歯がしみるのはホワイトニングや冷たい食べ物?歯周病が原因で虫歯じゃない!

歯がしみるのはホワイトニング冷たい物を食べた時など、
虫歯じゃない場合でも起こりますがなぜなのでしょうか。

また、歯周病歯がしみる原因って本当?

 

Sponsored Link

 

ホワイトニングで歯がしみる症状とは?

ホワイトニングは比較的安価で歯を白くでき、また何回も
繰り返し行える事で自分好みの歯の白さが実現できます。

 

笑った時などは特に歯の白さは気になるものですし、
若い女性を中心に人気となっています。

 

しかし、ホワイトニングの薬の影響で
歯がしみる事もあるのだとか。

歯がしみるのはホワイトニングや冷たい食べ物?歯周病が原因で虫歯じゃない!

 

一体どういう事でしょうか。 

まず、ホワイトニング中に使用するホワイトニング剤が
歯のエナメル質に反応し、痛みが発生するケースがあります。

 

そして、ホワイトニング治療後に歯がしみる症状が出ますが、
長くても数日でその症状は緩和されるそうです。

 

ホワイトニングに使用される薬の影響で
心配する事はないですが、あまりに歯がしみる
痛いなどの場合は医師に相談しましょう。

 

 

 

冷たいものが歯にしみるのはなぜ?

よくアイスやジュースなど、冷たい物を口に入れると痛いような、
歯がしみるような症状になりませんか?

 

私もアイスを食べるのを躊躇するほど
最近歯がしみるようになりました。

歯がしみる 冷たい

 

困ったものです。

 

これは知覚過敏という歯の疾患が原因だと考えられます。

 

歯の表面にあるエナメル質の内側には
象牙質と呼ばれるものがあり、ここに刺激が走ると
痛みや歯がしみるなどの症状を引き起こします。

 

また、ストレスとも関係があると言われていて、
ストレスを抱えていると知覚過敏が進行してしまうのだそうです。

知覚過敏で冷たい物を我慢しなければならないなんて
ツラいですよね。

 

Sponsored Link

 

CMでも見る事がありますが、知覚過敏用の歯磨き粉などが
あり薬局などで手軽に買えるので、
使用して少しでも進行を防ぎたいですね。

 

 

 

歯周病治療でも歯がしみる!?

先ほど知覚過敏について説明しましたが、歯周病
知覚過敏は切っても切れない関係なんです。

 

というのも、歯周病になると歯茎が下がり、象牙質が露出します。

結果、歯がしみるなどの知覚過敏の症状が出てくるのです。

 

歯がしみる 歯周病 虫歯じゃない

 

つまり、歯医者では歯周病の治療でも、知覚過敏の治療も同時に
行っているという事なんですね。

 

歯周病は放っておいても治りません!

歯茎が下がってきたかも…と感じたら
早目に歯医者に行きましょう。

 

 

 

歯がしみるのは虫歯じゃない!?

これまで説明してきたように、歯がしみるなどの症状が出ると
まず虫歯ではないか、と疑ってしまいますが
実は虫歯じゃないという事も多いようです。

 

ホワイトニング歯周病の他にも、正しい歯磨きができて
いなかったり大量の歯磨き粉を使用して
エナメル質を傷つけてしまう事もあります。

歯がしみる ホワイトニング

 

それから、噛み合わせが悪い人や
歯ぎしりをする人も要注意です。

 

虫歯じゃない場合でも、エナメル質を傷つける行為は
歯を痛めたり歯がしみる事があるので日常のケアには
気を付けたいですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ