
エアコンのおすすめの買い時は
絶対にこの時期!というのはありません。

スクリーンショット 2016-04-24 1.15.50

最新型が欲しい場合は10月以降。
型落ちでもいいので安く抑えたい
場合は4月から11月。

 

すぐに使いたい場合は室外機の設置が
比較的早い6月または11月。

と、目的によっておすすめできる
買い時は違います。

 

ただこれは余裕を持ってエアコンを
買い替える場合であって、10年以上
経過しているエアコンが家にある人は、
買い時なんて言ってられません。

本格的にエアコンが必要になる前に
すぐに買い替えることをおすすめします。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ